REDEVELOPMENT

高輪ゲートウェイ駅(徒歩17分/約1.2km)

新しい時代の
幕開けを予感させる、
将来の期待高まる
港区再開発エリア間近。

アジアヘッドクォーター特区をはじめとする
大規模再開発プロジェクトが進行中。
「高輪ゲートウェイ」駅を中心とする
品川・田町エリアの壮大な街づくりなど、
豊かな将来性も享受することができます。

  • 白金高輪周辺
  • 広域

エリア概念図

エリア概念図

01

高輪ゲートウェイ駅開業

2020年春、JR山手線49年振りの新駅として開業した「高輪ゲートウェイ」駅。隈研吾氏設計による「折り紙」をモチーフにした駅舎では、無人AI決済店舗や各種ロボットの導入など、未来を先取りした日常がすでにはじまっています。周辺街区を含む「グローバルゲートウェイ品川」としての開業は2024年(予定)。将来的に一帯は、オフィス・商業・ホテル・文化施設等が集積する国際交流拠点へと進化します。

image photo

image photo

02

白金一丁目東部北地区・
西部中地区第一種市街地
再開発事業

隣接する白金一丁目では、「東部北地区」と「西部中地区」の大規模再開発が進行中。いずれも住宅を中心に、地域の町工場や商業・生活利便施設等が集約される予定です。

※出典:「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」再開発組合 Webサイト、「日刊建設工業新聞」2019年7月31日(竣工予定時期:2022年2月下旬)

image photo

image photo

03

msb tamachi (ムスブ田町)

田町駅徒歩1分に誕生した2つの超高層複合ビルと国内初出店のラグジュアリーホテル「プルマン田町東京」、癒しのグリーガーデンで構成された新街区。東側の公共街区には、港区スポーツセンターが入居する「みなとパーク芝浦」と「愛育病院」などがあり、各施設は駅からのデッキで直結しています。

image photo

image photo

04

夢に見た開業の時を待つ、
リニア中央新幹線

2027年には、長年待ち望まれてきたリニア中央新幹線が開通し、「品川」が始発駅となる予定。日本の技術の粋を集め、時速500kmの浮上走行を実現した夢の新幹線は、先行して開業する品川・名古屋間をわずか40分で結びます。

※JR東海ホームページ 2019年7月調べ

image photo

image photo

05

JR羽田空港アクセス線

羽田空港への移動なら、「泉岳寺」駅の利用がスムーズで便利。中でも京急本線は乗り換えもなく、概ね30分でのアクセスが可能です。

image photo

image photo

06

都市再生特別地区(品川駅北周辺地区) 都市計画

品川駅北周辺地区では、高輪ゲートウェイ駅と複数の複合ビルの建設が進行中。国際ビジネス交流拠点の顔となるエキマチ一体の街づくりが周辺の都市機能を一新させます。

※出典:「JR東日本ニュース」2018年9月25日 東日本旅客鉄道株式会社

image photo

image photo