資料のご請求はこちら

来場のご予約はこちら

外観完成予想CG

外観完成予想CG

桜並木の風光と三方道路の開放感。
「ザ・パークハウス 芦屋川」は、便利な駅前でありながら、桜並木の芦屋川河畔に立地。芦屋川と六甲山の四季を望む畔、三方が道路に面した開放感。その邸は、便利さだけでは語れない、さらなるゆとりを纏う。
現地周辺航空写真
現地周辺航空写真(平成28年5月に撮影)
厳しい景観条例で受け継がれる
芦屋の美しい街並み。
芦屋市はその美しい景観を維持するため、2000年に「芦屋市住みよいまちづくり条例」を施行するなど、数々の政策を立ち上げて尽力してきた。中でもこの地は「芦屋川風致地区」の第3種風致地区であるとともに、「屋外広告物条例」において「芦屋川特別地域」に該当。建物の大きさや意匠だけでなく、看板等のサイズや色に至るまで規制が敷かれたエリア。幾重もの規制によって護り、受け継がれる四季折々に美しい芦屋川沿いの景観が生活舞台となる。
「特別景観地区」に義務付けられた、
専門家による美観の審査に適合。
2009年に全国で初めて市内全域を「景観地区」に定めた芦屋市。その後、芦屋川沿岸は「芦屋川特別景観地区」にも指定。集合住宅などの大規模建築には、有識者からなる「都市景観アドバイザー会議」の審査が義務付けられる。「ザ・パークハウス 芦屋川」も、「芦屋川特別景観地区」の景観美を受け継ぐ邸としてオーナーを迎え入れる。
風致地区、芦屋川特別地域、芦屋川特別景観地区概念図
風致地区、芦屋川特別地域、芦屋川特別景観地区概念図
現地周辺
現地周辺(現地より約300m)
芦屋に記す。
東の田園調布、西の芦屋として日本の邸宅街の双肩を担う、芦屋。大正から昭和初期、財界人、文化人など錚々たる方々によって別荘地から邸宅街へと変遷する。阪神間の象徴たる六甲山を間近に望み、芦屋川河畔にてせせらぎを聞く、邸宅街の矜持、芦屋に銘を記す。
現地周辺の街並み(現地より約700m)
現地周辺の街並み(現地より約700m)
芦屋川(現地より約200m)
芦屋川(現地より約200m)
>阪急神戸線「芦屋川」駅
阪急神戸線「芦屋川」駅
駅前の悠然。
阪急神戸線「芦屋川」駅へ徒歩1分。大阪・神戸の2大都市へ快適にアクセスする利便は、急ぐためだけではなく、日々のライフシーンにゆとりをもたらし、プライベートの充足とともに人生の奥行きを深めてくれる。時が生き方を磨く。麗しき駅前に悠然と佇む。
現地周辺の街並み(現地より約100m)
現地周辺の街並み(現地より約100m)
現地周辺の街並み(現地より約120m)
現地周辺の街並み(現地より約120m)
芦屋川
芦屋川(現地より約200m)
絢爛の畔。
春は、芦屋川河畔とともに「ザ・パークハウス 芦屋川」が煌びやかな季節を迎える。新緑の六甲山を背景に河畔の桜並木が開花。風致地区に護り継がれた桜は絢爛豪華に趣を競い合う。そして深緑の夏、朱色のグラデーションが美しい秋の紅葉も…。四季を愛で、芦屋川河畔に住まう。
芦屋川(現地より約200m)
芦屋川(現地より約200m)
現地周辺の街並み(現地より約170m)
現地周辺の街並み(現地より約170m)
ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)
ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)(現地より約290m)
美学の継承。
阪神間モダニズムと呼ばれる近代文化は、芦屋の邸宅様式にも影響を及ぼした。芦屋川河畔の自然と建築の有機的なつながりを求めた巨匠フランク・ロイド・ライト設計によるヨドコウ迎賓館。山手緑地に往時を偲ばせる風雅な門構えを留める「松風山荘」の旧藤井邸。芦屋で磨かれた生活美学は、次代へと護り継がれる。
旧藤井邸(現:山手緑地)(現地より約850m)
旧藤井邸(現:山手緑地)(現地より約850m)
ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)(現地より約290m)
ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)(現地より約290m)

※掲載の外観完成予想CGは平成28年4月に撮影した現地付近の写真を基に描き起こした街並みイラストと計画段階の図面を基に描き起こした建物外観完成予想CGを合成したもので、実際とは異なります。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。給気口、排気口等再現されていない設備機器等がございます。計画敷地には都市計画道路の予定があります。芦屋川および周辺道路・建物・電柱等は簡略化しており、実際とは異なります。
※現地西側の芦屋川沿い(東側)には、自転車駐車場・自動二輪駐車場があります。
※現地周辺航空写真(平成28年5月撮影)はCG処理を加えたもので、実際とは異なります。
※風致地区、芦屋川特別地域、芦屋川特別景観地区概念図は略地図につき、実際とは異なります。また、省略されている道路や建物等があります。
※掲載の環境施設写真は平成27年12月・平成28年4月・7月・11月に撮影したものです。

TOP

ザ・パークハウス 芦屋川

外観完成予想

桜並木の風光と三方道路の開放感。
「ザ・パークハウス 芦屋川」は、便利な駅前でありながら、桜並木の芦屋川河畔に立地。芦屋川と六甲山の四季を望む畔、三方が道路に面した開放感。その邸は、便利さだけでは語れない、さらなるゆとりを纏う。
現地周辺航空写真
現地周辺航空写真(平成28年5月に撮影)
厳しい景観条例で受け継がれる芦屋の美しい街並み。
芦屋市はその美しい景観を維持するため、2000年に「芦屋市住みよいまちづくり条例」を施行するなど、数々の政策を立ち上げて尽力してきた。中でもこの地は「芦屋川風致地区」の第3種風致地区であるとともに、「屋外広告物条例」において「芦屋川特別地域」に該当。建物の大きさや意匠だけでなく、看板等のサイズや色に至るまで規制が敷かれたエリア。幾重もの規制によって護り、受け継がれる四季折々に美しい芦屋川沿いの景観が生活舞台となる。
「特別景観地区」に義務付けられた、専門家による美観の審査に適合。
2009年に全国で初めて市内全域を「景観地区」に定めた芦屋市。その後、芦屋川沿岸は「芦屋川特別景観地区」にも指定。集合住宅などの大規模建築には、有識者からなる「都市景観アドバイザー会議」の審査が義務付けられる。「ザ・パークハウス 芦屋川」も、「芦屋川特別景観地区」の景観美を受け継ぐ邸としてオーナーを迎え入れる。
風致地区、芦屋川特別地域、芦屋川特別景観地区概念図
風致地区、芦屋川特別地域、芦屋川特別景観地区概念図
現地周辺
現地周辺(現地より約300m)
芦屋に記す。
東の田園調布、西の芦屋として日本の邸宅街の双肩を担う、芦屋。大正から昭和初期、財界人、文化人など錚々たる方々によって別荘地から邸宅街へと変遷する。阪神間の象徴たる六甲山を間近に望み、芦屋川河畔にてせせらぎを聞く、邸宅街の矜持、芦屋に銘を記す。
現地周辺の街並み(現地より約700m)
現地周辺の街並み(現地より約700m)
芦屋川(現地より約200m)
芦屋川(現地より約200m)
阪急神戸線
阪急神戸線「芦屋川」駅
駅前の悠然。
阪急神戸線「芦屋川」駅へ徒歩1分。大阪・神戸の2大都市へ快適にアクセスする利便は、急ぐためだけではなく、日々のライフシーンにゆとりをもたらし、プライベートの充足とともに人生の奥行きを深めてくれる。時が生き方を磨く。麗しき駅前に悠然と佇む。
現地周辺の街並み(現地より約100m)
現地周辺の街並み(現地より約100m)
現地周辺の街並み(現地より約120m)
現地周辺の街並み(現地より約120m)
芦屋川
芦屋川(現地より約200m)
絢爛の畔。
春は、芦屋川河畔とともに「ザ・パークハウス 芦屋川」が煌びやかな季節を迎える。新緑の六甲山を背景に河畔の桜並木が開花。風致地区に護り継がれた桜は絢爛豪華に趣を競い合う。そして深緑の夏、朱色のグラデーションが美しい秋の紅葉も…。四季を愛で、芦屋川河畔に住まう。
芦屋川(現地より約200m)
芦屋川(現地より約200m)
現地周辺の街並み(現地より約170m)
現地周辺の街並み(現地より約170m)
ヨドコウ迎賓館
ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)(現地より約290m)
美学の継承。
阪神間モダニズムと呼ばれる近代文化は、芦屋の邸宅様式にも影響を及ぼした。芦屋川河畔の自然と建築の有機的なつながりを求めた巨匠フランク・ロイド・ライト設計によるヨドコウ迎賓館。山手緑地に往時を偲ばせる風雅な門構えを留める「松風山荘」の旧藤井邸。芦屋で磨かれた生活美学は、次代へと護り継がれる。
旧藤井邸(現:山手緑地)(現地より約850m)
旧藤井邸(現:山手緑地)(現地より約850m)
ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)(現地より約290m)
ヨドコウ迎賓館(旧山邑邸)(現地より約290m)

※掲載の外観完成予想CGは平成28年4月に撮影した現地付近の写真を基に描き起こした街並みイラストと計画段階の図面を基に描き起こした建物外観完成予想CGを合成したもので、実際とは異なります。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。給気口、排気口等再現されていない設備機器等がございます。計画敷地には都市計画道路の予定があります。芦屋川および周辺道路・建物・電柱等は簡略化しており、実際とは異なります。
※現地西側の芦屋川沿い(東側)には、自転車駐車場・自動二輪駐車場があります。
※現地周辺航空写真(平成28年5月撮影)はCG処理を加えたもので、実際とは異なります。
※風致地区、芦屋川特別地域、芦屋川特別景観地区概念図は略地図につき、実際とは異なります。また、省略されている道路や建物等があります。
※掲載の環境施設写真は平成27年12月・平成28年4月・7月・11月に撮影したものです。

TOP