Concept Movie
コンセプトムービー

現地周辺空撮写真

府中の伝統が集う地

1,900余年の歴史を擁し、東京五社に挙げられる大國魂神社。
その参道として国唯一の天然記念物に指定された
馬場大門のケヤキ並木。
府中に住む人の生活を支えてきた「府中」駅。
神社と向き合い、ケヤキ並木に寄り添う地に
「ザ・パークハウス 府中」は生まれる。

現地周辺空撮写真

発展し続ける都市の躍動

2017年、およそ半世紀近くにわたった駅前の再開発を終え、
沿線屈指の賑わいあふれる都市へと生まれ変わった府中。
さらに、府中市役所の新庁舎建設※1を宮西町で進めるなど、
「ザ・パークハウス 府中」に暮らすことは、
発展し続ける府中の躍動を享受することでもある。

現地周辺空撮写真

「府中」駅徒歩3分 「馬場大門のケヤキ並木」徒歩1分 「大國魂神社」徒歩1分 府中の象徴が集う中枢の価値。 「府中」駅徒歩3分 「馬場大門のケヤキ並木」徒歩1分 「大國魂神社」徒歩1分 府中の象徴が集う中枢の価値。

現地周辺空撮写真

府中中枢

大國魂神社の参道として植樹された
ケヤキ並木が広がる、「府中」駅前。
1,900余年の時を重ね、受け継がれた
「伝統と自然」を残しつつ、
再開発により進化を遂げた都市の躍動を享受できる
暮らしの理想がここに息づいている。

大國魂神社(徒歩1分/約80m)

中枢の地に宿る悠久の文化。

大國魂神社(徒歩1分/約80m) 大國魂神社(徒歩1分/約80m)

詳しく見る

大國魂神社(徒歩1分/約80m)

五社最古の歴史を擁する大國魂神社。

大國魂神社の起源は111年。その歴史は、東京五社の中でもっとも古く、かつては武蔵国の守り神として祀られた。本殿両側に六所を奉祀したことから「六所宮」と称された。国府祭を由来とした「くらやみ祭り」は、東京都指定無形民俗文化財に指定される。

※東京五社・・・日枝神社、靖国神社、東京大神宮、明治神宮、大國魂神社を指し、東京都内でもっとも格式の高い神社として選出される5つの神社。

大國魂神社(徒歩1分/約80m)

大國魂神社(徒歩1分/約80m) 大國魂神社(徒歩1分/約80m)

詳しく見る

武蔵国全図(国土地理院 蔵)

関東一円を統治した武蔵国の国府に。

天皇を中心とした中央集権的国家の樹立を図った大化の改新。その統治に置かれた武蔵国は、現在の埼玉県、東京都、神奈川県に跨り、府中に国府が置かれた。国府域の中心部は、東西約2km、南北1.8kmに広がっていたとされた。

国史跡武蔵国府跡(徒歩6分/約80m)

甲州街道屈指の宿場町の賑わい。 甲州街道屈指の宿場町の賑わい。

詳しく見る

府中高札場(徒歩2分/約150m)

甲州街道屈指の宿場町の賑わい。

江戸五街道のひとつとして整備された甲州街道。1590年、家康が御殿を造営したことを機に、府中には本町・番場宿・新宿の三町から成る「府中宿」が置かれた。本陣1軒、脇本陣2軒、旅籠29軒、140軒以上の商店が軒を連ね、富裕層の社交場になっていた。

府中高札場(徒歩2分/約150m)

馬場大門のケヤキ並木(徒歩1分/約80m) 馬場大門のケヤキ並木(徒歩1分/約80m)

詳しく見る

馬場大門のケヤキ並木(源 義家像)(徒歩1分/約80m)

国名勝天然記念物指定の
馬場大門のケヤキ並木。

鎌倉時代に源頼義・義家父子が欅の苗を奉納したことが由来とされる。大國魂神社の表参道にあたり全長約500m、約150本の欅は、家康も補植を行ったと伝えられる。1924年、東京都(当時は東京府)より天然記念物に指定、現在もケヤキ並木としては唯一の国指定の天然記念物とされる。

馬場大門のケヤキ並木(徒歩1分/約80m)

ル・シーニュ(徒歩2分/約150m) ル・シーニュ(徒歩2分/約150m)

詳しく見る

ル・シーニュ(徒歩2分/約150m)

半世紀近くにおよぶ再開発の完了とその先へ。

1974年の基本計画策定より始まった「府中駅南口再開発事業」。3つの地区、約3.8ヘクタールに及ぶ開発は、1996年に第二地区「伊勢丹・フォーリス」、2005年に第三地区「くるる」、2017年の第一地区「ル・シーニュ」の開業をもって完了を迎えた。2021年度に市役所新庁舎の着工も計画され、さらに利便性が高まると期待される。

ル・シーニュ(徒歩2分/約150m)

BACK
NEXT

西暦111

西暦645

西暦1590

西暦1924

西暦2017

府中市役所新庁舎建設工事 着手

1974

1974年12月撮影/国土地理院 提供

2020

未来に向けて、
さらに進化し続ける府中の街。

さらなる利便性の向上をめざし、
府中市役所新庁舎の建設が計画。※1
完成予想CG(府中市役所提供)

完成予想CG(府中市役所提供)

完成予想CG(府中市役所提供)

完成予想CG(府中市役所提供)

新庁舎の概要

おもや

主要な庁舎機能を担います。執務空間を広くとり、来庁者が多い部署を低層階に集約配置することで、来庁者が利用しやすい庁舎とします。

はなれ

おもやの機能を補完し、市民協働を支える庁舎とします。多目的スペース、市民協働ラウンジ、図書館などを配置します。

通り庭

来庁者の動線となり、京王線府中駅とJR府中本町駅の周辺のにぎわいをつなぐとともに、イベントの会場としても利用できる空間とします。

かつて府中の街は、街道沿いに旅籠、商店、茶屋などが軒を連ね、
つねに人々が行き交い賑わいにあふれていました。
「府中」駅と「府中本町」駅をつなぐ地にある府中市役所もまた日常の通り道として、
さらなる利便性の高い施設となるため新庁舎のデザインコンセプトに「現代の宿場町」を計画しています。

現地周辺概念図

良質な地盤を形成する
武蔵野台地。

関東平野の南半分を占める強固な地盤、武蔵野台地。多摩川の流れにより堆積した砂礫層を広大な関東ローム層が覆うことで、
古くから地震に強く液状化現象が起きにくい地盤として知られてきました。
「ザ・パークハウス 府中」は、良質な地盤を形成した標高約55mの台地上に誕生します。

高低差概念図

高低差概念図

多摩川の氾濫や水害の
危険度が少ない地形。

国土地理院「東京都区部」デジタル標高地形図(平成18年3月)

国土地理院「東京都区部」デジタル標高地形図(平成18年3月)

府中市水害ハザードマップ/府中市ホームページより(2020年5月)

府中市水害ハザードマップ/府中市ホームページより(2020年5月)

「府中」駅徒歩3分 「馬場大門のケヤキ並木」徒歩1分 「大國魂神社」徒歩1分 府中の象徴が集う中枢の価値。 「府中」駅徒歩3分 「馬場大門のケヤキ並木」徒歩1分 「大國魂神社」徒歩1分 府中の象徴が集う中枢の価値。

現地周辺空撮写真