【公式】ザ・パークハウス 目黒本町│東急目黒線・急行停車駅「武蔵小山」駅西口徒歩5分│三菱地所レジデンスの新築分譲マンション

ザ・パークハウス 目黒本町
一生ものに、住む。ザ・パークハウス いつも新しいよろこびを。三菱地所レジデンス
Special interview

Special interview

目黒本町5丁目に誕生する
「ザ・パークハウス 目黒本町」に込められた想いを、
設計家とディベロッパーの担当者が語りました。

目黒区アドレスならではの
邸宅感を大切にした住まいを。

進化を遂げる武蔵小山を最寄り駅とし、
駅近ながら目黒区アドレスの住宅地に誕生する「ザ・パークハウス 目黒本町」。
本プロジェクトで建物の設計・監理を手がける(株)IAO竹田設計 濱中伸吾氏と、
開発および推進してきた三菱地所レジデンス(株)パートーナー事業部の出澤佑衣氏、
同じく商品企画部の小西亜実氏が本プロジェクトへの想い、本物件の魅力を語りました。

設計・デザイン
設計・デザイン

株式会社IAO竹田設計

濱中 伸吾

計画担当
計画担当

三菱地所レジデンス株式会社
パートーナー事業部

出澤 佑衣

商品企画担当
商品企画担当

三菱地所レジデンス株式会社
商品企画部

小西 亜実

活気のある便利な駅前と、大小の公園が点在する潤いを、共に享受できる環境です。
小西 亜実

環境性

活気のある便利な駅前と、大小の公園が
点在する潤いを、共に享受できる環境です。

濱中初めてこちらを訪れた時に思ったのは、駅前は賑やかで派手、本プロジェクトの辺りは閑静な住宅街という印象でした。その後に調査していく過程で、現地は落ち着きがあり、お洒落なお店も点在していることが確認できました。

小西その通りで、再開発が進むエリアは街の様相が劇的に変わっていくのに、こちらは住宅街としての閑静さが守られているのが魅力ですね。

出澤物件周辺には武蔵小山商店街パルムや平和通り商店街があり、活気があって便利ですが、それだけでなく林試の森公園など、大小の公園が周辺に点在していて暮らしよい場所かなと。周辺環境に恵まれているので、一度、住んだら離れられないという地元の方の声をよく伺いますね。

  • 武蔵小山商店街パルム
    武蔵小山商店街パルム(約320m・徒歩4分)
  • 林試の森
    林試の森公園(約550m・徒歩7分)
外観完成予想CG
外観完成予想CG

プロジェクト思想

暮らしの質にも、建物の質にもこだわった、
「手の届く贅沢」を住まいに具現化しました。

小西 武蔵小山は駅の東側は再開発計画が目白押しで、新しく整備された街として生まれ変わりつつあり、タワーなどの新築分譲マンションも建設中です。一方、本プロジェクトのある駅の西側は住宅地としての閑静さがあるエリアです。この立地だからこそタワーマンションとは違った、目黒区アドレスならではの気品と落ち着きのある邸宅感を大切にしたいと思いました。

出澤元々、ここには大きな商店街があり、交通利便性も良いので、周囲の地域の人が集まってくる便利な環境があります。住まいとしてそれだけでも十分に贅沢と思いますが、「ザ・パークハウス 目黒本町」では暮らしの質にも、建物の質にもこだわった、「手の届く贅沢」を具現化しています。

出澤 佑衣
濱中 伸吾

建築・設計

スタイリッシュで繊細さを表現した
外観デザインは細部にまで工夫を凝らしています。

濱中縦ラインの強調によるスタイリッシュなデザインの外観は、黒いフレームを採用するなどして、バルコニーや窓が集まる妻側に統一感を持たせました。外観タイルは繊細さを表現するため細く見えるように目地のデザインを施すなど細部にまで工夫を凝らし、繊細なデザインを心がけました。また、エントランスのデザインウォールは、厚みや凹凸、表面の仕上げを変えた石をランダム貼りにしてアイキャッチにしています。夜になると光の陰影が楽しめ、エントランス上部の格子から漏れる照明は帰ってくる人を優しく迎え入れます。また、エントランスホールについては、都心では得難い豊かな緑をしっかりと見てもらえるように大開口のガラスウォールを計画。天井が特徴的で「アール」状になっており、家具も丸みのあるアールデザインのものを採用しています。

外観完成予想CG
外観完成予想CG
濱中 伸吾 デザインウォールイメージイラスト
デザインウォールイメージイラスト

共用・専有空間

アートのあるエントランスホールは、
ホテルライクなラグジュアリー感を醸し出します。

小西全体としてバランスの良いランドプランになっています。共有エントランスは巧みにクランクさせて奥行き感を表現。デザインウォールを設けて、美しくグレード感のあるアプローチとしています。ホール空間を彩る現代的なオブジェの作家として山上れいさんを起用。曲線を使った女性らしい作品が多く、ザ・ペニンシュラにも展示されている方で、アートのあるホール空間がホテルライクなラグジュアリー感を醸し出します。また、植栽についてはエントランスホールを豊かな緑で囲むように多種多彩な樹木を配置。年間を通して緑がある常緑樹をベースに、前面に四季折々に変化する落葉樹を置いて、季節ごとの豊かな表情を創り出しています。梅雨明けから初秋までの長い期間に渡って花を楽しむことができるサルスベリが特徴的ですね。

出澤共有部では物件東側に地域用防災備蓄倉庫を設置して、皆様に安心していただけるように配慮しています。専有部ではライフスタイルを考えて採用した住戸前宅配ボックスとIoT。時間短縮が最大の魅力で、共有の宅配ボックスから荷物を運んでくる手間を省き、給湯や空調が外出先からでも操作できるなど、先進技術によって快適な暮らしをサポートします。住めば住むほど、知れば知るほど、好きになってもらえる住まいです。ぜひ、モデルルームに来ていただいて、細部にまでこだわった結晶をご確認ください。

ラウンジ完成予想CG
エントランスホール完成予想CG
アートのあるエントランスホールは、ホテルライクなラグジュアリー感を醸し出します。

どうぞ、私たちがこだわりを持って
計画した住まいをモデルルームで
ご確認ください。

20201上旬エントリー者優先事前案内会開催予定

※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。
※個別の記載がない限り、掲載の写真は2019年8月に撮影されたものです。
※表示距離は現地からの地図上の概算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
※掲載のイメージイラストの色合い等は、モニター表示のため実際とは多少異なります。また、採用素材は施工上の都合により変更になる場合があります。