hitoto広島 The Tower

広島大学本部跡地に誕生するタワーマンション

hitoto広島 The Tower

広島で、いちばん愛せる家をつくろう。

かつて、広島大学の学生たちが過ごしていた場所が、今、新しい「家」へと生まれ変わります。

その家は、目の前の緑あふれる公園や、足もとに広がるビオトープで、都心に居ながらにして、自然の潤いと優しさに包まれる家。

その家は、スポーツクラブやカフェ、病院などの様々な施設がある街、ワークショップやイベントで新しい体験ができる街、街を通じて人生が豊かになる“街”付きの家。

その家は、広島最高階数からの眺めや、上質な空間デザインで、毎日の暮らしに誇りを抱かせてくれる家。

さぁ 新しい夢や、新しい喜びに包まれる、新しい暮らしをはじめてみませんか。

私たちは皆さんと共に、ここに、広島でいちばん愛せる家をつくります。

hitoto広島 The Tower

hitoto広島 街のコンセプト イラスト

都心の中の“優しい”家

ここは都心にありながら、優しさにあふれた家。都心立地の利便性がありながら、緑にあふれる街。広い空を感じながら、優しい気持ちになれる毎日がここにあります。子供を育て、家族がふれあう喜びを、暮らす人と街で積み重ねたい。都心の優しさに包まれる、愛せる家の形です。

Image Photo

暮らしのそばに自然の森

マンションの敷地内には約3,500㎡超の豊潤な緑地帯(植栽帯)を整備。さらに利便性の高い都心において、人と生物が森を介して共存する「響生ビオトープ」※1が、1階敷地内に広がります。水と緑と潤いを感じ、思わず深呼吸したくなる森は、ここで暮らす人のオアシスになります。

詳細はランドプランページへ
東千田公園 / 約80m

住まいの隣に約30,000㎡の緑

緑豊かな約30,000㎡の東千田公園が隣接。マンションの空地率も約70%にまで高め、「広い空」を感じられる開放的な暮らしが生まれます。視界を覆う芝生や樹々の緑量が住まいの目の前に広がり、大らかな優しさに包まれる毎日です。

詳細を見る

広島の中心部でありながら
ここは空が広く感じる場所。

空と緑が寄り添う都心生活には、気持ち良い暮らしのシーンがあふれます。晴れ空の下で寛いだり、ベンチに座り開放的な雰囲気で、読書やおしゃべりを楽しむのも素敵。子どもたちは芝生の上を元気いっぱいに走り回ることができます。

東千田公園 / 約80m
東千田公園 / 約80m
Image Photo

多世代でつながり未来へ向かう、これからの暮らし方をサポート

子育てにも優しい家づくりを目指し、緑の多い環境、キッズコーナーや音楽スタジオなど、多彩な機能を備えた共用棟を設けています。さらに、タワー棟にはラウンジやゲストルーム等各種施設を整備。こうしたハード面の充実だけでなく、住む人同士や地域が気持ち良く結ばれる、コミュニティ活動の支援も計画しています。
※コミュニティー活動の支援等計画は変更となる場合がございます。

詳細は共用施設ページへ
Image Photo

これからの安心安全を考えた住まい

これからの暮らしに安心・安全を提供するため、隅々へきめ細かい配慮を施しています。地震の揺れを軽減する免震構造や、24時間体制の管理を採用。万が一の場合に備えたマンション専用の防災備品など、安心安全へのこだわりが快適をしっかり支えます。

詳細を見る

不慮の災害や不測の事態にも先進と細心の配慮を

超高層タワーマンションだからこそ、万が一に備え免震構造を採用。地震の揺れを軽減することで、家具の転倒などによる人的被害が抑えられるだけでなく、家財や配管等の損傷も減少します。さらに、建物の停電時にエレベーターを動かす非常用発電機も採用しています。

・免震構造・24時間管理・防災備蓄品・非常用発電機
免震構造概念図

※掲載の概念図はシステムや構造の概略を示したものであり、実際とは異なります。

人生を豊かにする“街”付きの家

広島の知を育み受け継いできた広島大学本部跡地を得て、大型複合開発が進む「hitoto広島」。この街での暮らしは、新たな感動や発見、出会いを体験する暮らし。日々に重ねる時間の中で、「記憶に残る1日」が増えていく。人生をより豊かなものに、その想いに応える街づくりが始まっています。

CGマップ

総面積約3.8ヘクタールの大型複合開発「hitoto広島」

都心の中に残されていた広島大学本部跡地の約3.8ヘクタールに及ぶ広大な敷地。この地に広島市・広島大学が提唱した「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として、「hitoto広島」は2016年10月に誕生した新しい都心の街。その最終街区にして、街区内最大の面積を有するタワーマンションプロジェクトが、「hitoto広島 The Tower」です。

詳細を見る

街区内に6施設を整備する大規模な複合開発
既に多彩な5施設がオープンしています。

毎日が便利になり、近くで欲しいものに手も届く実感があれば、「やりたい」ことは増えていきます。街区内には様々なイベントが実施されているショールーム、健康作りが楽しくなるスポーツクラブ、これからの安心を支える医療施設や保育施設、新しい世代が集う専門学校、セカンドオフィスなど多目的に使用できるコワーキングスペース、頼りになるコンビニエンスストアなど、住まいの隣に充実の施設が揃います。hitoto広島ならではの暮らしがここにはあります。

hitoto広島 公式サイト
敷地配置イラスト
hitoto広島ナレッジスクエア / 約80m
CLiP HIROSHIMA / 約280m※3
翠清会梶川病院 / 約230m※3
ルネサンス広島東千田 / 約230m※3
ケアハウス ラポーレ東千田 / 約80m※2

人生を豊かにしていく“学べる遊び”が
あふれるキャンパスシティ「hitoto広島」

「ワクワクする学び」「出会いとつながり」「グローバルセンス」の3つのコンセプトで、
街を一つのキャンパスに想定した活動を実施していく「hitoto広島」。
それを実践するのが、学校の授業に見立てた「学び」「新たな体験」を体感できるイベント、
学校の部活動やサークル活動に見立てた「出会い・ふれあい」を生み出す交流支援活動。
この街で積み重ねる知の時間に期待が寄せられます。

詳細を見る

Image Photo

学べる遊びがあふれるキャンパスシティ。

「hitotoまなびあそぶキャンパス」を通して「hitoto広島」で他種多様なイベントや交流支援活動が行われており、興味ある数々のプログラムや活動が、好奇心を気持ち良く刺激してくれます。素敵な瞬間の一つひとつを愛せる街づくりが、暮らす人の成長につながる喜びを教えてくれます。街づくりのコンセプトに沿った「学び」「人とのつながり」を楽しみながら、体験・体感できるイベントや仕掛けづくりを一般社団法人組織「hitoto広島タウンマネジメント」が一緒に行っていきます。

ボトルキャップアート
平成28年10月 / 東千田公園

卒業演奏会
平成29年3月 / CLiP HIROSHIMA

ブックエクスチェンジ
平成29年3月 / CLiP HIROSHIMA

タウンミーティング
平成29年3月 / CLiP HIROSHIMA

※計画内容は平成29年4月現在のものであり、今後変更となる場合がございます。

※外部サイトが開きます。

“誇り”を抱かせてくれる家

自分本位の満足ではなく、自他共に評価される誇りへ。人に歴史や表情があるように、この街には広島の学びを育み続けてきた物語がある。広島大学本部跡地にふさわしい存在となるべく、受け継がれるタワーマンション。住む人と環境、すべてに愛される風景となります。

建物スケールイラスト

広島の地に新しい風景を描く

都心の中の空白にそびえ立つタワーフォルム。中四国最高階数となる53階建てのスケールに総戸数665戸の暮らしが集積します。敷地面積約19,800㎡超の広大な都心に、潤いを身近にする水と緑が共生するビオトープ。広島の地に新しい風景を描きます。

東千田公園 / 約80m

広島大学本部跡地を継ぐ歴史

明治時代以来の官立学校を統一して生まれた広島大学には、文字通り「知」の拠点として全国から志の高い学生が集いました。本部が置かれた中区東千田町、その跡地に新たな知の歴史を刻み暮らす誇りは、脈々と受け継がれます。

詳細を見る

「知の拠点」として、時代の流れの中で役割を変えてきた場所。

この地は広島大学の前身の一つである広島文理科大学、新制広島大学の本部として、学生たちが、溢れる好奇心で「まなび」を楽しんだ地。広島大学本部の移転等により、ひろしまの「知の拠点」としての機能低下といった事態が生じたが2016年10月、学べる遊びがあるキャンパスシティ新しい街「hitoto広島」として誕生しました。

広島文理科大学 / 約80m
広島大学 / 約80m 撮影:明田 弘司
広島文理科大学 / 約80m
広島大学上空(広島市中区千田町) 撮影:明田 弘司

出典元:広島市公文書館

現地周辺航空写真

タワーマンションで暮らす誇り

広島の多島美を一望する地上47階にある居住者専用のラウンジ、家族・友人を招くゲストルーム、ホテルライクな空間を演出する内廊下をはじめ、共用棟や自走式駐車場など大規模タワーマンションならではの共用部も実現。さらにコンシェルジュサービスや各階へのゴミ収集サービスなど各種サービスが、満ち足りた日々を演出します。

※掲載の建物スケールイラストは、設計段階の図面を基に描き起こした建物スケールイラストに現地から北西方向に約320m離れた高さ約40mより、平成26年4月に撮影した遠景眺望写真を合成、光等CG処理を加えたもので実際とは異なります。建物スケールイラストは高さ、大きさ等のスケールを表現したもので実際とは異なります。「hitoto広島」街区内の建物はCGで表現したもので実際とは異なります。また、建物周辺の公園や建物は当物件の敷地内のものではなく、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※掲載の航空写真は現地周辺航空写真(現地53階相当より、南方向を平成29年4月撮影)にCG処理を加えたもので実際とは異なります。なお、眺望等は将来的に保証されるものではありません。
※1 「響生ビオトープ」とは、生物と人が共存し響きあうビオトープという想いを表した造語です。
※2 グランサウスエントランスからの概測距離
※3 コミュニティエントランスからの概測距離

HOME
設計者インタビュー