外観完成予想CG

建物外観完成予想CG

街の景観を創出する、モダンとオーセンティックが調和した邸宅。

水平ラインと垂直ラインを基軸としたファサードは、端正で上質な佇まいを体現。
外観では風合いのあるクレイマイスターライトタイルを使いながら、
シャープな印象のガラスと金属素材をアクセントに用いることで、
柔らかさと硬さのコントラストを美しく表現した。
また、連続する壁柱やメインとなる高木を配し、通りから奥行きをもたせることで
凛とした美しい佇まいを演出している。

  • 「ザ・パークハウス 麻布外苑西通り」では、石やガラス、金属などといった異なる素材を配しながら、美しいコントラストを描いている。触感や風合いの違いが、この建物のデザイン性を複雑に、奥深くしている。

PUBLIC SPACE

GENTLE but IMPRESSIVE

迎賓の心がありながら、確かな存在感がある。

柔らかな樹木の先に凜と佇む、端正なファサードの「ザ・パークハウス 麻布外苑西通り」。
そこから一歩、メインエントランスへと歩を進めると、ゆったりとした車寄せが、住まう方、訪れるゲストを優雅に迎え入れる。
ガラス越しに広がるエントランスホールは、天然石をふんだんに用いることで、凜とした雰囲気を醸成している。
美しい存在感を身に纏った、ここは迎賓の心を贅沢に表現した空間。

車寄せ完成予想CG

車寄せ完成予想CG

建物へ入ると、そこにあるのは奥行きのあるエントランスホール。アンゴラブラックの壁面に金箔を施したコントラストが、この空間のデザインを深めている。天然石や柔らかな雰囲気を演出する木調素材、空間に奥行きをもたせる陰影ある照明計画が重厚な雰囲気を醸しだしている。人はここで気持ちをオフへと切り換え、プライベートの奥へと誘われていく。

エントランスホール完成予想CG

エントランスホール完成予想CG

空間に深みがある。人はそこで、緩やかな時に包まれる。

1Fエレベーターホール完成予想CG

1Fエレベーターホール完成予想CG

ART

アートとともにある日常が、人生を豊かにする。

エレベーターホールを抜けた先にあるのは、自然光が溢れるパティオと一体となったプライベートラウンジ。
質の高さへのこだわりを感じさせる天然石の壁や、
柔らかな雰囲気を演出する木調のルーバーがパティオへとつながっていく。
大きなガラスの向こうにある、自然の光が降り注ぐパティオ。
緑が心地いいこの中庭には、光に浮かび上がるアートが設えられている。
壁面に飾られた赤いオブジェがこの空間を上質な気配で満たし、
優雅さに包まれながら、住まう方だけの場所で癒しの時が愉しめる。

プライベートラウンジ完成予想CG

プライベートラウンジ完成予想CG

ART WORKS

気鋭のアーティストが暮らしに贅を添える

  • 川上 喜三郎
    〈作家紹介〉川上 喜三郎 Kisaburo Kawakami

    1.Air Dance < 東京オペラシティ/ 1996 >/2.Interactive Wave < 丸の内ビルディング/ 2002 >

  • 杉本 準一郎
    〈作家紹介〉杉本 準一郎 Junichiro Sugimoto

    1.大海をゆく < ザ・パークハウス 西麻布霞町/ 2016 >/2.大きなそら豆 < ネパール イタハリ彫刻公園/ 2016 >

アートが暮らしの風景になる。

芸術・文化の発信拠点として存在感を高める六本木をはじめ、
数々のアート・スポットを散りばめたライフエリア。

1.国立新美術館(約790m・徒歩10分)/2.森美術館内観(センターアトリウム)(約980m・13分)/3.サントリー美術館(約1180m・徒歩15分)/4.21_21 DESIGN SIGHT(約1180m・徒歩15分)/5.山種美術館(約1580m・徒歩20分)/6.根津美術館(約480m・徒歩6分)

ARCHITECTURE

先進性も、落ち着きもある、深い魅力をもった印象的な邸宅。未来へと語り継がれるレジデンスを目指して。

「ザ・パークハウス 麻布外苑西通り」を西麻布にふさわしい建物とするために、設計者は何を考え、どう表現したのか。そこにある思想を、設計を担当した株式会社アーキフォルムの寺川氏に聞いてみた。

寺川一郎
〈設計・監理〉株式会社アーキフォルム 代表取締役 寺川一郎 Ichiro Terakawa
敷地配置イメージ図

西麻布の、ひとつのシンボルとなる建物。

まず現地を見て、外苑西通りの空白地帯のような場所だと思いました。
六本木や青山といった華やかな街の狭間にある、都心では数少ない、落ち着きのあるところだなと。

外苑西通り沿いにある建物の多くは、青山霊園に向かって間口が大きく取られ〈A〉、
それが街並みを形成する要因となっています。
それに倣い本計画も広い間口をもたせ、景観に馴染む設計となっています。

また、周囲に戸建てや店舗が多いのもこのあたりの特徴。
近くにはミシュランで2ッ星以上を獲得しているレストランが6つもあります。
派手ではないけど、知る人ぞ知るといった、玄人に受ける静かなインパクトがこの周辺にはある。
そんな独特な場所のシンボルとなるような建物となることを目指しました。

  • 基準階イメージ図

    〈基準階イメージ図〉

  • プライバシーを守りながらも開放感を確保。

    建物の東西には豊かな緑〈A〉があり、その緑を望める住まいにしたいと考えました。また、プライバシーをしっかりと守るために、センターコアを採用しました〈B〉。さらに、凸型の配棟〈C〉とすることで角住戸率を高めながら、2LDKでは7m以上の間口を確保して、開放感ある住まいを実現しています。

  • 細部にこだわることで、全体の美しさを高めた。

    建物の印象を高めるためにも、アプローチは重要です。そこで「ザ・パークハウス 麻布外苑西通り」では格調高い車寄せを設けました〈D〉。
    建物全体としてはオーセンティックとラグジュアリー感を美しく調和させながら、ディテールではエッジの効いたデザインが施しています。そうすることで、デザインに奥行きを生むことに成功しています。

  • プライベートの奥へ誘われる心地良さがある。

    住まいとなる部屋は全28タイプとバリエーションも豊富。角部屋が多いのも魅力のひとつです。あえてクランクさせることでプライバシー性を高めた内廊下〈E〉を歩きながら、プライベートな空間へと帰っていく。
    そのとき、ゆったりと気持ちがほどけていく感覚を愉しんでいただけます。

 

PAGE TOP

三菱地所レジデンスLINE公式アカウントQRコード