PLANNING 広さ、ゆとり、開放感。すべてに邸宅の本質を。

敷地配置図イメージイラスト

内に邸宅の心地よさ、
外に自然との一体感。

配棟計画では、一邸一邸の広さとゆとりを大切にした住戸プランニングを追求しました。また、集合住宅でありながら、プライバシーに配慮した私邸としてのデザインにも配慮。玄関アプローチの奥行きをしっかりと確保し、さらに効果的に吹抜を設けることで、自然の光と風を招き入れながら、住戸のプライバシー性を高めるプランニングを実現しています。また、周囲の穏やかな環境を感じていただくため、共用廊下をオープンな設計に。住まいの開放感を生み出し、日常的に自然を体感できるように配慮しています。

迎え、もてなし、飾る。
静かに迎賓の想いが息づく空間。

玄関アプローチ玄関アプローチ

全戸南西向き・
ワイドサッシュ採用。

玄関アプローチ玄関アプローチ

リビング・ダイニング

レジデンスのあるべき姿へと辿り着くために
導き出した邸宅設計。

平均専有面積93m²超、
ゆとりある空間設計。

古くから住み継がれた邸宅街にふさわしいレジデンスであるために、専有面積は85m²~106m²までのゆとりあるプランニングとしました。リビング・ダイニングは16畳超、洋室1はベッドを並べてレイアウトできる約8畳※1の空間を確保。ゆっくりと日々の寛ぎを深める、豊かさの本質を追求しています。

専有面積は85m²~106m²までのゆとりあるプランニングとしました。リビング・ダイニングは16畳超、洋室1は約8畳※1を確保。豊かさの本質を追求しています。

陽光を誘う、
全邸南西向きの配棟計画。

リビングでの心地よい時間、光を感じながら料理できるキッチン。陽光を豊かに招き入れる、全邸南西向きの配棟計画を実現しています。また、建物の南西側に十分な離隔を確保することで、陽射しを採り入れるように配慮。さらに、リビング・ダイニングの開口部には、開放感溢れるワイドサッシュを採用しています。

陽光を豊かに招き入れる、全邸南西向きの配棟計画を実現しています。また、建物の南西側に十分な離隔を確保し、リビング・ダイニングの開口部には、開放感溢れるワイドサッシュを採用しています。

吹抜により、
独立性を確保。

一邸一邸の私的領域をしっかりと輪郭づけるために、共用廊下に窓を設けず、吹抜を効果的に配置しました。住まいのプライバシーを守り、空間の心地よい余白となります。また、吹抜を設けることで、共用廊下側の居室や中部屋にも、プライバシーを守り爽やかな開口部を確保できます。

共用廊下に面する窓を設けず、吹抜を効果的に配置しました。住まいのプライバシーを守ります。

大型収納スペースを実現し、
居住性を向上。

永く暮らし続けるための住まいにこだわり、収納スペースを十分に確保しました。また、様々な用途に対応するために、大型のウォークインクローゼットや納戸をご用意。洗面室のリネン庫や玄関のシューズボックスも、ゆとりある空間に仕上げています。

様々な用途に対応するために、大型のウォークインクローゼットや、洗面室のリネン庫、玄関のシューズボックスなど収納スペースを確保しています。

伸びやかに広がるリビング・ダイニング、
居住性を高める大型収納を実現。

  • 開放感溢れるリビング・ダイニングは、
    用途に合わせて洋室3とも一体化が可能。
  • 2つのウォークインクローゼットに加えて、
    廊下にも収納量豊富な納戸を設置。

ROOM TYPE C

※N・Storage=納戸、WIC=ウォークインクローゼット

ROOM TYPE C