【公式】ザ・パークハウス 国分寺四季の森|JR中央線通勤特快停車「国分寺」駅徒歩13分、全494邸|三菱地所レジデンスの新築分譲マンション

DESIGN/COMMON SPACE

南向き中心・広大な森のほとりに描く
全494邸の大規模レジデンス

現地北側上空より東側現地外観を望む完成予想CG
DESIGN

100年の時を継ぐ森※1隣接の地に
豊かな緑の風景を描く。

隣接する森や街に息づく武蔵野の自然との調和、そして緑を常に感じられるレジデンスの創造を目指し、
敷地内には四季の表情が美しい大きな庭や木々、花々を数多く配しました。
四季の移ろい、陽だまりと緑の調和、目を潤す美しい色彩。そんな五感を癒す自然豊かな風景を、この地に描きます。

デザインコンセプト

広大な敷地を活かし、
ゆとりと緑に包まれた“心地よさ”を追求。

森に隣接した広大な敷地を活かし、開放感のある上質なゆとりを創出することが
「ザ・パークハウス 国分寺四季の森」の設計コンセプト。武蔵野の風景を継ぐ豊かな緑を敷地内に取り込み。上質で心地よい時を刻む共用空間、森と呼応しながら上質な洗練さを併せ持つ外観意匠など、この場所、このスケールだからこそ描けるレジデンスの創造を目指しました。

ランドスケープ・建物デザイン全体監修

株式会社三菱地所設計

名倉良起

※掲載の現地北側道路上空より望む東側外観、南東側外観、外観(ガーデン街区)、マスターエントランス、サクラガーデン、紅葉の小路完成予想CGは、設計段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とはことなります。現地北側道路上空より望む東側外観完成予想CGに現地から80m離れた高さ約30mより、平成28年11月 に撮影した遠景眺望写真を合成、光等CG処理を加えたものです。周辺道路・建物等は簡略化しております。建物外観には、雨樋・エアコン室外機・給湯器・TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。また、建物周囲の樹木は東側・南側隣地内の木々を再現したものであり、当物件の敷地内のものではなく、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。隣接地の環境は将来変わる可能性があり、住戸によっては樹木により日照・眺望が遮られる場合があります。敷地内の植栽は、計画段階の図面を基に描き起こしたもので変更となる場合があります。また、特定の季節や入居時の状態を想定し描かれたものではありません。※マスターエントランス、サクラガーデン、紅葉の小路はガーデン街区引渡し以降の供用開始となります。
※掲載の敷地配置イメージイラストは図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。敷地内の植栽は計画段階の図面を基に描を起こしたもので変更となる場合があります。※提供公園は完成後、国分寺市に移管予定です。また特定の季節や入居時の状態を想定し描かれたものではありません。周辺道路・建物等は簡略化しております。建物外観には、雨樋・エアコン室外機・給湯器・TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。

COMMON SPACE

上質な時間と、暮らす。
それはまるでリゾートのような心地よさ。

降り注ぐ陽光の中で、森の息吹を感じながらリラックスできる暮らし―。
常に緑を感じられる、あたたかみのある共用空間には、
まるでリゾート地で過ごすかのような、心地よく上質な時間が流れています。

コミュニティラウンジ完成予想CG

花と緑が交流を育む空間
「コミュニティ・ラウンジ」。

英語教室やワークショップの開催や、お住まいになる皆様の交流空間として、外の自然を室内でも感じられるデザイン、緑や花の癒しをテーマにした彩りを施した設計としました。

COLLABORATION

木のひろば(キッズスペース)完成予想CG

木との触れ合いが
子どもの感性を育む「木のひろば」(キッズスペース)

お子様が遊ぶおもちゃや空間に良質な木材をふんだんに使用したキッズスペース。木の温もりが施された、大人もくつろげる空間を目指しました。

COLLABORATION

木のひろば(キッズスペース)完成予想CG
ライブラリーラウンジ完成予想CG

書斎代わりにお使いいただける
「ライブラリー・ラウンジ」。

「知」と出会う、大人の空間。多彩なジャンルの書籍をゆっくり楽しめるスペース。Wi-Fiを設けたスタディルームで仕事も捗ります。

COLLABORATION

ゲストルーム(KIHIN)完成予想CG

訪れるお客様を優雅にお迎えする
「ゲストルーム」

ご家族や親類の方が来訪した際に便利なゲストルームを2つご用意。ホテルライクな空間が大切なお客様を優雅にお迎えします。

COLLABORATION

ゲストルーム(KIHIN)完成予想CG
ココチ・テラス完成予想CG

大きな庭とカフェが心地いいくつろぎと
語らいのテラス空間「ココチ・テラス」。

サクラ・ガーデンを見晴らすココチ・テラスは、共用部で提供予定のカフェで一息できる、コミュニティの中心的な場所。お住まいになる皆様がくつろぎ、語らい、そして新しい絆が生まれる集いのスペースです。

COLLABORATION

※1.本計画地は大正7年(1918年)に実業家・今村繁三が別荘を開いた地に隣接(国分寺市ホームページ「国分寺市の年表」より)。本計画の竣工時(平成30年1月予定)は別荘が開かれてからおよそ100年となります。また、隣接地の景観は、将来の保全が保証されるものではなく、変わる可能性があります。
※掲載のエントランスホール・ラウンジ(ココチカフェ・フォレスト街区)、ココチ・テラス、コミュニティラウンジ、木のひろば(キッズスペース)、ゲストルーム(KIHIN)、ライブラリーラウンジ完成予想CGは図面を基に描き起こしたもので実際とは異なります。敷地内の植栽は計画段階の図面を基に描を起こしたもので変更となる場合があります。また特定の季節や入居時の状態を想定し描かれたものではありません。周辺道路・建物等は簡略化しております。家具、照明器具、調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。※エントランスホール・ラウンジ(ココチ・カフェ)、ココチ・テラス、コミュニティラウンジ、木のひろば(キッズスペース)、はガーデン街区引き渡し以降の併用開始となります。
※全494邸中、374邸が南向き住戸。

PAGE TOP