POSITION

image photo

image photo

港区「高輪一丁目」。
時を超え、
人を惹きつける都心の丘。

過去と未来の間、住宅と都市の間、伝統と
先進の間。
美しい空が広がり、地の利に潤う「高輪一丁目」のこの地こそ、
三菱地所レジデンスが辿り着いた邸宅創造の舞台。

TRADITIONAL HILLS伝統の丘

かつて高輪は、
空に浮かぶ月を
愛でる場所だった。

江戸時代の高輪は、歌川広重も描いた月見の名所として市中に知られる場所でした。美しい海岸線が連なる、風光明媚な高台の景勝地。古くは江戸の玄関口を示す大木戸が置かれ、東海道における要所であったことも、この地に人が引き寄せられた理由かもしれません。海から上る月、雲の切れ間に滲む幻想的な月明かり。先人が見た空の記憶が、今も静に息づいています。

江戸名勝図会 高輪

江戸名勝図会 高輪/
出典:国会図書館デジタルコレクション

高輪大木戸跡 Image Photo

高輪大木戸跡 
Image Photo

起伏に富んだ地形が
美しい風景を描く
「高輪台地」。

港区の地形は、武蔵野台地にあたる西北部一帯の台地と、東京湾に面した低地および芝浦海浜の埋立地から成り立っています。高台から低地にかけては、入り組んだ地形に沿って斜面地緑地と呼ばれる樹林地が連なり、風情ある坂道や坂上からの眺望など、変化に富んだ美しい景観をつくり出しています。

魚藍坂/徒歩2分(約160m)

魚藍坂(現地より徒歩2分/約160m)

出典:国土地理院・1:25,000デジタル標高地形図「東京都区部」に加工を施したもので、実際とは異なります。

出典:国土地理院・1:25,000デジタル標高地形図「東京都区部」に加工を施したもので、実際とは異なります。

土地本来の景観である、
斜面緑地の自然に潤う街。

「ザ・パークハウス 高輪タワー」より徒歩9分の亀塚公園。台地と低地の境に連なるその緑は、かつて旧華頂宮邸の庭園として利用された典型的な斜面緑地です。高輪地区は、こうした斜面緑地の保存を行政ビジョンに掲げており、港区では赤坂地区に次いで高い緑被率を誇ります。

※赤坂地区は赤坂御用地や青山霊園があり緑被率が高い。

亀塚公園

亀塚公園(現地より徒歩9分/約650m)

斜面緑地のイメージ図

※斜面緑地のイメージ図
(三田・高輪地区まちづくりガイドラインより)

斜面緑地のイメージ図

※斜面緑地のイメージ図
(三田・高輪地区まちづくりガイドラインより)

※港区「みどりの実態調査」(2017年)

RESIDENTIAL HILLS邸宅地の丘

高輪皇族邸をはじめ、
宮家がお住まいになった
邸宅地の系譜に。

旧高松宮邸(現・高輪皇族邸)に受け継がれた熊本藩細川家下屋敷をはじめ、風光明媚な高輪の大名屋敷・武家屋敷は、明治以降、財界人や皇族の邸宅となった例が少なくありません。港区では、とくに高輪と周辺の白金台・南麻布一帯が、宮家(皇位継承権を持つ親王の一家)の邸宅が数多く置かれたことで知られています。

高輪皇族邸周辺

高輪皇族邸周辺/徒歩7分(約540m)

エリア概念図

エリア概念図

幾時代を超えてきた旧細川邸のシイと共に。

高輪皇族邸はかつて熊本藩細川家の下屋敷が置かれた場所。
今も街には応時を記憶するスダジイの老木が残され、神秘を込めた佇まいが、
この丘が歩んだ時の重みを感じさせてくれます。

旧細川邸のシイ

旧細川邸のシイ/徒歩6分(約470m)

高輪御殿(明治後期)

高輪御殿(明治後期)/出典:所蔵・生田誠

グランドプリンスホテル高輪 貴賓館

グランドプリンスホテル高輪 貴賓館/徒歩22分(約1,760m)

大石良雄外十六人忠烈の跡

大石良雄外十六人忠烈の跡/徒歩9分(約690m)

URBAN HILLS都市の丘

都市の発展を見守る
高輪一丁目の丘。
上質な「動」と「静」を
結ぶポジション。

「ザ・パークハウス 高輪タワー」が立地するのは、上質な「静」と「動」が交差する丘のほとり。品川エリアの「品川都市開発プロジェクト」や「白金高輪」駅周辺の再開発がもたらす「動」、そして、高輪皇族邸の緑と共に時を重ねる丘の「静」。その2つを結ぶ「高輪一丁目」アドレスに誕生します。

高輪皇族邸周辺

高輪皇族邸周辺/徒歩7分(約540m)

「白金高輪」駅周辺

「白金高輪」駅周辺/徒歩2分(約111m)

「白金高輪」駅周辺

エリア概念図※掲載のエリア概念図は、
周辺の立地を概念化しイラストで表現したもので、
地形・距離・方向等は実際と異なります。

この場所だからこそ実現できた
“邸宅地のタワーレジデンス”。

「ザ・パークハウス 高輪タワー」の敷地は、北側が「商業地域」、そして南側が「第一種中高層住居専用地域」にかかる、いわば用途地域の境界に位置しています。この立地特性があったからこそ、穏やかな丘のほとりにタワーを建設できたのであり、商業エリアの再開発にはない“成熟した邸宅地の緑と空気感”を、都市のタワーに融合することができたのです。

  • 第一種中高層住居専用地域
  • 第二種中高層住居専用地域
  • 第一種住居地域
  • 第二種住居地域
  • 近隣商業地域
  • 商業地域
  • 準工業地域
  • 準工業地域特別工業地区
  • 再開発エリア
用途地域概念図

用途地域概念図

高低差概念図

高低差概念図

高低差概念図

高低差概念図

外観完成予想CG(遠景)

外観完成予想CG(遠景)