LAND PLAN

外観完成予想CG

都心、港区に広がる
5,000㎡超の敷地を、
緑で贅沢に活かした総戸数266戸のランドスケープ。

豪華であることや、誇示するためではなく、そこに住まうひとの心を解き放つための、快適さを追求したランドスケープ、そして建物設計。都心港区、5,000㎡超の広大な敷地でありながら、約50パーセントの空地率※を贅沢に活かした空間設計。総戸数266戸という大規模レジデンス&タワーでかなえる、ゆとりあふれる、広さと開放感と快適さの贅沢です。※空地率=(敷地面積-建築面積)÷敷地面積×100

外観(遠景)完成予想CG
敷地配置イラスト

The Garden Museum

ラウンジ棟(近景)完成予想CG

植栽計画

周辺環境との緑の連鎖、「BIO NET INITIATIVE」をテーマに
樹林性鳥類たちの生息さえも考慮しています。

周辺環境とともに豊かな緑を抱く「ザ・パークハウス 三田ガーデン」。
有栖川記念公園から愛宕神社、高輪東禅寺へとつづく緑の杜の連鎖は、樹林性鳥類を育むかけがえのない生息地としても貴重な存在です。
豊かな自然環境の一部になることも、ここに住まう贅沢のひとつです。

image photo
アジサイ
image photo
イロハモミジ
image photo
トサミズキ
image photo
シャリンバイ
image photo
シラカシ
image photo
セイヨウシャクナゲ

all image photo

居心地の良さと、
自分だけの居場所。
わが家にサードプレイスを
持つという贅沢。

贅沢な時の流れを演出する、ガーデンサロン。

なにかをしにいく場所であるとともに、なにもしない時間を満喫できる場所でもあること。
そのためのガーデンサロンは、室内空間という制約から解き放たれた、空間の創造をかなえます。
水の流れ、光の流れ、時の流れという快いゆらぎと、日本の四季を「二十四節気」、「七十二候」という歳時記での表現が、
贅沢な空間を創造します。

ガーデンサロン(屋内)完成予想CG

parkERs by Aoyama Flower Market

Aoyama Flower Marketをはじめ、花と緑に囲まれた心ゆたかな生活を創造する(株)パーク・コーポレーションの、「空間デザイン事業」を担うparkERs。「日常に公園のここちよさを。」というブランドコンセプトを掲げ、植物と人が共に育ち、心地よく感じる空間プロデュースを展開しています。しかも、デザインや設計・施工に止まらず、室内でありながら植物を「育てるメンテナンス」を提供。

空間デザイン
Eiji Shiromoto
プランツコーディネート
Emi Kodama
parkERs オフィス(提供写真)

感性を快く刺激する、
贅沢な日常のために。

なにげない移動のなかでさりげなく心癒やすアート作品。

緑の庭園にたたずむ美術館のような建築に相応しく、随所に飾られたアート作品。
その一点一点が唯一無二の芸術として、住まいという日常のなかにミュージアムの静謐である気配を漂わせます。
共用内廊下では、アートの存在が美術館のような心地よい錯覚に誘い、植栽により添うように飾られたアートが、
特別なガーデンミュージアムに仕立てます。

ガーデンエントランスホール(正面)完成予想CG

厳選された作品を採用する、
アートコンペ。

すべてのアートは、オープンコンペによって選ばれた作品のみを採用。
ひとの心を動かす作品のみが放つ、個性と魅力と輝きに重きを置くためにアートコンペという、作品選択プロセスを採用します。
作り手の名前や肩書きに頼らず、あくまでその作品そのものが、
自らひとの感動を呼ぶものであると思われるものを厳選するための試みです。