ゆとりの空間が、多彩なライフスタイルを育む「ザ・パークハウス 宮前平」レジデンスギャラリーを訪問

ゆとりの空間が、多彩なライフスタイルを育む「ザ・パークハウス 宮前平」レジデンスギャラリーを訪問

[訪問レポート]

2017年06月30日

東急田園都市線「宮前平」駅南口から徒歩3分※1。「自然と共生する」という田園都市構想がまさにかたちとなった、美しい街並みの緑豊かな立地に、全102邸の「ザ・パークハウス 宮前平」が誕生します。建設予定地にほど近いレジデンスギャラリーに、ライフオーガナイザーの会田麻実子さんが訪れました。

利便性と豊かな自然。バランスのとれた街、宮前平

「宮前平」駅は、東京メトロ半蔵門線と相互直通運転を行う東急田園都市線の駅。「渋谷」駅まで直通20分※2、「大手町」駅まで直通36分※2と都心の主要エリアにダイレクトにアクセスできる利便性の高さが特長です。宮前平といえば、住宅街という印象の強いエリア。駅周辺には、スーパーやコンビニエンスストア、100円ショップ、ファミレス、ホームセンターなどがあり、日々の生活で必要な買い物は徒歩圏内で揃います。一方で、高級スーパーとして知られる「成城石井」やミシュランレストランガイドにも掲載される名店なども身近に揃い、バリエーションが豊かなのも魅力の一つです。

そんな「宮前平」駅前からゆるやかな坂道を少し進んだ先に「ザ・パークハウス 宮前平」が誕生します。建設地周辺は一戸建てやマンションなどが建ち並ぶ穏やかな住宅街。駅から徒歩3分※1という立地にありながら、大通りから一歩奥に入っているので、車の往来も少なく落ち着いた街並みが広がり、街路樹や公園などの豊かな緑も印象的です。またこの地区は、行政が教育に力を入れているエリアでもあり、お子さんのいらっしゃるファミリーからの人気が年々高まっているとのこと。そんなエリアに誕生する「ザ・パークハウス 宮前平」は、注目を集めそうです。

いざ!レジデンスギャラリーへ

レジデンスギャラリーを訪れると、まずは模型コーナーに案内されました。

レジデンスギャラリー

「ザ・パークハウス 宮前平」は、Ron Herman、Afternoon Tea、ageteなど数々のライフスタイルブランドを展開する「The SAZABY LEAGUE」がデザイン監修しています。外観デザインには、閑静な街の雰囲気に調和する明るくナチュラルな陶磁器タイル、2層吹き抜けの開放的なエントランスには大判のタイルや木彫のルーバー素材を使用。エントランスには「大谷石」を組み合わせたアートを飾るなど、こだわりの素材を採用しており、宮前平の街に馴染む上質感を感じさせます。

また、「ザ・パークハウス 宮前平」の植栽は、創業100年以上の歴史を誇る「サカタのタネ」が監修。EAST・SOUTH・WEST WINGの棟ごとに植栽の表情を変え、緑豊かな街の雰囲気に溶け込むようにデザインされており、季節の移り変わりを楽しめそうです。

レジデンスギャラリー

ザ・パークハウスの災害対策。大切な方やご自身を守る「自助」の備えとは?

続いて展示コーナーでは、防災の取り組みについて紹介されました。ザ・パークハウスでは、ホイッスルやダイナモラジオライト、ウォータータンクなどが入った「防災バッグ」を各住戸に配布。さらにマンション内には防災倉庫を設け、災害でインフラが機能しなくなった際に、復旧までの間に必要とされる「電気」「水」「情報」「トイレ」に関する防災備品を備えます。

ザ・パークハウスの災害対策

三菱地所レジデンスでは、有志の社員によるボランティア組織「三菱地所グループの防災倶楽部」を2014年に立ち上げ、これまでの販売物件での防災訓練や防災学習をサポートする取り組みを進めているのだそう。マンホールトイレ(上の写真中央奥)の組み立て訓練やトイレ用凝固剤に水を入れる体験をするなど、お住まいの方が有事の際に困ることのないよう実践的な防災訓練を行っています。こういう取り組みは、いざというときの備えとして心強いですし、企業としての防災意識の高さを感じました。

(参考)
有事に備えてマンションの防災機能を高めるプログラム
震度6強の地震発生、その時どう対処する?津田沼エリア3物件合同によるマンション防災訓練レポート

「The SAZABY LEAGUE」コーディネートのモデルルームへ

いよいよモデルルームの見学です。
「ザ・パークハウス 宮前平」レジデンスギャラリーでは、その間取りだけではなく、「家族のコミュニケーションを生むライブラリースタイル」「開放的なカウンターキッチンでサラダバースタイル」「広がる眺めを楽しみながらリビングヨガスタイル」などといった、お住まいになる方がワクワクする毎日を過ごせるような、さまざまなライフスタイルの提案を行っています。

今回のモデルルームは、30代のご夫婦と二人のお子さんのいるファミリーをイメージした81.83㎡のプラン。まずはリビング・ダイニングに向かいましたが、広々としたゆとりのある空間と室内の明るさが印象的でした。

バルコニーのあるリビング
モデルルーム リビング・ダイニング ※2016年10月撮影

その印象に貢献しているのがワイドスパンのバルコニーです。手すりのパネルには、視線は遮りつつも光は通す強化ガラスを採用。また180cmもの奥行と、フローリングと似た色合いの床材が、リビング・ダイニングをより広く開放的に感じさせます。これだけの広さがあれば、テーブルを置いてリビング空間の延長として活用したり、花や観葉植物、野菜を育てたりなど、バルコニー空間をより楽しめそうです※3

バルコニー

バルコニーからリビング・ダイニングに目を向けると、その中で強い存在感を放っていたのがキッチンカウンター下の鮮やかなスカイブルー。モデルルームのインテリアコーディネートを担当した「The SAZABY LEAGUE」らしい遊び心のあるチョイスが、部屋の色合いのアクセントになっています。キッチンの天板は立ち上がりのないフラットタイプで、ダイニングに向けてカウンターのスペースを広く使えます。サラダバーのような活用もできますし、家族とのコミュニケーションが取りやすい作りだと感じました。

ダイニング

こだわりの設備と配慮に住み心地の良さを確信

キッチンの内側では、広々とした調理スペースに目を奪われます。これだけの広さがあればストレスなく料理を作れますし、ご夫婦や親子で一緒にキッチンに並んでも、スムーズに調理を進められそうです。広い調理スペースの下は、食器洗い乾燥機だけでなく、引き出し式の収納も配置されています。

ダイニング

一般的な住戸では、引き出し式収納か食器洗い乾燥機かのどちらか一つを選ばざるをえないことが多く、私に片づけレッスンを依頼される方の中には、食器洗い乾燥機を選んだことで収納スペースが足りず困っているという方も少なからずいらっしゃいます。この収納はとても大きなポイントだと感じました。
他にも生ゴミを処理できるディスポーザや根菜をストックできる仕様の野菜ストッカー、掃除の手間が軽減できるフィルターレスレンジフードなど、キッチンには便利な設備が満載です。

キッチンの食器棚脇の引き戸を開けると、洗面室につながっています。洗面室は、廊下側にもドアがある2WAY仕様。そこには住む人の「困った」を解決するさまざまな配慮がなされています。例えば、浴室のドアにはタオル掛けが2本あり、「家族全員のタオルを余裕を持って干したい」「タオルと足拭きマットは別々に干したい」などの要望に応えてくれます。また、ボウル一体型洗面化粧室やパッキンをなくした浴室ドアなど、掃除の負担を軽減してくれるありがたい配慮も。さらに、スペースが豊富なリネン庫は、タオルや下着のみならずさまざまな日用品も置くことができそうです。

リネン庫

寝室のクローゼットは、ウォークインタイプ。洋服をかけるハンガーパイプや帽子やバッグを置ける枕棚が設置されています。「The SAZABY LEAGUE」のライフスタイル提案を受けて、このウォークインクローゼットをリビング側の洋室とつなげて、ウォークスルークローゼットとして使うレイアウトプランもあるそうです。収納スペースだけでなく、洋服も親子や兄弟でシェアする、なんて使い方もできそうですね。

他にも約0.6畳の納戸や廊下収納があるなど、収納量がとても豊富です。これだけの収納スペースがあれば、居室にものがあふれることなく、スッキリと生活できそうです。

「ザ・パークハウス 宮前平」では、全てのタイプにウォークインクローゼットがついている等、1住戸あたりおよそ1部屋分※4に相当する約4.4畳~6.9畳分が収納スペースとして備えられているのだそう。ゆとりがあるのは収納空間だけではなく、居室そのものも。3LDKの部屋は全タイプ76㎡超の広々とした住空間を実現しています※5。駅近でこの広さは驚きです!

ザ・パークハウス 宮前平

東急田園都市線から徒歩3分の距離にありながら、落ち着いたエリアに誕生する「ザ・パークハウス 宮前平」。駅近にも関わらず、ゆとりある住空間とおよそ1部屋分にもなる収納空間。さらに「The SAZABY LEAGUE」とのコラボレーションなど、さまざまな魅力にあふれています。

ゆとりある空間がさまざまなライフスタイルを育み、当たり前の日常をわくわくしたものに変える。「ライフスタイル提案型の住まい」の可能性を、レジデンスギャラリーでぜひ感じてください。



※1:徒歩分数は、80m=1分で算出し、端数は切り上げております。
※2:掲載の所要時間は日中平常時(10:00発~16:00着)・通勤時間帯(7:00発~9:00着)でのものです。なお乗り換え、待ち時間は含まれておりません。また、同じ乗車時間で複数のルートが存在する場合は所要時間の最短のものを提示しております。東急電鉄「宮前平」駅時刻表より参照。
※3:バルコニーの使用には制限があります。詳細については管理規約集をご確認ください。
※4:掲載の畳数は、s-Kタイプ最小収納面積7.27㎡(約4.4畳)~w-Rタイプ最大収納面積約11.18㎡(約6.9畳)を表しております。また、収納面積の対象は、リビング・ダイニング、各居室、キッチン、洗面室、玄関、トイレの収納、および納戸、物入です。
※5:分譲住戸101戸中、3LDK・76㎡超は84戸です。
※掲載の写真はモデルルーム(S-Ntype・Menu Plan I/Classy Cherry)で撮影(2017年[平成29年]6月)したもので、エアコン・造作家具・照明・装飾用小物等オプション(有償)も含まれております。また、家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。
※メニュープラン、カラーセレクトおよびオプション(有償)の申込受付は終了致しております。
※収納の形状はタイプにより異なります。
※ 掲載の情報は、2017年6月現在のものです

会田麻実子
ライフオーガナイザー®/「片づけ収納ドットコム」副編集長
幼少期から苦手だった片づけを克服した経験をもとに、思考と空間の片づけのプロ、ライフオーガナイザーとして活動中。「暮らしと人をつなぐ。」をコンセプトに、自宅セミナーやお客様宅でのレッスンを通じて「自分らしい片づけ」を提案している。 ブログ:「小さく暮らす。

Text:会田麻実子
Photo:鈴木真弓

おすすめの物件

訪問レポート 新着記事

一覧

閉じる
お気に入りに追加されました

お気に入り一覧へ

まとめて資料請求できるのは5件までです

OK

お気に入りに登録にするには
会員登録が必要です

会員登録するとマイページ内でお気に入り物件を確認することができます。

会員登録