GOOD DESIGN AWARD 2018

この度、「蘆花公園ザ・レジデンス」はグッドデザイン賞2018を受賞しました。この度、「蘆花公園ザ・レジデンス」は
グッドデザイン賞2018を受賞しました。

このエリア固有の
「ガーデンシティ」誕生のための、
「地域をつなぐ」デザイン。
公共の旧水路を挟んだ二つの敷地を、
沿道全域で公共緑道の整備も含めた
一体開発を進めてまいりました。
その結果、敷地内外をつなぐ
ボーダレスな沿道景観をつくりだしている。
自らの敷地をこえて、
理想的な「ガーデンシティ」を形成する
要の存在となることを目指した、
計画が実現できました。

●●●●●●●●●●

世田谷邸宅としての頂へ。緑の地域資産を取り込み、
地域をつなぐ計画「ガーデンシティ構想」

戦後の都市化にかかわらず受け継がれてきた
「緑の地域資産」をつなぎ、
グリーンネットワークをひろげていく。
自らの敷地を超えて
理想的なガーデンシティを形成する
“要の存在”となることを目指した計画である。

アプローチに沿って敷地内にも並木がつながる。

ガーデンシティに住まうということ・・・全ての共用空聞から緑を享受

住棟聞に設けられた小さなテラス

配置兼1階平面図配置兼1階平面図
1条例上求められる歩道状空地の1.5 倍の幅員を確保することで、両側に並木をもつ歩道状空地を実現した。
2敷地聞の旧水路(緑道)を行政と協議しながら一体で整備し、通路の幅員と緑の厚みを同時に獲得した。
3既存のケヤキ並木に対応して、敷地側にも十分な緑の厚みをつくる。区の緑地も一体で再整備している。
4行政と管理を分担し、既存樹木を保全した。敷地内には散策路や広場を設けて、地域住民に開放している。

Concept Movie

審査員評価コメント審査員評価コメント

計画で生まれた緑のほとんどを住民だけでなく、地域の人々が生活の中で自由に 味わうことができる計画にしている点がすばらしい。緑が多い計画は今回でも数多く見られたが、セキュリティ内に緑があっても見るだけのものにしかならないばかりか、ともすると敷地内外で格差をつくりだしてしまう。
この計画は緑を程よく周囲に開き、新しい居場所を地域に増やしている。 こうした取り組みは、マンション住人と地域との関係づくりにも役立つだろう。