ポートレートモード(縦置き)表示でご覧ください。

JR京都線「高槻」駅(徒歩8分/約590m)
現地周辺の街並み(徒歩4分/約310m)
JR京都線「高槻」駅(徒歩8分/約590m)/現地周辺の街並み(徒歩4分/約310m)

ロケーション/生活利便×住宅地

「上宮天満宮」が鎮座する、歴史が香る住宅地「天神町」。
大型商業施設が集結する先進の駅前再開発も手のうちに。

JR京都線「高槻」駅(徒歩8分/約590m)

現地周辺の街並み(徒歩4分/約310m)

生活利便

JR「高槻」駅前の再開発事業によって都市機能が集積。
生活利便を徒歩圏内で享受できる日常。

あらゆるシーンを自在に愉しむ。
百貨店や大型ショッピングモールなど多彩な商業施設が充実する駅前エリア。

高槻阪急(徒歩5分/約380m):提供写真

高槻阪急(徒歩5分/約380m):提供写真

高槻阪急/徒歩5分

仕事帰りにも気軽に立ち寄れる駅北口前の立地。
百貨店品質の品揃えと、有名ストアのテナントも多く入り、世代を問わない豊富な品揃えが人気です。

※営業時間/10:00~20:00(地下 関西スーパー/9:00~22:00)  
※営業時間につきましては急遽変更になる場合がございます。

[主な店舗・施設]

[主な店舗・施設]

アクトアモーレ(徒歩8分/約570m)

アクトアモーレ(徒歩8分/約570m)

アクトアモーレ/徒歩8分

大型ショッピングモール「アル・プラザ高槻」。
シネコンをはじめ、カフェやファーストフード店、クリニックも入店する便利な複合施設。

※営業時間/9:00~23:00(店舗により異なります。)

[主な店舗・施設]

[主な店舗・施設]

アレックスシネマ
歩いて映画に出かけられる気軽さ。
9スクリーン設置の「アレックスシネマ」。

アクトアモーレ5Fフロアには合計1,820席のシネコンがあり、休日はもちろん仕事帰りにも、映画を楽しむことができます。

松坂屋高槻店(徒歩11分/約820m)

松坂屋高槻店(徒歩11分/約820m)

松坂屋高槻店/徒歩11分

駅南側に位置する「松坂屋 高槻店」。
2021年6月には家電量販店「エディオン」もテナント入りし、ますます便利な大型百貨店。

※営業時間/10:00~20:00  
※今後の状況により変更する場合がございます。

[主な店舗・施設]

[主な店舗・施設]

LIFE INFOMATION

再開発

JR「高槻」駅前の再開発事業によって都市機能が集積。

関西有数の生活都心として発展した中核市・高槻。中でも駅北側は、「JR高槻駅北東地区都市開発事業」が完了し、ペデストリアンデッキで直結する百貨店や商業施設への行き来が快適に。「愛仁会高槻病院」や「関西大学高槻ミューズキャンパス」ともつながっており、教育・医療などの各施設も身近に感じられる新しい街並み。暮らしやすい街づくりに今後も期待が高まります。

JR「高槻」駅前再開発エリア周辺(徒歩8分/約600m)

JR「高槻」駅前再開発エリア周辺(徒歩8分/約600m)

関西大学高槻ミューズキャンパス(徒歩9分/約670m)

関西大学高槻ミューズキャンパス(徒歩9分/約670m)

JR京都線「高槻」駅(徒歩8分/約590m)

JR京都線「高槻」駅(徒歩8分/約590m)

高槻病院(徒歩7分/約510m)

高槻病院(徒歩7分/約510m)

駅北再開発に続く、都市再生事業にも期待。

2016年に完了した再開発により、大きく生まれ変わった駅北側エリア。現在高槻市は、「コンパクトシティ・プラス・ネットワーク」(立地適性化計画)を掲げており、持続可能な都市の実現・誰もが住みやすく活力のあるまちを目指して、さらに都市再生計画を進めています。

現地周辺航空写真

現地周辺航空写真

安満遺跡公園

弥生時代の古墳を活かした広大な緑のセントラルパーク。
カフェやレストランもあり、遊び場以外の楽しみ方も。

安満遺跡公園(徒歩18分/約1,380m)

安満遺跡公園(徒歩18分/約1,380m)

安満遺跡公園(徒歩18分/約1,380m)

安満遺跡公園(徒歩18分/約1,380m)

安満遺跡公園(徒歩18分/約1,380m)

住宅地

創建1000年を超える「上宮天満宮」が鎮座する杜に寄り添う。

太宰府に次いで2番目に建立された由緒ある「上宮天満宮」。周辺は遺跡や古墳が発掘されており、古くから人が住み着いていた歴史を持ちます。江戸期には、西国街道の宿場町として諸大名や旅人たちで賑わい、参道を降りた所には天正10年の山崎合戦の際に、羽柴秀吉が本陣を置いた「天神馬場」があったと伝えられています。また、「上宮天満宮」には「学問の神様」として有名な菅原道真が祀られており、参拝や合格祈願に多くの人が訪れる天満宮です。

※参照元:上宮天満宮公式ホームページ

上宮天満宮 image photo

上宮天満宮 image photo

『摂津名所図会』(大阪市立中央図書館デジタルアーカイブより)

『摂津名所図会』(大阪市立中央図書館デジタルアーカイブより)

上宮天満宮(徒歩3分/約230m)

上宮天満宮(徒歩3分/約230m)

上宮天満宮 image photo

上宮天満宮 image photo

上宮天満宮 image photo

上宮天満宮 image photo

聖徳太子により開創されたと伝えられる、
由緒ある寺院「廣智寺」。

南側隣接地の、黄檗宗の仏教寺院「廣智寺」は、摂津国三十三箇所のひとつ。開創は聖徳太子自ら観世音菩薩像を造り、堂宇を建て安置したことに始まったとされる。また本尊の多臂観世音菩薩立像は、大阪府の有形文化財に指定されています。

廣智寺(徒歩4分/約270m)

廣智寺(徒歩4分/約270m)

現地周辺の街並み(徒歩4分/約310m)

現地周辺の街並み(徒歩4分/約310m)

天神町の歴史

高槻北側丘陵エリアの宅地開発はここから始まった。

昭和30年代から40年代にかけて、市街地の急速な拡大と人口増加に伴う大規模な宅地開発が進められてきた高槻市。府営住宅団地の建設や民間企業の開発参入が相次ぎ、都市部のベッドタウンとして一気に近郊都市へと進化しました。そんな時代背景の中、「天神町」は昭和32年、市域中部の丘陵地の中で最初に開拓され、古い宅地開発の歴史を持つ地。以降は天神町のさらに北側エリアの開発も進み、一帯は閑静な邸宅街として今もなお成熟の街並みを形成し続けています。

高槻市内の大規模宅地造成地(面積2ha以上)の分布図

高槻市内の大規模宅地造成地(面積2ha以上)の分布図

現地周辺の街並み(徒歩2分/約120m)

現地周辺の街並み(徒歩2分/約120m)

現地周辺の街並み(徒歩2分/約90m)

現地周辺の街並み(徒歩2分/約90m)

低層の街並みに囲まれる、
良好な住環境「第一種住居地域」。

本物件は「第一種住居地域」に位置しており、商業・工業系の地域と異なり、”住居の環境を保護するため定める地域”に立地。その北側および東西は「第一種低層住居専用地域」となり、さらに建物の高さが厳しく制限される用途地域です。本件が誕生する立地は、低層の街並みに囲まれる良好な住環境と開放性を兼ね備えた、住宅地に適した環境と言えるでしょう。

用途地域図/凡例

用途地域図

用途地域図

 

※掲載の写真は、2021年9月に撮影したものです。
※掲載の分布図は、高槻市建設部資料を基に描き起こしたものです。
※掲載の用途地域図は、高槻市ホームページの資料を基に描き起こしたものです。
※徒歩分数は80m=1分として算出し、端数は切り上げています。
※現地周辺航空写真は2021年8月に撮影したものに、光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。現地の位置を表現した光は、建物の高さや規模を示すものではありません。
※掲載内容は2021年10月現在のものです。
※掲載の地図・施設データは2021年8月の調査に基づきます。地図は略地図につき、省略されている道路や建物等があります。