料理研究家 阪下千恵さんに聞く、使いやすいキッチン収納術

料理研究家 阪下千恵さんに聞く、使いやすいキッチン収納術

毎日のお料理を作るキッチン。きれいに片付いた状態で、しかも使いやすいキッチンを両立するのは難しいテーマです。(プロフェッショナルの目線「キッチンを美しく保つには?」
今回は料理研究家の阪下千恵さんのご自宅で、実際に使っているキッチンを拝見しながらこだわりの収納術をうかがいました。

料理のストレスをなくす収納

ご家族の食事に加えて、お仕事でも料理をする阪下さん。かなりの時間を過ごす、プロのキッチンはどうなっているのでしょうか。

「一番気をつけているのが、使いやすくて、料理がすぐ始められる収納にすることです。片付けは料理以上のエネルギーを必要とするので、準備に時間がかかるとそれだけでいっぱいになり、お料理をするのが嫌になってしまいがちです」

キッチンに物が出すぎていると、作業スペースを確保するために片づけるところからスタート。それだけで、一手間増えてしまいます。

「さあやろう!という瞬間にパッと始められて、手が届く場所に必要な物がある収納にすることが大切なんです」

阪下さんのキッチンは、日常の料理なら上下の収納から取り出すだけ。動かずに取り出せる収納になっているそうです。

「必要なものは揃えますが数は最低限にします。収納はきっちり入れすぎないで7割をイメージ。そうすることで、取り出しやすく片付けやすくなります。よく使う物の場所は、贅沢にスペースをとることもポイントです」

きっちり詰める収納は、戻す時にエネルギーを使います。料理を作れば、片付けもついてきます。一連の動作を熟知している、プロならではの視点ですね。

「いつ来客があっても大丈夫」なように、できるだけ物は収納する。白をベースに、さし色のカップなどでアクセントをつける。

1日に何回も取り出したり、片付けたりするヘラや計量スプーンなど、使用頻度が高いキッチンツールは収納せずに表に出す。柄の色を合わせることで、吊るしても雑然としない。

不要な物が多すぎで、必要な物がない

ご自宅で料理の撮影をする機会も多い阪下さんのキッチン。さまざまなキッチングッズに沢山の食器があるイメージですが。

「お鍋は大小1つずつ、フライパンも大小1つずつ。基本的に調理器具は、数は使いません」

撮影時に20品目のお料理を作る時も、これだけで十分できるそうです。

「みなさん、お鍋やフライパンの種類を持ちすぎている気がします。逆に、揚げ物や卵焼きを良く作るのに、専用の揚げ鍋や卵焼き器をお持ちでない方がいますよね。料理の仕上がりに差がでる調理器具は、お持ちになった方がいいと思います」

少なければ少ないほどよいではなく、料理に差がでるものは揃える。そんなメリハリをつけたツール選びが、美味しいお料理とスッキリ収納を両立させるのですね。

「引っ越しや大掃除のタイミングで、手持ちのアイテムと自分がよく料理するメニューを照らし合わせてください。お肉料理が多いのにトングがないとか、あったら良い物がわかります。今ある物で1〜2年使わなかったものは、見直した方が良いですね」

引っ越し直後などは、自分の思い通りではない収納になっている場合が多いもの。阪下さんはどうしたらもっと快適になるかを考え、日々カスタマイズしているそうです。

重ねてしまうと洗った後に戻すのが面倒なので、ふたと一緒に入れるだけにする。用途別に揚げ物鍋を収納。お鍋やフライパンは実用性重視で軽さ、洗いやすさ、収納しやすさで選ぶ。

まな板を下に置くと水がたまるのが嫌だったので、上に収納することに。ホームセンターなどで収納グッズは常にチェック。使えそうなものを発見した時は嬉しくなるそう。

お弁当本を出版しているので、かなりの数のお弁当グッズがある。毎日お弁当を作る人は、お弁当グッズをカゴなどにまとめ、一番いい場所におくとストレスがない。

阪下さんが食器を選ぶポイントは、食器洗浄機にかけられ、収納しやすく、使いやすい物という視点で選んでいるそうです。

冷蔵庫内でストック用の容器は実用性とデザイン性を兼ねた野田琺瑯を愛用。冷やしたいものは冷却効果の高いアカオアルミのタッパーを使う。大きさがまちまちの調味料は液漏れしなくて使いやすいハリオの容器に入れかえる。

自分の料理スタイルに合わせる

お話を聞いていると、お料理をする上でのストレスをなくす収納にすることが、お料理を楽しむことにつながることがわかってきました。

「料理づくりを1人が担当するには、毎日の食事はあまりに大変。だから楽しい気分で、快適に料理できることが大切ですね」

きれいに片付いていることで、誰でもキッチンに入りやすくなります。阪下家では、朝食用と夕食用の食器を決めているのだとか。そうすることで、家族の誰でも準備や片付けに参加できるそうです。最後にどうすれば、快適で自分らしいキッチンになるのかアドバイスしてもらいました。

「たとえば和食が好きで和食料理を作る機会が多いとか、忙しいので手早く簡単に作りたいなど、まずは自分の料理スタイルを知ることが大切です。それに合わせてキッチングッズや食器を揃えることで、使いやすいキッチンになると思います。最近のマンションは使い勝手が工夫されていて収納しやすい作りになっているので、そこから自己流にカスタマイズすれば良いのではないでしょうか。大切なのは、自分にとって快適に料理ができることで、ちょっとくらい世間一般のおしゃれ感と違ってもいいと思いますよ!」

阪下千恵さん
料理研究家・栄養士。お弁当やお持ちより料理のレシピ本など書籍や雑誌、テレビなどで幅広く活躍。ご自身の子育て経験を生かし、子供向け料理、食物アレルギー対応料理にも力を入れているほか、初心者向けのお料理教室も定期的に開催している。
公式サイト:http://chie-sakashita.com/
公式ブログ:http://lineblog.me/chie/

Text:小林純子
撮影:池田真理

おすすめの物件

会員サービス

特典充実のThe Parkhouse Club 会員 詳しくはこちら

ご希望条件にあう物件情報などをお届け。マイページや限定セミナーのご案内も。

お気に入りに追加されました

お気に入り一覧へ

まとめて資料請求できるのは5件までです

OK

お気に入りに登録にするには
会員登録が必要です

会員登録するとマイページ内でお気に入り物件を確認することができます。

会員登録