※現地周辺航空写真

阪急塚口の新しいミライ、はじまる。

SMART MIRAI RESIDENCE

阪急塚口スマート未来レジデンス構想

やさしく、かしこく、ここちよく。三菱地所レジデンスが描くNEWライフデザイン。

「今」だけでなく、その先につづく「未来」をみつめること。これからの住まいと暮らしに求められるのは、そんなビジョンではないでしょうか。阪急神戸線「塚口」駅から徒歩9分。「住医一体開発」の総122 邸「ザ・パークハウス 塚口」。それは、人と街と未来に配慮し、さまざまな世代が健やかに暮らせるスマートライフを追求した、三菱地所レジデンスのNEWライフデザインプロジェクトです。阪急塚口の新しい“ミライ”が、ここから動き始めます。

※現地周辺航空写真

※掲載の航空写真は、阪急「塚口」駅北側阪急伊丹線上空から南方向を撮影(平成28年10月)したものに光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。現地の位置を表現した光は建物の高さや規模を示すものではありません。
※1:住医一体開発の新築分譲マンションの供給を通じ、阪急塚口エリアに新しいライフスタイルを生み出そうとするプロジェクトの意志を表現しています。
※2:未来の暮らしにふさわしい巧みでスマートな邸宅のあり方を実現しようとするプロジェクトの目標を表現したものです。
※3:「住医一体開発」とは、三菱地所レジデンスの「ザ・パークハウス 塚口」および本物件に隣接する医療法人 社団 兼誠会「つかぐち病院」(2019年2月開業済み)の2つの建設計画を指し、両計画による共同提案が、兵庫県による事業者選定コンペ(兵庫県立塚口病院跡地利用事業者選定競技)において当選し、事業化されることを表現したものです。

TOP

ザ・パークハウス 塚口

現地周辺空撮

※現地周辺航空写真

阪急塚口
スマート未来レジデンス構想 ※2
やさしく、かしこく、ここちよく。
三菱地所レジデンスが描く
NEWライフデザイン。
「今」だけでなく、その先につづく「未来」をみつめること。これからの住まいと暮らしに求められるのは、そんなビジョンではないでしょうか。阪急神戸線「塚口」駅から徒歩9分。「住医一体開発 ※3」の総122 邸「ザ・パークハウス 塚口」。それは、人と街と未来に配慮し、さまざまな世代が健やかに暮らせるスマートライフを追求した、三菱地所レジデンスのNEWライフデザインプロジェクトです。阪急塚口の新しい“ミライ”が、ここから動き始めます。※1

※掲載の航空写真は、阪急「塚口」駅北側阪急伊丹線上空から南方向を撮影(平成28年10月)したものに光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。現地の位置を表現した光は建物の高さや規模を示すものではありません。
※1:住医一体開発の新築分譲マンションの供給を通じ、阪急塚口エリアに新しいライフスタイルを生み出そうとするプロジェクトの意志を表現しています。
※2:未来の暮らしにふさわしい巧みでスマートな邸宅のあり方を実現しようとするプロジェクトの目標を表現したものです。
※3:「住医一体開発」とは、三菱地所レジデンスの「ザ・パークハウス 塚口」および本物件に隣接する医療法人 社団 兼誠会「つかぐち病院」(2019年2月開業済み)の2つの建設計画を指し、両計画による共同提案が、兵庫県による事業者選定コンペ(兵庫県立塚口病院跡地利用事業者選定競技)において当選し、事業化されることを表現したものです。

TOP