本物件北側約15mのザ・パークハウス 高輪タワー11階より南方向を望む
 ※本物件からの眺望ではありません。(2021年2月撮影)

必然を極める。

CONCEPT
邸宅に求められる本質を、
次の時代に求められる豊かさを、
今あらためて見つめています。
愛されながら時を超えていく姿を、
永く信じられる立地と空間性。
すべてがここに、
あるべくしてあるように。

現地周辺の街並み/徒歩7分・約520m

極める。

次代の邸宅に
あるべくしてある
風景を

邸宅の高みを目指す
ザ・パークハウスにとって、
この丘の風景との出会いは
まさに必然でした。

大石良雄外十六人忠烈の跡/
徒歩6分(約450m)

「白金高輪」駅徒歩4分にありながら、
都心を忘れさせる静かさが漂う丘の入り口。
そこは、かつての「高松宮邸」をルーツとする、
「松ケ丘住宅地」の一角です。

「白金高輪」駅徒歩4分にありながら、
都心を忘れさせる静かさが漂う丘の入り口。
そこは、かつての「高松宮邸」をルーツとする、
「松ケ丘住宅地」の一角です。

現地周辺の街並み/
徒歩4分・約270m

周辺には、「高松宮邸」の記憶を継承する、
「高輪皇族邸」の落ち着いた空気と緑の潤い。

港区詳細図/昭和22年
(国際日本文化研究センター提供)

進化の傍らに残された深く安らいだ風景こそ、
出会うべくして出会った、次代の豊かさと考えます。

高輪御殿(明治後期)/出典:所蔵・生田誠

高輪御殿(明治後期)/出典:所蔵・生田誠

現地周辺の街並み/徒歩4分・約270m(2020年11月撮影)

赤坂パークハウス(分譲済・1970年竣工)

極める。

次代の邸宅に
あるべくしてある
寛ぎを

赤坂パークハウス
(分譲済・1970年竣工)

第一号物件「赤坂パークハウス 」以来、
都心の集合住宅をリードしてきた
三菱地所レジデンスにとって、
この邸宅様式はまさに必然のものといえます。

第一号物件「赤坂パークハウス 」以来、
都心の集合住宅をリードしてきた
三菱地所レジデンスにとって、
この邸宅様式はまさに必然のものといえます。

赤坂パークハウス
(分譲済・1970年竣工)

内と外の柔らかな境界。見え隠れの美。
豊かな奥行きと表情に富んだシークエンス。
内なる開放感。四季とのつながり

image photo

それは、古来日本の住まいに受け継がれ、
昇華され、ここにまた、あるべくしてある寛ぎ

それは、古来日本の住まいに受け継がれ、
昇華され、ここにまた、あるべくしてある寛ぎ

今、進化と変化の時代。
だからこそ、変わらない本質を、
より深く、美しく極めようと思います。

外観完成予想CG

外観完成予想CG

外観完成予想CG

INTERVIEW MOVIE
宮地 大輔
三菱地所レジデンス株式会社
第二計画部
物件エントリー者様限定
MOVIE配信予定
物件にエントリーしていただくと、
弊社担当者が開発コンセプトについて語った
インタビュー動画をメールにて順次お送りいたします。