AEROTECH 空気を操る。

image photo

永く健康に暮らすために、
「エアロテック」を全住戸に採用。

「エアロテック」は、[エアコン]・[空気清浄機]・[床暖房]にあたる
空気環境設備を一つに。

「エアコン」は空気を冷やし、温める。「床暖房」は物(床)を温める。
「エアロテック」はこれらを一つで行います。初めは空気を冷やしたり、温めたためます。
その熱はコンクリートに伝わり、そしてコンクリートの箱内が温度調整の役割となります。
同時に空気清浄も行い室内の隅々まで空気環境を整えます。

体にやさしい温度

「エアロテック」は、部屋ごとで温度設定が可能です。また、部屋からの空気循環によって、洗面室や廊下などの温度も快適に。住まいのどこにいても心地よく過ごせます。

空間を美しく

各部屋にあるのはルームコントローラーと吹出口だけ。インテリアの邪魔になる室内機はありません。風の吹き出す音も静かで、快適な住空間を保ちます。

いつも清潔な空気

外気を取り入れる際、除塵フィルターが花粉や大気中のホコリなどを約97%カット。家中をクリーンな空気が循環します。

お手入れも快適

お手入れは2週間に1度、空気清浄フィルターに掃除機をかけるだけ。通常のエアコンは各機ごとに掃除が必要ですが、「エアロテック」は一箇所のお手入れで簡単です。

※定期点検は1年間無料

床置形エアロテックのシステム構成概念図

床置形エアロテックのシステム構成概念図
※写真は全て参考写真

2本の指でピンチイン・ピンチアウトし、拡大縮小してご覧ください。

「エアロテック」採用実績。

全居室冷暖房換気システム「エアロテック」は、マンションでは都心を中心に平成18年以降7棟で採用(一部住戸で採用しているマンションを含む)。これまでに培った経験と実績を基に「ザ・パークハウス 二子玉川碧の杜」では全邸で採用しています。

ザ・パークハウス グラン 南青山(平成28年8月竣工・分譲済)

ザ・パークハウス グラン 南青山
(平成28年8月竣工・分譲済)

元麻布パークハウス(平成20年9月竣工・分譲済)

元麻布パークハウス
(平成20年9月竣工・分譲済)

市谷砂土原町パークハウス(平成18年4月竣工・分譲済)
パークハウス南平台コートレジデンス(平成18年5月竣工・分譲済)
パークハウス諏訪山PRESENCE(平成20年1月竣工・分譲済)

税制優遇を受けられる「低炭素建築物認定制度」対応住宅

「低炭素建築物認定制度」とは、平成24年9月に公布され、改正省エネ基準に先駆けとして生まれた制度。低炭素建築物の認定を取得することで、CO2削減の観点で地球環境に貢献でき、さらに税制の優遇も受けることができます。マンションにおいても、より一層のCO2削減や省エネが求められる中、「ザ・パークハウス 二子玉川碧の杜」では次世代を見据えて対応しています。

※税制優遇の詳細は、国土交通省HP等をご確認ください。

低炭素建築物の新築等計画の認定

●省エネ法の省エネ基準に比べ、一次エネルギー消費量が△10%以上となること。
●その他の低炭素化に資する措置が講じられていること。