• トップ
  • マスタープラン
  • ロケーション
  • 上井草散歩
  • アクセス
  • プラン
  • モデルルーム
  • クオリティ
  • ブランド
  • 上井草住民インタビュー

外観完成予想CG 

杉並に次世代の街並景観を創造し、エリアの環境向上に貢献できるような外観デザインを追求。
そのコンセプトとなったのが緑豊かで閑静な街に融け込む「緑と白のSmart Residence」。
スタイリッシュな低層邸宅には、外壁に光触媒塗装を施しています。

エントランス完成予想CG 

良好な住環境と景観づくりを推進している杉並区において、洗練とモダンな造形を創出します。緑に囲まれた白亜の邸宅感をシンプルな形態で表現した、美術館を思わせるスタイリッシュな外観デザインを採用。外周の緑を望めるガラス張りのラウンジは、エントランスホールと連続して配するなど、建物全体を上質で気品ある雰囲気に仕立てています。

敷地配置イメージイラスト

ヤマボウシなど武蔵野台地にゆかりのある在来種を中心に植樹。

上井草は、緑がネットワーク的に繋がっていて、生態学的にも良好なエリアです。「白」は「緑」に映えるので、当物件は「白壁」のモダンなデザインにしています。また、きちんと緑で囲ってあげることが、訪れる人に求められる建物の姿だと考え、周囲を植栽で囲むプランニングとしました。今回は表面に防汚効果のある塗装を採用し、先進性も取り入れています。「上井草」駅から歩いてきた角の所に落葉樹の緑の空間を設け、街のコモン、レジデンスの中のコモンといった中間領域的なものを大切にしています。植栽は、外来種の使用を抑え、武蔵野台地に所縁のある在来種を主としています。

高低差概念イラスト 

「まちづくり上井草」では、自発的な緑化のネットワークを通じた「まちなみづくり」「景観づくり」を目指す「かみいぐさ雑木みちproject」を推進しています。雑木の株立ちによる植栽を道沿いに植えることによって、魅力的なまちなみづくりを目指しています。我々が進める雑木の庭の主役はあくまで葉の緑であり、株立ちの幹が空間にもたらす効果。そう考えているため、緑を引き立てながら華やかさを添える、白花を推奨しています。パブリックな部分とプライベートな部分の中間、コモンにみんなが共生する中間の合間のような部分があれば、ホッとすると思うんです。

三菱地所レジデンスでは、「ザ・パークハウス」における生物多様性保全への取組みを「BIO NET INITIATIVE(ビオ ネット イニシアチブ)」と称し、強化していきます。 物件規模や敷地面積に関わらず、「ザ・パークハウス」一つひとつの物件において、生物多様性の保全に配慮した取り組みを行い、植栽計画を行ないます。物件周辺の緑地や街の緑をつなぎ、植物や生物の中継地的な役割を果たす緑化空間を創出し、いのちをつなぐ街に発展していくものと考えます。また、今後も当社が供給していく個々の「ザ・パークハウス」が地域植生とエコロジカルネットワークを形成する存在となることで、地域への貢献を継続的に行っていくことを目標に掲げています。
資料請求はこちら来場予約はこちら

※掲載の完成予想CGは、図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。周辺道路・建物等は簡略化しております。植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。また、雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。家具・照明器具・調度品等は実際に設置されるものと異なる場合があります。
※掲載の敷地配置イメージイラストは、計画段階の図面を基に描き起こしたものであり、1階と2階を合成したもので、実際とは異なります。植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定し描かれたものではありません。また、周辺道路・建物は簡略化しております。
※掲載の高低差概念イラストは、国土地理院地図を基に描いたイメージ図で、位置・スケール・形状・向き等は実際とは異なります。

物件概要