資料のご請求はこちら

来場のご予約はこちら

セキュリティ
三菱地所レジデンスが取り組む防犯・防災システム
「LIFE EYE’S セコムシステム」
「LIFE EYE’S セコムシステム」は、三菱地所レジデンスが、管理会社である三菱地所コミュニティ、そしてセコムとともに共同開発したセキュリティシステムです。「ザ・パークハウス 芦屋川」では設計段階からセコムの協力を得てセキュリティシステムを構築。火災等万一の災害やエレベーターの故障等の異常が発生した場合、管理室や警備会社、エレベーター管理会社に自動的に通報され、警備会社の警備員等が速やかに現場へ行き、適切に対処する体制を整えています。
SECOM

ライフアイズ/セコム・ステッカー
ご入居者には安心感を、侵入者には抑止力を与える信頼のマークです。

LIFE EYE'S セコムシステム(概念図)
開閉センサー
開閉センサー

<参考写真>

玄関ドアと窓(FIX窓を除く)に開閉センサーを設置。センサーセット中にドアや窓が開くと警報音を発し、管理室・警備会社に自動通報します。
エレベーター内監視モニター※1
エレベーター内監視モニター(1階、地下1階)

<参考写真>

1階、地下1階のエレベーターホールにはエレベーター内の防犯カメラの映像が確認できるモニターを設置しています。

※1:1階、地下1階に設置
※リース契約に基づき設置されます。

防犯カメラ
防犯カメラ

<参考写真>

敷地内の要所に防犯カメラを設置。住まう方の安心感を高めます。

※リース契約に基づき設置されます。
※録画は一定周期で重ね撮りされ、録画される画像は管理組合の所有物となります。

ハンズフリー多重セキュリティシステム
ICタグ付のハンズフリーキーを持って、センサーパネルに近づくだけで、グランドエントランス・オーナーズエントランスのオートロックドアが解錠されるセキュリティシステムです。各エントランスの解錠と連動してエレベーターが自動的に地下1階もしくは地上1階で待機、押ボタンを押して乗り込み、センサーが感知すると、地下1階、地上1階、住居階の押ボタンが登録できるようになります。万一不審者が単独で各エントランス内に侵入できても、ICタグ付のハンズフリーキーがなければエレベーターを使用できず、不審者のエントランス階以外への侵入防止対策となります。
※オートロックシステムは、そのシステムの性格上、部外者の侵入を完全に防止できるものではありません。
駐車場リングシャッター
駐車場リングシャッター

<参考写真>

駐車場には、リモコンスイッチで作動するリングシャッターを採用しています。スムーズな車の出入りの実現とセキュリティに配慮しています。
住戸内にカラーモニター付
住宅情報盤(インターホン親機)を設置
住戸内にカラーモニター付住宅情報盤(インターホン親機)

<参考写真>

グランドエントランスのオートロック解錠機能付のインターホン親機を住戸内に設置。モニター付ですので、来訪者を画面で確実に確認できます。ハンズフリータイプなので、家事等の作業を行いながらでも応答が可能です。また、住戸玄関前に設置のカメラ付インターホン子機にて、来訪者を画像と音声で確認することができます。また、火災感知器が作動した場合には、インターホン子機も鳴動します。
コンシェルジュサービス
管理員が共用部の各種点検・保安業務を行うとともに、コンシェルジュを兼ねたフロント業務を実施。タクシー配車や宅配便発送取次などを基本に、ハウスクリーニングやハウスメイド、ケータリングの紹介など、多彩なサービスを取り扱います。

※月~日曜日・日勤 9:00~17:00(休憩1時間)(休日:年末年始等)※各種サービス内容は状況により変更される場合があります。サービスに伴う利用料金は利用者の負担となります。

地下1階フロア概念図
防犯合わせ複層Low-Eガラス
防犯合わせ複層Low-Eガラス
地上1階・2階の西向き住戸(一部除く)には、住宅・建築物に使われている一般的な防犯ガラスと特殊金属膜をコーティングした低放射ガラス(Low-Eガラス)の間に乾燥した空気等の層を設けた複層ガラスを採用しています。Low-Eとは、低放射(Low-Emissivity)のことです。
※設置箇所についてはパンフレット(図面集)をご確認ください。
※ハンマーで割ろうとした場合、ガラスのみの窓はすぐに割られ侵入されやすくなりますが、フィルムがあることで1分程度叩き続けないと侵入できる程の穴が開かないとされています。窓からの侵入を難しくし、少しでも時間を稼ぐことで不審者を心理的にも排除します。
防犯合わせ複層ガラス
防犯合わせ複層ガラス
地上1階・2階の東向き住戸及び西向き住戸の一部窓には、住宅・建築物に使われている一般的な防犯ガラスを使用した複層ガラスを採用しています。
※中間フィルムは特殊樹脂で厚さ30ミル以上(0.76㎜)です。
※設置箇所についてはパンフレット(図面集)をご確認ください。
※ハンマーで割ろうとした場合、ガラスのみの窓はすぐに割られ侵入されやすくなりますが、フィルムがあることで1分程度叩き続けないと侵入できる程の穴が開かないとされています。窓からの侵入を難しくし、少しでも時間を稼ぐことで不審者を心理的にも排除します。
構  造
専有部内の居室の床構造(床暖房部分)
専有部内の居室の床構造(床暖房部分)
コンクリートスラブと仕上げ材の間に空間を設けた二重床となります。
※二重床システムについては、メーカー各社により、部材の材質・位置・形状・厚さ等が異なりますので予めご了承ください。また、床暖房が未設定の場合は高さ調整材及び床暖房用温水マットはありません。
専有部内の居室の天井構造
専有部内の居室の天井構造
コンクリートスラブと仕上げ材の間に空間を設けた二重天井となります。
※下げスラブ部分・屋根を除きます。
戸境壁
戸境壁
耐火性能と遮音性能を備えた認定工法です。
外壁
外壁
コンクリートの室内側には断熱材とせっこうボードを施工。外側は磁器質タイル仕上げにしています。
水廻りとの間仕切り壁
水廻りとの間仕切り壁
水廻りが居室に面する場合、片側のせっこうボードを2重貼りとしています。
ガラス
ガラス
ガラスの間に乾燥した空気の層等を設けた複層ガラスを採用しています。
専有部内のPS内の排水立管
専有部内のPS内の排水立管
排水立管には遮音材を施工しています(エアコン用ドレン管を除きます)。

※掲載の地下1階フロア概念図は、図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。

TOP

ザ・パークハウス 芦屋川

セキュリティ
三菱地所レジデンスが取り組む防犯・防災システム
「LIFE EYE’S セコムシステム」
「LIFE EYE’S セコムシステム」は、三菱地所レジデンスが、管理会社である三菱地所コミュニティ、そしてセコムとともに共同開発したセキュリティシステムです。「ザ・パークハウス 芦屋川」では設計段階からセコムの協力を得てセキュリティシステムを構築。火災等万一の災害やエレベーターの故障等の異常が発生した場合、管理室や警備会社、エレベーター管理会社に自動的に通報され、警備会社の警備員等が速やかに現場へ行き、適切に対処する体制を整えています。

SECOM

ライフアイズ/セコム・ステッカー
ご入居者には安心感を、侵入者には抑止力を与える信頼のマークです。

LIFE EYE'S セコムシステム(概念図)
開閉センサー
開閉センサー

<参考写真>

玄関ドアと窓(FIX窓を除く)に開閉センサーを設置。センサーセット中にドアや窓が開くと警報音を発し、管理室・警備会社に自動通報します。
エレベーター内監視モニター※1
エレベーター内監視モニター(1階、地下1階)

<参考写真>

1階、地下1階のエレベーターホールにはエレベーター内の防犯カメラの映像が確認できるモニターを設置しています。

※1:1階、地下1階に設置
※リース契約に基づき設置されます。

防犯カメラ
防犯カメラ

<参考写真>

敷地内の要所に防犯カメラを設置。住まう方の安心感を高めます。

※リース契約に基づき設置されます。
※録画は一定周期で重ね撮りされ、録画される画像は管理組合の所有物となります。

ハンズフリー多重セキュリティシステム
ICタグ付のハンズフリーキーを持って、センサーパネルに近づくだけで、グランドエントランス・オーナーズエントランスのオートロックドアが解錠されるセキュリティシステムです。各エントランスの解錠と連動してエレベーターが自動的に地下1階もしくは地上1階で待機、押ボタンを押して乗り込み、センサーが感知すると、地下1階、地上1階、住居階の押ボタンが登録できるようになります。万一不審者が単独で各エントランス内に侵入できても、ICタグ付のハンズフリーキーがなければエレベーターを使用できず、不審者のエントランス階以外への侵入防止対策となります。
※オートロックシステムは、そのシステムの性格上、部外者の侵入を完全に防止できるものではありません。
駐車場リングシャッター
駐車場リングシャッター

<参考写真>

駐車場には、リモコンスイッチで作動するリングシャッターを採用しています。スムーズな車の出入りの実現とセキュリティに配慮しています。
住戸内にカラーモニター付
住宅情報盤(インターホン親機)を設置
住戸内にカラーモニター付住宅情報盤(インターホン親機)

<参考写真>

グランドエントランスのオートロック解錠機能付のインターホン親機を住戸内に設置。モニター付ですので、来訪者を画面で確実に確認できます。ハンズフリータイプなので、家事等の作業を行いながらでも応答が可能です。また、住戸玄関前に設置のカメラ付インターホン子機にて、来訪者を画像と音声で確認することができます。また、火災感知器が作動した場合には、インターホン子機も鳴動します。
コンシェルジュサービス
管理員が共用部の各種点検・保安業務を行うとともに、コンシェルジュを兼ねたフロント業務を実施。タクシー配車や宅配便発送取次などを基本に、ハウスクリーニングやハウスメイド、ケータリングの紹介など、多彩なサービスを取り扱います。

※月~日曜日・日勤 9:00~17:00(休憩1時間)(休日:年末年始等)※各種サービス内容は状況により変更される場合があります。サービスに伴う利用料金は利用者の負担となります。

地下1階フロア概念図
防犯合わせ複層Low-Eガラス
防犯合わせ複層Low-Eガラス
地上1階・2階の西向き住戸(一部除く)には、住宅・建築物に使われている一般的な防犯ガラスと特殊金属膜をコーティングした低放射ガラス(Low-Eガラス)の間に乾燥した空気等の層を設けた複層ガラスを採用しています。Low-Eとは、低放射(Low-Emissivity)のことです。
※設置箇所についてはパンフレット(図面集)をご確認ください。
※ハンマーで割ろうとした場合、ガラスのみの窓はすぐに割られ侵入されやすくなりますが、フィルムがあることで1分程度叩き続けないと侵入できる程の穴が開かないとされています。窓からの侵入を難しくし、少しでも時間を稼ぐことで不審者を心理的にも排除します。
防犯合わせ複層ガラス
防犯合わせ複層ガラス
地上1階・2階の東向き住戸及び西向き住戸の一部窓には、住宅・建築物に使われている一般的な防犯ガラスを使用した複層ガラスを採用しています。
※中間フィルムは特殊樹脂で厚さ30ミル以上(0.76㎜)です。
※設置箇所についてはパンフレット(図面集)をご確認ください。
※ハンマーで割ろうとした場合、ガラスのみの窓はすぐに割られ侵入されやすくなりますが、フィルムがあることで1分程度叩き続けないと侵入できる程の穴が開かないとされています。窓からの侵入を難しくし、少しでも時間を稼ぐことで不審者を心理的にも排除します。
構  造
専有部内の居室の床構造(床暖房部分)
専有部内の居室の床構造(床暖房部分)
コンクリートスラブと仕上げ材の間に空間を設けた二重床となります。
※二重床システムについては、メーカー各社により、部材の材質・位置・形状・厚さ等が異なりますので予めご了承ください。また、床暖房が未設定の場合は高さ調整材及び床暖房用温水マットはありません。
専有部内の居室の天井構造
専有部内の居室の天井構造
コンクリートスラブと仕上げ材の間に空間を設けた二重天井となります。
※下げスラブ部分・屋根を除きます。
戸境壁
戸境壁
耐火性能と遮音性能を備えた認定工法です。
外壁
外壁
コンクリートの室内側には断熱材とせっこうボードを施工。外側は磁器質タイル仕上げにしています。
水廻りとの間仕切り壁
水廻りとの間仕切り壁
水廻りが居室に面する場合、片側のせっこうボードを2重貼りとしています。
ガラス
ガラス
ガラスの間に乾燥した空気の層等を設けた複層ガラスを採用しています。
専有部内のPS内の排水立管
専有部内のPS内の排水立管
排水立管には遮音材を施工しています(エアコン用ドレン管を除きます)。

※掲載の地下1階フロア概念図は、図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。

TOP