ケーススタディで見るコンパクトマンションのかしこい選択

コンパクトマンションが
選ばれる
理由

マイホームのかたちはひとつではない。
あなたのきっかけと選択で、
マイホームにあなたらしい価値を。

ケーススタディで見る
コンパクトマンションの
かしこい選択

Case study1 子供が独立し夫婦で都内に暮らしている。(50代夫婦)

きっかけ:年金生活だけだと老後に不安を感じている。

「貸す」という選択へ。

現物による資産形成 株式投資は市況変動の影響を強く受けるため日々値動きの変化が気になり仕事も手に付かず、債権や定期預金ではリターンが少ないため何に投資するか迷っていました。その点、マンションなら実物なのでどのような人が住むか分かり、毎月安定した家賃収入が入るため安心しています。

安定した収入を得るためにマンションを購入し、不動産投資。

Case study2 自己資金をあまり使わず、安定収入を得られる投資先を探している。(30代男性)

きっかけ:手持資金は少ないが、投資には興味がある。

「貸す」から「売る」という選択へ。

銀行ローン利用可能 手持資金に余裕ができるまでは投資は難しいものと考えていました。ただ、不動産投資であれば自分の年収や勤続実績等信用情報をもとに頭金がゼロでも借入ができることが分かりました。当初は長期保有を前提としていましたが、相場が上昇しているため資産の組み換えを目的に売却しました。

ローンを借り、貸していたが、資産の組み換えを目的に売却。

Case study3 夫婦と中学生の子どもの3人で都内に暮らしている。子どもは都内で進学させたい。(40代夫婦)

きっかけ:将来の子どものためにも資産を保有しておきたい。

「貸す」から「住む」という選択へ。

ライフステージに合わせた利用 子育ても落ち着き余裕が出てきたため投資に興味を持ちマンションを購入しました。現在は娘の大学進学を期に一人暮らし用の住まいとして利用しています。生活利便性が高い場所で通学もしやすいため気に入ってくれています。私たち夫婦も購入時に室内や周辺環境も確認していたため安心しています。娘が将来結婚し住まなくなれば改めて貸しに出そうと考えています。

貸す目的で購入したが、大学進学の娘の一人暮らし用に変更。

Case study4 夫婦と子どもの4人で関西に暮らしている。夫は勤務先本社の東京に出張が多い。(50代夫婦)

きっかけ:出張、旅行時のホテル代わりの部屋を確保したい。

「セカンドハウス」から「相続」という選択へ。

節税効果 私は東京に出張が多く、妻も東京に友人が多く会う機会が多いことからホテル代わりとして購入しました。以前父から現金を相続した際は多額の相続税がかかりましたが、不動産であれば相続税評価額が引き下げられ、相続税が軽減されるため将来息子のためにもなると考えています。

父が利用していたセカンドハウスを息子の安定資産のために相続。

Case study5 入社後親元を離れ、現在は都内の賃貸マンションに暮らしている。(20代女性)

きっかけ:賃料がもったいないと感じており、当面住むマンションが欲しい。

「住む」から「貸す」という選択へ。

将来的な資産形成 元々は賃貸マンション暮らしが長かったものの、支払いが変わらずにより優れた住環境を享受できる分譲マンションに住めるのであれば購入した方が良いと決断し住み始めました。ところが昨年転勤が決まり貸すことになりました。自分自身が気に入っていたマンションだったのですぐに借り手も見つかり一安心です。転勤から戻り次第また住みたいと考えていますが、使い方はその時々で柔軟に決めていこうと思います。

住む目的で購入。 急な転勤が決まり、 賃貸として資産形成。

All image photo

なぜ、ザ・パークワンズを選ぶのか 4つのAnswer Read more

ザ・パークワンズを選ぶ理由 契約者の声 Read more