L O C A T I O N

名古屋伏見 / 暮らす都心名古屋城の城下町として400年以上都心であり続ける「伏見」。
伝統・文化と歴史の情緒を宿し、美しい緑彩に包まれたこの地は、
暮らしの喜びに溢れる都心へ進化を続ける。

空撮写真

名古屋城の城下町として
400年以上都心であり続ける「伏見」。
伝統・文化と歴史の情緒を宿し、
美しい緑彩に包まれたこの地は、
暮らしの喜びに溢れる
都心へ進化を続ける。

伝統・文化と歴史の情緒を宿す、
暮らしの都心「伏見」。

名古屋城の城下町として、400年以上都心であり続ける伏見エリア。
江戸期に現在の「広小路通」が生まれたことで当時より人々の活気を集め、
明治期には名古屋駅と栄地区を結ぶ市電、大正期には日本初の街灯が設置されました。
近年は、納屋橋周辺に新しく大型複合施設が誕生する等、
今日に至るまで常に賑わいの中心地として発展してきました。
これにより、伏見には貴重な建築の文化財や、御園座などの文化拠点が築かれ、
暮らしの情緒を宿す、伝統と文化がこの地に根付いています。

狭域概念図イラスト
左右にスライドしてご覧ください
創業当時の御園座

名古屋の財界有志が生んだ
文化劇場施設「御園座」。
2018年、新たな拠点として進化を遂げる。

1895年(明治28年)に名古屋の財界有志によって創立された御園座は、約120年余りに渡って東海エリアの文化を彩ってきました。2018年4月1日、建築家・隈研吾氏の監修によって新しく生まれ変わった御園座は歌舞伎、演劇、ミュージカルなどの話題作を催し、客席数1,298席の劇場として、新しい名古屋の文化を牽引します。

御園座(徒歩8分/約610m)
御園座(徒歩8分/約610m)
名古屋観光ホテル
名古屋観光ホテル(徒歩3分/約240m)

老舗のホテルが近く、
レストラン、バーなど普段使いに
利用できるのもこの立地だからこそ

長い歴史と伝統を誇り、フランス料理、日本料理、中国料理など、一流の味を堪能できる「名古屋観光ホテル」。また、広小路伏見に位置するランドマーク的存在の「ヒルトン名古屋」は、フィットネスジムやプールの他、様々なグルメイベントも楽しめる人気スポット。この格式ある2つのホテルを、普段使いで楽しむことのできる生活拠点です。

image photo
image photo
下園公園(徒歩2分/約140m)

水と緑の輝きが織りなす、
美しい都心の暮らし。

名古屋城の築城のための資材を運搬する水路として開削されたと言われる堀川。近年、この都心に流れる堀川の水辺の価値は注目を集めており、特に納屋橋周辺では大型複合施設の誕生やこだわりのグルメ・ショップなど、水辺の環境を活かした施設、文化が相次いで生まれています。また、広小路通、錦通、桜通に輝く並木や、都心のオアシスとして憩いを育む下園公園など、伏見エリアには美しい都心の暮らしを形成する水と緑が心地良くデザインされています。

  • 納屋橋(徒歩6分/約470m)
  • 納屋橋より堀川を望む(徒歩6分/約470m)

伏見近辺に築かれた
西洋文化の情緒薫る歴史的建造物が、
新たな名店として現代を彩る。

THE CONDER HOUSE

ザ・コンダーハウス(旧・名古屋銀行本店)

1926年(昭和元年)に誕生し、街の繁栄の中核を担った建物が、時を経て人々の集う美しき社交場として蘇りました。レストラン&バー、ウェディングパーティが叶うゲストハウスなど新しいカルチャーが生まれる舞台として、ゲストの皆様を温かくおもてなしいたします。

住所 名古屋市中区錦2-20-25(約800m / 徒歩10分)
Siam Garden

Siam Garden

サイアムガーデン(旧・加藤商会ビル)

1931年(昭和6年)に、貿易商の本社ビルとして誕生した「旧加藤商会ビル」。古くはタイの領事館もおかれていたこの美しい洋館に生まれたのがタイ料理レストラン「サイアムガーデン」。暖かな気候が育てる豊かな食材の数々に、多彩なハーブとスパイスを用いた、「おもてなしのタイ料理」を、歴史ある空間で心ゆくまでお楽しみいただけます。

住所 名古屋市中区錦1-15-17 旧加藤商会ビル1F(約470m / 徒歩6分)
THE CONDER HOUSE
伏見エリア概念図
伏見エリア概念図

※空撮写真は2019年1月に撮影したものです。

※表示の距離は現地から地図上の概算です。

※徒歩分数は1分=80mで算出(端数切り上げ)しております。

※掲載の写真(御園座の創業当時は除く)は2019年1月に撮影したものです。

※掲載の情報は2018年12月の情報となります。

  • グッドデザイン賞
  • The Parkhouse Instagram Gallery
  • 三菱地所レジデンス公式SNSアカウント
  • ザ・パークハウス スペシャルムービー