ポートレートモード(縦置き)表示でご覧ください。

分とく山(徒歩11分/約850m)

LIFE STYLE

心から満たされる日々。

都心の今に通じながら、
時に都心を忘れさせる街へ。

トレンドを捉えた生活文化が、
都心の今を感じさせる。
潤い豊かな自然や洗練されたもてなしが、
都心にいることを忘れさせる。
渋谷区広尾。心からの充足をこの街で。

有栖川宮記念公園

有栖川宮記念公園(徒歩6分/約440m)

清々しい緑の潤いと、
成熟した文化の彩りと。

有栖川宮記念公園と共にある日常は、
広尾が誇る豊かさの一つ。
また、街の西側には美術館通りが延び、
上質な芸術文化にも触れられる。

山種美術館
山種美術館

山種美術館
(徒歩13分/約980m)

進化する渋谷を間近に、
穏やかな時を紡ぐ邸宅地。

再開発が続く渋谷も日常の生活フィールド。
それでいて計画地の周辺には、
変わらぬ安らぎや緑をはじめとする
邸宅地としての資質が受け継がれている。

エリア概念図

エリア概念図

現地周辺の街並み

現地周辺の街並み(徒歩1分/約60m)

インターナショナルで
アカデミックな気風。

大使館が数多く立地する広尾および麻布エリアは、外国人向けのスーパーマーケットやレストランなど、古くからインターナショナルな生活文化が花開いた地。
また、周辺は聖心女子大学や慶應幼稚舎など学校も多く、健やかな知性を育むアカデミックな空気が街の特長となっている。

グルメに愛される名店を、
日常使いする贅沢。

広尾の周辺には、都心のグルメに支持される
多様なジャンルの飲食店や製菓店が充実。
海外の本場の味から日本が誇る旬の味まで、
こだわりぬいた逸品が上質な時を演出してくれる。

  • アルノー・ラエール パリ 広尾(徒歩3分/約190m)

    モンマルトルなど、パリに3店舗展開する⼈気パティスリーの⽇本⼀号店。実⼒派のパティシエ・ショコラティエであるアルノー・ラエール⽒がつくるのは、伝統的でありながらアイデアに満ちたものばかり。パリジャンを魅了してきたケーキやショコラを求め、連⽇多くの⼈が訪れます。

    [所在地] 渋⾕区広尾5-19-9 [電話番号] 03-5422-7988
    [営業時間] 11:00〜20:00 [定休日] ⽕

  • 鮨在(徒歩3分/約190m)

    江⼾前の伝統を受け継ぎながら、⾰新し続けるここでしか味わえない寿司。粋を集めた和の空間は⼼地よく、芸術的ともいえる握りとワインのペアリングを、ゆっくりと楽しめます。店内には最⼤6⼈で利⽤できる個室カウンターもあり、さまざまなシチュエーションで利⽤できるお店です。

    [所在地] 渋⾕区広尾5-3-13 Barbizon86 5F 
    [電話番号] 03-3446-1134
    [営業時間]
    17:30〜19:30/20:00〜22:00|⼟17:00〜19:00 19:30〜21:30
    ※⼟のみランチ営業あり(12:00〜) ※日曜を中⼼に⽉8⽇休みあり

  • ラ・ビスボッチャ(徒歩10分/約750m)

    広々として開放的な店内は、カジュアルに、そして気兼ねなく⾷事を楽しめる本場さながらのリストランテ。メインダイニングのグリルで焼かれるフィレンツェ⾵炭⽕焼きなど、厳選した素材の味を活かした、豪快でシンプルな料理が⼈気です。イタリア産のワイン⽚⼿に、⼤切な⼈との特別な時間をどうぞ。

    [所在地] 渋⾕区恵⽐寿2-36-13 広尾MTRビル1F 
    [電話番号] 03-3449-1470
    [営業時間] 17:30〜23:00(L.O.21:30)|祝17:30〜21:30(L.O.20:00) 
    [定休日] ⽇

S p e c i a l   I n t e r v i e w

分とく山(徒歩11分/約850m)

分とく山(徒歩11分/約850m)

「分とく山」店主 野﨑洋光氏が語る 広尾の真髄

  • この街の「地域性」

    1989年に店を開き、自分自身も住んでみて感じるのは、この街が決して華美ではない世界観や価値観を持っているということ。かざらないって言ったらいいのかな。やっぱり「銀座」ではそういうわけにはいかないじゃないですか。もちろん「表参道」とも違う。他の街にはない独特の品格を感じますよね。

  • この地域に期待すること

    私が広尾に来た40年ほど前、この辺はまだ下町という雰囲気が強い街でした。銭湯に豆腐屋、履物屋。布団屋に立ち食いの蕎麦屋。さすがに今は当時のままではないけれど、六本木や渋谷に比べたら、広尾は良い意味で変わらなかった。洗練されていながらもどこか庶民的な空気が、この先も残っていくと嬉しいですね。

  • 「広尾」の街の魅力

    「広尾」は、他所から戻ってきた時にすごくホッとする街です。住まいとするならこういう街なんだろうなと思います。それと、街並が非常に洗練されていますよね。緑も多くて、公園もきれいに整備されている。わたしは歩くのが好きで、早朝散歩をしているのですが、「広尾」の朝の静寂は本当に格別のものがあります。

  • 提供写真

  • 提供写真

分とく山

分とく山(徒歩11分/約850m)

野﨑洋光氏が総料理長を務める日本料理店。創業以来変わらない15,000円のコース料理をメインに、数々の食通を魅了してきた。料理において最も大切にしているのは「食材を超えない」こと。常に原点を意識し、素材を素直に生かしながら、また通いたくなる味を提供し続けている。

[所在地] 東京都 港区南麻布5-1-5 [電話番号] 03-5789-3838 
[営業時間] 17:00〜22:30(L.O.21:00) [定休日] 日、年末年始

※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80mを1分として算出し、端数は切り上げております。所要時間はルートや交通事情により異なります。

※掲載の情報は2022年7月調査時点のものです。

※掲載の環境写真は2022年5月に撮影したものです。