【公式】ザ・パークハウス 天神今泉|躍動の天神・今泉二丁目に誕生する19階建レジデンス

ザ・パークハウス今泉

年々人気が高まる
「福岡市中央区」のマンション

都心型マンションの需要が高まる背景には、都市利便性や居住快適性だけでなく、時間を効率的に活用できるライフスタイルへの変化と、将来を見越した資産価値への期待が見込めるエリアである事に起因されると考えられます。

ゆとりの広さと都市利便を両立した「希少邸宅」

2019年の福岡市の新築分譲マンションの供給物件数は51物件、中央区の供給物件は15物件、 100m²超の住戸を含む物件に限ると3物件です。つまり、中央区で100m²超の住戸を持つ物件は 福岡市内全体の供給物件の中の約6%しか該当しません。そして、その中で西鉄福岡(天神)駅まで徒歩10分圏内の物件はザ・パークハウス天神今泉だけです。 また、中央区内の新築分譲マンションの平均面積は2016年をピークに減少、2019年の分譲住戸の平均面積は67.68㎡と比較的狭い住戸が多く、中央区エリアの新築分譲マンションで100㎡超の広々としたゆとりある住戸は、減少傾向にあり100㎡超の邸宅は希少性の高い住戸と言えます。

福岡市内の新築分譲マンション供給数

福岡市内の新築分譲マンション供給数

福岡市中央区新築分譲マンションの供給数と面積の推移

福岡市中央区の新築分譲マンション(100㎡超の住戸を含む物件)供給数

福岡市中央区の新築分譲マンション(100㎡超の住戸を含まない物件)供給数

福岡市中央区の新築分譲マンション平均面積の推移

※「100㎡超の住戸を含む物件」とは、“100㎡超の特殊住戸”を除き、100㎡以上の間取りタイプが複数以上ある物件をカウント

出典:九州産業研究所