【公式】ザ・パークハウス 福岡タワーズ|福岡 ヤフオク!ドーム前・九州最大級の住宅・商業一体開発エリアに誕生する三菱地所レジデンスの新築分譲マンション

ザ・パークハウス 福岡タワーズ

一生ものに、住む。ザ・パークハウス 暮らしに、いつも新しいよろこびを。三菱地所レジデンス

ザ・パークハウス福岡タワーズ

沿道の並木から中庭まで緑地に囲まれる住空間。

隣接する「MARK IS 福岡ももち」(2018年11月21日開業)と一体となった緑化空間の創出に取り組んでおり、三菱地所グループとして生物多様性にも配慮した街づくりを目指しています。潮風に強い九州原産の樹種を採用し、敷地全体を緑で包みこみ、敷地内は落ち着きのある憩いの場となるよう季節の移ろいを感じる樹木が彩ります。

植 栽 計 画

装う緑

  • Mark is 福岡ももち 外周完成予想CG

  • クスノキ

  • タブノキ

  • ナナミノキ

クスノキ、タブノキ、ナナミノキなどの常緑樹が外周を囲う。商業施設と連続した並木道となり、敷地全体を温かく包みこみます。

彩る緑

  • エントランスプロムナード完成予想CG

  • サラサモクレン

  • イロハモミジ

  • オオシマザクラ

  • シマサルスベリ

  • オウゴンメタセコイア

ゲートを抜けたアプローチでは、3月頃に花を咲かせるサラサモクレンの並木がお出迎えします。桜や紅葉などの季節を感じる樹木がエントランスやガーデンに配され、住民や訪れる方の憩いの場となります。

敷 地 配 置 計 画

敷地配置図CG

  • 01エントランス プロムナード
  • 02グランドエントランス
  • 03タワーズガーデン
  • 04グランドロビー
  • 05コミュニティルーム
  • 06WESTラウンジ EASTラウンジ
  • 07車寄せ
  • 08自走式立体駐車場

大型商業施設と一体感のある構成ですが、住居エリアとしての独立性も兼ね備えています。豊かな植栽で包み込んだ敷地に、開口部が極力正対しないようプライバシーに配慮してWESTとEASTをレイアウト。2棟の間に住民同士の交流の場にもなる共用棟を設けました。

街の中で、ザ・パークハウスにできること。

※掲載の概念図は、当社の生物多様性保全への取り組みにおける考え方を示したものであり、取り組みの内容は物件により異なります。

※本マップはイメージであり、実在する地域や実際の建物ではありません。
また、実際に特定の生物が生息および飛来すること等を保証するものではありません。

マンションに周辺の緑地や街の緑をつなぐ緑化空間の創造を。

三菱地所レジデンスによる生物多様性保全の取り組み「BIO NET INITIATIVE(ビオ ネット イニシアチブ)」。
点であるマンション単体から、植物や生物の中継地としての役割を果たし、面としてのいのちをつなぐ街に発展していくことを目指します。その取り組みに対して2015年度にグッドデザイン賞を受章。2018年2月時点で130物件を超える国内分譲マンションに導入しています。

タワーでは九州初の「ABINC認証」取得。

「ザ・パークハウス 福岡タワーズ」は、生物多様性保全の取り組みにより、一般社団法人いきもの共生事業推進協議会による「いきもの共生事業所Ⓡ認証(通称:ABINC)[集合住宅版]」を2017年度に取得しています。

※いきもの共生事業所ⓇはJBIBの登録商標です。

来場予約はこちら
資料請求はこちら