杜のヴィラ

都立石神井公園(約1,210m/徒歩16分)

LANDSCAPE

水と緑に潤う
石神井公園の街のなかでも、
おもわず背伸びをしたくなる
ほどの広い空。
都心の傍らで、人と暮らしと
自然の豊かな関係を築くのに、
これほど似合う場所があるだろうか。

FLOW GARDEN完成予想CG

第一種低層住居専用地域にして、
敷地面積4,900m²超。
これからの時代に贈りたい、
心も体も伸びやかに暮らす
「別荘邸宅」のランドスケープ。

大きな空が広がる、敷地面積4,900㎡超という広大な敷地。石神井公園の水景と緑景をエッセンスにしながら、常識に縛られずに発想を広げ、「別荘邸宅」という新しい価値をめざしました。南北にワイドな敷地を巧みに使い、敷地中央の中庭をはじめ、提供公園や敷地の随所を豊かな自然で彩り、圧倒的な潤いに満ちた“別世界”を創造。四季の彩り、伸びやかな意匠、ゆとりのある共用内外空間への創意を凝らしながら、変化に富んだ奥行きのあるランドスケープを描きました。

広い空に構える
4棟の低層レジデンス街区。

建築に対する厳しい規制によって良質な住環境が守られる第一種低層住居専用地域でありながら、4,900㎡超という広い敷地に描いたのは4棟の低層レジデンス。駅徒歩8分とは思えない大きな空をくつろぐような、ヴィラスタイルのレジデンスです。

空地率約50%の贅沢な開放感。

約4,900㎡の広い敷地面積に対し、約50%の空地率。角度にも変化を持たせた配棟計画をはじめ、散策路のある中庭、緑豊かな提供公園、沿道の並木など豊富な植栽スペースなどを確保。ゆったりと開放感あふれる心地よい暮らしを実現します。

自然と暮らす喜び。
四季を彩る植栽計画。

1年を通して潤いを与える常緑樹、四季の変化を楽しめる落葉樹、さらに季節ごとに色づく花々をふんだんに取り入れた植栽計画。見える風景が異なる4棟それぞれの眺めも計算したグリーンスケープを描いています。

自然素材や手仕事の価値を、日常に。

ラウンジのあるエントランスホールから、テラス、そして中庭へ。ウチからソトへ、シームレスな心地よさが繋がる共用空間で、豊かな時を享受していただけるよう、本物にこだわり、自然の素材や手仕事の価値に着目した造形や家具、アートを採用しています。

1グランドエントランス

余白の美を感じる、引きのあるグランドエントランス。アプローチには自然石の石壁や列柱、ウェルカムツリーをご用意。

2FLOW GARDEN(中庭)

四季折々に美しい表情が楽しめる中庭。奥行きの深さを活かし、散策路をご用意。

3サブエントランス

自転車置場からのアプローチ。自転車での外出、ご帰宅時に便利です。

4提供公園

敷地南側の一角に、地域に開かれた提供公園を確保。豊富な緑に彩られた園内には、子どもが遊べる広場やベンチも設置。

5沿道の並木

敷地西側の道路に沿って高木の樹木や植栽帯を設けることにより、住まいと街の風景の美しさを高めます。

6駐車場/バイク置場

敷地内に26台分の駐車場をご用意。バイク置場を5台分、ミニバイク置場1台分ご用意。快適なカーライフをサポートします。

7自転車置場

自転車置場は156台分をご用意。子供用平置も11台分ご用意。近くには空気入れも備えています。

8歩車分離動線

敷地内への「歩行者」と「車・バイク(原付)・自転車」の出入りする際の動線を分けた歩車分離動線を採用しています。お住まいになられる方々が安心して通行できる設計です。

9防災倉庫

万一の災害に備えた防災備蓄倉庫を備えています。

表示距離は現地からの地図上の換算です。徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げております。

掲載の環境写真は2020年11月に撮影されたものです。

掲載の敷地配置図イラストは計画段階の図面や植栽計画を基に作成したもので、実際とは異なります。植栽は特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。

掲載の各完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。植栽は、特定の季節やご入居時の状態を想定して描かれたものではありません。周辺道路・建物等は簡略化しております。雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。

TOP BACK