贅のシンカ

誇らかを、変えていく。

ここに住むひとをどこまでも
快い時の流れにとき放つ、住まい。

ザ・パークハウス 三田ガーデン。
私たちが極め尽くしたいのは、
この都心だからかなえられる、
まだ誰も知らない贅のシンカです。

THE GARDEN MUSEUM
00 / 04

コンセプトイメージ(Photography by 浅井美紀)

光の贅

光る、陰る、
輝きと煌めきと陰影の贅。

あふれる陽光こそ、
住まいに最も欠かせない快い日々の証し。

そのうえで、それぞれの季節に寄りそうような
豊かに映ろう光彩の移ろいが、
豊かな植栽とともにここでの景色を彩ります。

さらに、夜明け前から、日中、黄昏れ時、夜更けまで、
時の流れに呼応した光の階調により、
同じ景色をさまざまな印象で楽しませてくれます。

輝きと煌めきと陰影のなかに
ここだけの光の贅が織り込まれているのです。

THE GARDEN MUSEUM
01 / 04

image photo

音の贅

耳を澄ます、心を澄ます、
さざめきの贅。

都心とは思えない深閑とした静かさ。
都市の喧噪もここには届かない、
そんな静寂こそ、
なによりの贅沢のひとつに違いありません。

しかも、窓を開け、耳を澄ませば、
微かに聞こえてくる木々の枝葉のさざめき。
そして、ラウンジの奥から流れ響いてくる
水音のグラデーション。

移ろう多彩な響きも、
ここで味わう音の贅の饗宴のひとつです。

THE GARDEN MUSEUM
02 / 04

image photo

香の贅

薫る、匂う、
香しく芳醇なる馨りの贅。

自分だけのお気に入りの香りを探す、
そんな愉しみも、ここで暮らす日々の贅のひとつです。
花の香り、つぼみの香り、樹木の香り。
ガーデンからラウンジまで、
それぞれの場所に流れる、それぞれの薫りは、
季節の流れとともにゆらぎ移ろう、
芳香といういままで味わい難かった贅。

時の流れや、視線の向こうに広がる風景を
さらに奥行き深く演出してくれる
そんな香りの贅も日々の愉しみのひとつです。

THE GARDEN MUSEUM
03 / 04

image photo

くつろぎの贅

快く、解き放たれる、
息を抜く贅。

いそがしい都心の住人にとって、
なにもしないという時間ほど、
かけがえのない贅沢はありません。

空っぽな時間のなかに、
無限や永遠にもつづくような
どこまでも解き放たれた心の贅が息づきます。

くつろぎの本質を求めたとき、
そこに在るのはどこまでも上質な空白。
こんな時間と場所と空間を求めていた。
そんな時間と場所と空間がここに在ります。

THE GARDEN MUSEUM
04 / 04

image photo

一生ものに、住む