アートコレクションに囲まれた洗練の住まい。

Wonderful Lifeアートコレクションに
囲まれた洗練の住まい。

[暮らしのアイデア]

2017年10月18日

素敵な住まいをご紹介する『Wonderful Life』。毎回、インテリアはもちろん、オーナーのライフスタイルから、美しい暮らしのヒントをお届けします。

ハンス・ツィシュラーさん俳優、作家、写真家、出版者。旧西ベルリン在住。

ハンス・ツィシュラーさん
俳優、作家、写真家、出版者。
旧西ベルリン在住。

旧西ベルリンのウエストエンドで暮らすハンス・ツィシュラーさん。
美しい空間に設えられた家具やアートなどの装飾は、インテリアのお手本にしたいセンスのよさが光ります。

俳優、作家、写真家、出版者として活躍するハンスさんの書斎の壁には、アート作品がびっしり。自身で撮影した写真も加え、まるでアートギャラリーのような空間となっています。ちなみに収集している作品は友人から購入したものや旅先で出合い購入したもの。著名な作家にこだわるのではなく、作品そのものの魅力に惹かれて集めているのだとか。そのときどきの気分で配置換えを楽しむ、アートのある暮らし。思い出のつまった、宝箱のような部屋と言えるでしょう。

アートコレクションに囲まれた洗練の住まい。

ハンスさんの家具選びのポイントは、ベーシック&スタンダート。なかでも目を引くのが、デスクの椅子。この椅子は、世界の曲木家具のアイコン的存在である、ドイツのトーネット社のもの。壁に埋め込まれた本棚に、シンプルながら存在感を放つキャビネットなど、長く使っても飽きのこないセンスのよい家具が、空間の美しさとアート作品の魅力を際立たせています。

アートコレクションに囲まれた洗練の住まい。

書斎だけでなく、家のいたるところにアート作品を飾っているハンスさん。なかでもこのコーナーは、和洋折衷の雰囲気が漂うデコレーションが印象的。右の壁上の作品は、東京でも展示があり、今注目を浴びている、アメリカ人写真家ソール・ライターの作品。その下にあるのは、他界した建築家の奥様の切り絵作品「桂離宮」。また照明は、イサムノグチの「AKARI」が設えられています。ストーリーを感じるこれらの装飾は、家を訪れるゲストも楽しませているのです。

アートコレクションに囲まれた洗練の住まい。

装飾や設えている家具だけでなく、内装もおしゃれに仕上げているハンスさんのお宅。なかでも一際目を引くのが、キッチン&ダイニングルーム。真っ白なキッチンは、電子レンジと食洗機がビルトインタイプで、すっきりとした印象に。真っ赤な壁とのコントラストで、モダンな雰囲気が漂います。手前はダイニングスペースになっており、朝食をとったり、コーヒーやお酒を嗜んだりしているそう。忙しい日々のなかで、リラックスできるひとときを提供してくれるのが、この素敵なキッチンなのです。

アートコレクションに囲まれた洗練の住まい。

もともと一軒のお屋敷を集合住宅として改築したハンスさんの住まいは、庭へのアプローチがある広々とした間取りで、ところどころに、お屋敷の名残を思わせます。こちらはガラス張りのリビングルーム。窓から周辺の緑を望む眺望は、かつてはお屋敷の客間であったかのような雰囲気が漂います。一際目を引くおしゃれな床のタイルは、この建物に移ってきた頃からのオリジナルのものだそう。建築家として活躍した、いまは亡き奥様のセンスが光ります。

The Parkhouse magazine

今回ご紹介したお部屋は、会報誌『The Parkhouse magazine』29号の特集に掲載されているなかからピックアップしています。The Parkhouse ClubのWEB会員にご登録いただくと、住まいのギャラリーマイページ内の「会員限定コンテンツ」電子版会報誌にてほかにもたくさんのお部屋をご覧いただけます。

会員登録

おすすめの物件

暮らしのアイデア 新着記事

一覧

閉じる
お気に入りに追加されました

お気に入り一覧へ

まとめて資料請求できるのは5件までです

OK

お気に入りに登録にするには
会員登録が必要です

会員登録するとマイページ内でお気に入り物件を確認することができます。

会員登録