ポートレートモード(縦置き)表示でご覧ください。

現地周辺空撮写真

EXPERT EYE

現地周辺空撮写真

専門家が紐解く、
コンパクト住戸の魅力。

住宅評論家・
住宅コンサルタント 
井口克美氏

住まいる総合研究所代表理事。宅地建物取引士・住宅建築コーディネーター・ファイナンシャルプランナー(AFP)・住宅購入セミナーや執筆活動など積極的に活動中。

マーケットに見るコンパクト住戸

東京都の約50%は単独世帯。
コンパクト住戸の需要は更に高まる

近年、コンパクト住戸の需要が高まっているが、それは時代の流れといえる。
2020年の国勢調査によると、全国の単独世帯の割合は38.1%で、年々増加傾向にある。特に東京都は50.26%と割合が多く[表1]、前回調査よりも14.6%も増加しているのだ。

[表1]2020年 国勢調査 東京都 一般世帯の家族類型別構成比(※1) [表1]2020年 国勢調査 東京都 一般世帯の家族類型別構成比(※1)

もはや、東京都は単独世帯が中心の街といっても過言ではないだろう。

都心に単独世帯が多いのは、オフィスや商業施設などの働く場所が多いこともあるが、生活利便性が高く、都市機能を日常的に使いこなすことで、時間効率の良い暮らしができるからである。

通勤が快適なだけでなく、仕事帰りや時間があるときに、買い物をしたり、映画を見たり、レストランで食事を楽しんだり、習い事やスポーツクラブに行くことも可能。

日常生活を豊かにする機能が集積する都心は、単独世帯にとって、とても魅力的な場所なのである。

しかし、魅力的であるがゆえ、都心のマンション価格は高水準で推移し、資金面での購入ハードルは高くなっている。そこで需要が高まっているのが、コンパクト住戸である。

住戸の専有面積を抑えることで、マンション価格だけでなく、管理費等もおさえることができるので、都心のマンション購入がしやすくなるからだ。
今後も単独世帯は増加し、都心部は開発が進むことで魅力的になっていくので、コンパクト住戸の需要はさらに高まっていくと考えられる。

現地周辺航空写真

現地周辺航空写真

コンパクト住戸の契約者の割合は
年々増加している

コンパクト住戸の需要が増加しているのは、契約者データからも読み取れる。新築マンション契約者動向調査[表2]によると、シングル購入者の割合は年々増加し、2017年の9.9%から、2020年には14.4%に増加している。

[表2]2020年首都圏新築マンション契約者動向調査(リクルート調べ) [表2]2020年首都圏新築マンション契約者動向調査(リクルート調べ)

また、40m2未満のコンパクト住戸の購入者の割合も増加傾向にあり、2017年の4.5%から2020年には7.6%に増加している。

コンパクト住戸が都心のマンション購入を可能にしているとも言えるので、コンパクト住戸の供給の増加とともに、単独世帯やコンパクト住戸の契約者の割合は今後も増加していくと考えられる。

注目のデザイン&間取り

RESIDENCE

pick up PLAN居住性の高さと機能性に富んだ、
コンパクト住戸に注目

家具配置例
C type
1DK+SIC32.53㎡
(※戸別宅配ボックス0.50㎡を含む)
バルコニー面積:5.13㎡
C type
リビング・ダイニング・キッチン(1LDKコンセプトルーム) リビング・ダイニング・キッチン(1LDKコンセプトルーム)
コンパクトでありながら快適なプラン

「C type」はコンパクト住戸であるが、シューズインクローゼットなど、収納が充実。
ディスポーザーと食洗機が標準仕様になっているので、生ゴミが減り、食器を洗う時間が短縮できるのが嬉しい。

ダイニング・キッチンの壁面にはカウンターが設置されているので、テレビやオーディオなどを置くスペースが確保され、上部には収納の戸棚が付いている。

ダイニング・キッチンに隣接する洋室は引き戸を採用しており、ダイニング・キッチンと連続した広々とした空間として利用したり、独立した部屋として利用したりと、臨機応変に対応できるのでとても便利だ。
可変性の高さが生活バリエーションを増やしてくれる。

また、住戸の前に戸別宅配ボックスが設置されているので、重い荷物の時にはとても助かる。
マンションインターホンとスマートフォンとの連携で開錠できるので、不在時でも荷物の受け取りができる。
これは単独世帯にとってはとても嬉しい設備だ。

エントリー者様限定ページ

エントリーがお済みでない方はこちらから。

※1:東京都ホームページ「東京都の統計」
※現地周辺航空写真/2021年7月に撮影したものにCG加工を施したもので、実際とは多少異なります。現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。※掲載の室内写真は、ザ・パークハウス 麹町レジデンス コンセプトルーム(D type/基本プラン/カラーセレクト:ホワイトヒッコリー)を2021年10月に撮影したもので、有償のビルトインオプション・ドレスアップオプション・個別設計変更を含みます。メニュープラン・カラーセレクト・各種オプション・個別設計変更等のお申し込みには期限がございます。なお、モデルルームの家具、カーテン、調度品、装飾用小物、植栽等は販売価格に含まれておりません。コンセプトルームはL type/MENU PLAN2の一部(リビング・ダイニング、洋室3、洗面室、浴室等)とD type/基本プランのリビング・ダイニング・キッチンを反転した間取りの2つを制作しています。