POSITION

image photo

JR京浜東北線「川口」駅東口へ徒歩4分。
出逢ったのは、華やかな都市の賑わいに寄り添う、開放と平穏の地。

川口市の発展の象徴ともいえる「川口駅東口」エリアに寄り添う穏やかな一角。洗練を愉しみ、利便を享受し、開放に包まれて暮らすレジデンスの真価の追求は、この地との出逢いからはじまりました。

航空写真

航空写真

東京に隣接する拠点都市の一つとして今なお発展を続ける川口市。
高層ビルが描く近代的な都市景観が物語る洗練と利便。

埼玉県の中でも東京都に隣接する最前席の一つとして、都市の近代化を進めてきた川口市。JR京浜東北線「川口」駅に降りると、都心のどこかの街並みを見るような都市性に圧倒されます。そうした都市としての成熟を持ちながら、さらなる再開発などを予定し進化を続ける。常に新しい未来を求める姿勢が、人を惹きつけてやまないこの街の大きな魅力といえます。

現地周辺鳥瞰イメージイラスト 現地周辺鳥瞰イメージイラスト [現地周辺鳥瞰イメージイラスト]

多彩な商業施設と整然とした美しい街並み。
川口市の発展を余すことなく享受する「川口駅東口」エリア。

「そごう川口店」や「かわぐちキャスティ」をはじめ、公共施設なども入る「川口キュポ・ラ」などの各大型施設が整い、カフェやレストラン、ショップなど様々な店舗が華やぎを添える「川口駅東口」エリア。川口市に住まう歓びを集約したこのエリアを自在にする。それがこのレジデンスに住まうことの、大きな価値のひとつです。

外観完成予想CG(夜景眺望) 外観完成予想CG(夜景眺望)

駅前エリアへとつながる、明るく歩きやすいアプローチ。
駅徒歩4分の間に、多彩な生活利便施設が揃う快適。

駅前のペデストリアンデッキへと続く、明るく整った道を通って徒歩4分のJR京浜東北線「川口」駅東口へのアプローチ。動線上には、「キュポ・ラ」もあり、「マルエツ川口キュポラ店」や「川口駅前行政センター」、「キュポ・ラ広場」など複合施設の利便が享受できます。

※正式名称は「川口駅東口公共広場」

暮らしやすく進化する、
川口市の魅力。

宿場町、鋳物の街から洗練のまちへ。
新しい都市の姿を描く川口市。

古くから交通利便を確立し、産業の発展を続けてきた川口市。この街は、かつて農業が営まれた豊穣の地であり、「日光御成道」の宿場町として栄えた江戸時代からは鋳物や植木、織物などの産業が盛んとなり、街の姿も近代産業都市へと大きく進化していきました。こうして常に変貌を遂げてきた川口市は、今でも様々な再開発・整備事業が進行中。次の世代の暮らしを見据えて、未来が愉しみになる街づくりが行われています。

「川口」駅東口

「川口」駅東口(徒歩4分/約320m) ※2018年5月撮影

5年連続で公示地価が上昇。人口も増加し、
多くの人からも選ばれる中核都市へ。

2017年に川口市の人口は60万人を突破。2018年4月からは中核都市になりました。中核都市とは、人口20万人以上の都市が指定を受けられるもので、県が行う事務の一部を移譲される制度です。これにより行政サービスが市民に近しいものとなり、さらなる暮らしやすさに期待が高まります。それとともに川口市の公示地価は5年連続で上昇。川口市は、今も多くの方々を惹きつけ、成長を続けています。

川口駅前の公示地価推移

※標準地:川口5-6の推移を参照しています。 ※出典:国土交通省「標準地・基準地検索システム」掲載データ(国土交通省のホームページ)

埼玉県内
リセールバリューランキング

※2006年1月〜2008年12月に新規分譲され、2017年1月〜2017年12月に中古で売買されたマンションを対象に新築価格からの価格維持率(リセールバリュー)を算出 ※専有面積30㎡未満の住戸および事務所・店舗用ユニット、また、供給戸数・中古流通件数が一定以上でない駅は対象から除外して集計
※出典:資産価値が落ちない街2018(SUUMO)

川口市人口増加グラフ

※川口市ホームページより(2018年4月1日時点)