トップ > 事例紹介 > 事例紹介バックナンバー

スタイルハウス訪問

事例紹介トップに戻る

大好きなインテリアを生かせる部屋作り

イメージ

イメージ

仕事上で、使いたかったけど使えなかったもの、やりたかったことを思いっきり爆発させた感じです(笑)」というのは、インテリアコーディネーターをしている奥様。プロならではの小技があちらこちらに隠された、誰もが心地よさを感じる幸せいっぱいの空間を作りました。

インテリアを熟知しているからこそ「過剰にならないよう、さり気ない見せ方を心がけました」。例えば、リビングダイニングの天井近くの壁にあしらった鏡。 空間を広く見せるための小技ですが、壁面全体ではなく、人の姿が映らない天井際というのがポイントです。仕事の関係上、希望は明確。全体の大枠プランは奥様が描き、スペースの効率的な使い方やディテールの見え方などを専属の建築家がブラッシュアップを重ねてくれたそうです。

以前は「内装に制約のある新築マンションには興味がなかった」はずの奥様。今ではそんなことも忘れてしまったかのように、嬉しそうに部屋を眺めていました。

事例紹介トップに戻る

「スタイルハウス」ブランド会員募集中
「スタイルハウス」では都心・城西・城南エリアを中心にプロジェクトを計画しています。
無料会員登録を頂いた会員様には、優先的に物件情報などをご案内させて頂きます。

新規会員登録(無料)