ロケーション|【公式】ザ・レジデンス ひばりが丘|「池袋」駅まで直通15分、西武池袋線急行停車駅「ひばりヶ丘」駅徒歩10分、全270邸のレジデンス|大林新星和不動産・三菱地所レジデンス・三菱倉庫の新築分譲マンション

ザ・レジデンス ひばりが丘

RESERVATION REQUEST
メインビジュアルメインビジュアル現地周辺のイチョウ並木(約160m/徒歩2分)

LOCATION

三大副都心のひとつ「池袋」まで急行で直通2駅15分
都心も、買い物も、緑も。
東京の日常に必要なものが揃う。

イメージ

[1] ひばりが丘PARCO(690m/徒歩9分)
[2] ベーカリービアリッツ(約90m/徒歩2分)
[3] COMMA,COFFEE(約900m/徒歩12分)
[4] パティスリーオン(約290m/徒歩4分)
[5] ベーカリービアリッツ(約90m/徒歩2分)
[6] パティスリーオン(約290m/徒歩4分)
[7] ラ・ヴィー・オンフルー(約700m/徒歩9分)
[8] ひばりBAR No.7(約560m/徒歩7分)
[9] COMMA,COFFEE(約900m/徒歩12分)
[10] るたん(約1,270m/徒歩16分)
[11] ひばりが丘PARCO(690m/徒歩9分)

「ザ・レジデンス ひばりが丘」が誕生する地を俯瞰して見ると、気がつくことがあります。
たとえば、生活の利便。パルコなどの大型商業施設をはじめ、
商店街や図書館、学校や病院などが1 0 分圏内に集積。
さらに、ほぼフラットな道のりで辿り着く「ひばりヶ丘」駅は、
三大副都心のひとつ「池袋」まで急行で直通2駅15分の近さ。
この地は、暮らしに必要なものが色々と揃う、まさに家族にとって理想のロケーションです。

心を癒やし、カラダを健やかにする
「潤いの東京」。

西東京いこいの森公園ひばりが丘総合運動場ひばりアム西東京いこいの森公園ひばりが丘総合運動場ひばりアム1

[1] 西東京いこいの森公園ひばりが丘徒歩9分(現地より約720m/徒歩9分)
[2] 住友重機 発想の森 徒歩7分(現地より約540m/徒歩7分)
[3] 東大農場徒歩12分(現地より約920m/徒歩12分)
[4] 谷戸せせらぎ公園徒歩7分(現地より約540m/徒歩7分)

ひばりが丘は、優れた都市の利便性だけでなく、
自然に寄り添いながら、アウトドアやスポーツを満喫できるアクティブな街でもあります。
西東京いこいの森公園や谷戸せせらぎ公園など、
緑溢れる公園も「ザ・レジデンス ひばりが丘」から10分圏に点在。
子どもがのびのびと成長でき、大人は心身ともにリラックスできる住環境が揃っています。
ここは、都心に寄り添いながら豊かな自然に触れることができる、
「潤いに満ちた東京」なのです。

AREA INFORMATION

たったの「10分」で日常に必要なものが揃う
ひばりが丘を、手中にする場所。

イメージ現地周辺空撮

パルコも、西友も、商店街も。
多彩な施設が集積したコンパクトシティ。

「ザ・レジデンス ひばりが丘」が誕生する地を空から見ると、気がつくことがあります。
それは、パルコや西友などの駅前商業施設をはじめ、商店街や図書館などが10分圏内に集積していること。
つまり、ここは生活に必要なものが充実した、コンパクトシティなのです。

その他周辺商業施設一覧はこちら

潤いに満ちた東京。ここでの暮らしが、
心を癒し、カラダを健やかにする。

自然に寄り添いながら、アウトドアやスポーツを楽しめるアクティブな街。
広大な公園や総合運動場も本物件から10分圏に点在。さらに、教育施設も近接し、子育て環境にも恵まれています。
ここは、暮らす人の心とカラダを健やかにする、潤いに満ちた東京です。

その他周辺公園・レジャー施設一覧はこちら
  • 商業施設
  • 公園・レジャー施設
  • 教育施設
  • 医療施設
  • 公共・金融機関
MAP

HISTORY

半世紀以上前に誕生。住まいの理想として、人々の羨望を集めた街。

都市居住の住まいの手本、「ひばりが丘」。

ここは、1959年、首都圏初の大規模団地「ひばりが丘団地」が建設された街。住宅戸数2,714戸を有する団地の敷地内には、商業施設、公園、学校、役所など、街の機能がいくつも配置され、「近代的で美しい町」と多くの人々の憧れを集めました。それ以来、「都市居住の住まいの手本」として、当時の皇太子ご夫妻をはじめとした数多くの要人が視察に訪れ、全国的に知名度が向上。また、ひばりが丘団地の建設に併せ、「田無町」駅として開業された駅は、現在の駅名である「ひばりヶ丘」駅に改称されました。

「ひばりヶ丘」駅完成当時 「ひばりヶ丘」駅完成当時
暮らしの舞台として、成熟してきた街。

ひばりが丘の魅力。それは、緑溢れる木々の美しさです。ひばりが丘団地の建設当時は小さかった緑も、約60年が経過した今では大きく成長。かつては、ひばりの名所であった武蔵野の緑が復活しました。その雄大な緑は、この街の財産となり、団地住民だけでなく、多くの人々に潤いを与え、愛されています。また、見渡せば手の届くところに、商業施設や公園、総合運動場、教育施設などが集積。さらに、団地の再生や駅前の再開発を実施。この街は住むための街として、長い歳月をかけて進化しながら、ゆっくりと成熟してきた街なのです。

※写真提供:西東京市図書館

ひばりヶ丘団地完成当時 ひばりが丘団地完成当時

池袋まで2駅15分。
「都市居住の住まいの手本」として成熟した、住むための街。

進化を重ねる、ひばりが丘。東京都により、「ひばりヶ丘駅北口地区」が街並み再生地区として指定され、2019年に工事完了予定。
駅周辺にさらなる賑わいと活気が創出されることで、ここに住む毎日に華やぎをもたらします。
※出典元:西東京市ウェブサイト ※平成29年5月現在工事中

イメージ
美しく安全に整備される「ひばりヶ丘」駅南口。

「ひばりヶ丘」駅南口では、南口広場の改良工事「ひばりヶ丘駅南口駅広場バリアフリー化事業」が進行中。ロータリーの東側の道路幅を拡張し、樹木やベンチなどを新たに配置するなど、より美しく整備される予定です(2018年2月下旬、工事完了予定)

ひばりヶ丘駅南口ロータリー 平成24年4月撮影

※出典元:西東京市Webホームページより ひばりヶ丘駅南口ロータリー(徒歩10分/約800m)

「ひばりヶ丘駅北口地区」地区計画が進行中。

さらに発展を遂げつつあるひばりが丘では、現在「東京のしゃれた街並みづくり推進条例」により、「ひばりヶ丘駅北口地区」が街並み再生地区として指定され、工事が進められています。駅前はバスロータリーが新設され、魅力的な商業施設の集積、買い物環境の充実、安全で快適な歩行者空間の確保など北口全体が都市機能の充実を目指しています。(2019年工事完了予定)

地区計画図

※出典元:西東京市Webホームページより