ポートレートモード(縦置き)表示でご覧ください。

Page Top
image photo image photo

SPECIAL INTERVIEW

image photo image photo

SPECIAL INTERVIEW

image photo image photo

SPECIAL INTERVIEW

image photo image photo

SPECIAL INTERVIEW

INTERVIEW MOVIE音声をONにしてお楽しみください。
  • video
  • video
01

これから発展していく街を、子どもと一緒に楽しみたい。

都筑区周辺の良さを知るからこそ「ここがいい」と思った

菜の花畑(徒歩5分/約360m)
菜の花畑(徒歩5分/約360m)
菜の花畑(徒歩5分/約360m)
モザイクモール港北(約4,380m)

もともと港北区にお住まいで、3年ほど前に都筑区に引っ越されたK様ご家族。住まい探しも、
都筑区内を中心に探すほど気に入られているそうです。

「新居を探すきっかけは、子どもを授かったからです。現在、都筑区内に住んでいて、妻の実家が港北区にあるので、このエリアの利便性や自然環境は知っていますし、とても気に入っていますね」。

日頃から都筑区や港北ニュータウンを利用されるということで、お気に入りのポイントを詳しく伺いました。

「このエリアに住むようになって、川和町駅前の菜の花畑は毎年行っています。子どもが出来たばかりなので、大きな公園がたくさんあるのもうれしいですよね。買い物環境では、センター北・南は何でも揃うのでよく利用しますよ。子育て家族が多い街なので、授乳室などが充実している施設が多く助かっています」。

発展していく川和の街に期待

フォルテ横浜川和町(徒歩5分/約380m)
フォルテ横浜川和町(徒歩5分/約380m)

川和町にも何度か足を運ばれたというご夫婦に、これからできる街への期待を伺いました。

「区画整理事業があるということは知っていたのですが、実際に来てみて大きなスーパーマーケットが入る商業施設ができたり、フラットアプローチで駅まで行けたりと街が出来つつあり、完成が楽しみです」とご主人。

子育て世帯が増えることへの期待も大きいようです。

「ベビーカーでも歩きやすい歩道が整備されるといったハード面もありがたいのですが、新しい街なので子育て世帯が増えるのもうれしいです。マンションでは芋掘りやブルーベリー狩りなど入居後イベントも予定されているということなので、ぜひ参加したいですね」。

ライフスタイルに合った間取りがうれしい

「ザ・パークハウス 横浜川和町ガーデン」モデルルーム/F2tタイプ リビング・ダイニング(2021年12月撮影)

戸建てや他のマンションも検討されたということですが、「ザ・パークハウス 横浜川和町ガーデン」に決めたのには理由があるとのこと。

「やはりセキュリティ面を考えると戸建てよりもマンションの方がいいなと。それと兄が「ザ・パークハウスシリーズ」に住んでいて、設備の良さも魅力に感じました」。さらに、間取りについても購入の大きなポイントとなったそうで、「私たちの購入したタイプはリビング側に浴室があり、主人が朝は早く夜が遅い帰宅になることもあるので、小さな子どもがいても比較的気を使うことなく身支度ができるのはいいよね!と夫婦で話して、もうここしかないね、となりました」。

02

子育て視点で選んだ横浜川和町。

この時期にこの価格で駅近にできる「ザ・パークハウス」に惹かれて

H街区北東外観完成予想CG
H街区北東外観完成予想CG
港北 TOKYU S.C.(約3,110m)
港北 TOKYU S.C.(約3,110m)

H様ご夫婦は住まい探しをきっかけに川和町を知ったそうです。

「港北ニュータウンの賃貸に住んで約2年。今は駅から15分ほど離れたところに住んでいるのですが、子どもが大きくなるこれからというタイミングで、住まい探しを始めました」。
「近いわりに川和町へ行ったことがなかったのですが、実際に来てみて駅前土地区画整理事業で進化する街と自分たちのビジョンが重なったという感じです。新しい街に最初にできる新築分譲マンション、しかも「ザ・パークハウス」ということで、資産性というか将来的なことを考えて決めましたね」。

現在、川和町からも近い港北ニュータウンにお住まいということで、
おすすめの商業施設を伺いました。

「センター南も北も大型商業施設が複数あるので便利です。よく使うのはセンター南にある「港北TOKYU S.C.」のスーパーマーケットや子ども服のお店なんかも利用します。ちょっとした手土産ならセンター北の「モザイクモール港北」、百円ショップなら「ノースポート・モール」など使い分けていますね」。

平日も休日も便利なアクセス利便性

川和町駅
川和町駅
御殿場プレミアムアウトレット
御殿場プレミアムアウトレット

普段から電車や車で出かけることが多いというH様ご家族に、
アクセス利便性についても語っていただきました。

「共働きの私たちにとってアクセス利便性は大事なポイントなのですが、主人は日吉で乗り換えて都心方面へ、私は菊名まで通っていて実家も南町田にあるので、少ない乗り換えでアクセスできます。グリーンラインは順次6両に更新されていますし、延伸も計画されているようなので、これからますます便利になるんじゃないですかね」。
「車ではやはり横浜青葉ICが近いのがうれしいです。御殿場のアウトレットへも都内の湾岸エリアにも行きやすいんですよ」。

分譲マンションならではのクオリティ

ザ・パークハウス 横浜川和町ガーデン モデルルーム/F2tタイプ キッチン(2021年12月撮影)

モデルルームに足を運ばれたときの印象についても語っていただきました。

「子どもがいるので3LDKが間取りとして理想でしたが、駅近も外せないポイントだったのでモデルルームを訪れたときに『ここいいね!』となりました。あとは今住んでいる賃貸と違い、食洗器やディスポーザー、浄水器なども標準で付いているのがうれしかったです」。
「それと、コミュニティルームがいいなと感じました。家族や親せきで集まったり、友人を呼んだりするにも便利ですよね」。

03

駅前の街から広がる日常に期待。

駅徒歩5分の街から広がる日常に期待。

駅前土地区画整理事業というキーワードに感じた将来性

川和富士公園(徒歩16分/約1,210m)
川和富士公園(徒歩16分/約1,210m)
現地周辺航空写真
現地周辺航空写真

今現在、横浜に住んでいるH様ご家族に
住まい探しのきっかけを教えていただきました。

「もともと本気で住まい探しをしていたわけではないのですが、たまたまモデルルーム見学をした物件でローン審査が通り、『買えるならもっと色々見てみようか』となりました」。

そこから中古も含め6、7件の物件を見ていくなかで、
重視したい条件が定まってきたということです。

「1つ目は駅近であること。2つ目は景観がいいこと。3つ目は収納が充実していることですね。「ザ・パークハウス 横浜川和町ガーデン」を見に行ったのは、3つの条件を満たしつつ、駅前土地区画整理事業というキーワードに将来性を感じたからです」。

川和町をはじめて訪れた時の印象についてもお聞きしました。

「空が広くて開放感を感じられましたし、緑に囲まれている感じも良かった。起伏があるけれど駅まではフラットアプローチなのも気に入りました。さらに商業施設もオープンして道や住まいも整備されて、この周辺で生活が完結できますし、今後さらに活気が出てくるだろうという期待感も湧いてきましたね」。

電車要らずの買い物利便性

フォルテ横浜川和町(徒歩5分/約380m)※提供写真
フォルテ横浜川和町(徒歩5分/約380m)※提供写真

新しく誕生した商業施設「フォルテ横浜川和町」に
行かれた際の印象についても伺いました。

「横浜に住んでいると坂が多くて買い物が大変なのですが、「フォルテ横浜川和町」まではフラットな道のりで、日常の強い味方になってくれそうです。スーパーマーケットは通路が広々としていたり、地元野菜を売るコーナ―があったりしますし、他にも百円ショップやドラッグストアが入っているのもうれしいですね」。

住みやすさとともに将来の資産性も大きな判断基準

  • 洗面室
    洗面室
  • ウォークインクローゼット
    ウォークインクローゼット
  • カウンター(下部収納)
    カウンター(下部収納)

※写真は全てザ・パークハウス 横浜川和町ガーデンレジデンスギャラリーにて撮影したものです。(撮影時期:2022年10月)

リモートワークが増えたことで、住まいの快適性を重視したH様ご家族。
設備や仕様で気に入ったポイントを伺いました。

「リモートワークで家にいる時間が圧倒的に増えたので、広さもちろんですが、設備・仕様も細かくチェックしました。特に気に入ったのが、2人で快適に使える洗面化粧台や、ウォークインクローゼットにシューズインクローゼット、リビング収納など各所に収納スペースが確保されている点ですね」。
さらに、リセールバリューなどの資産性のデータなども大きな判断材料だったとのことで、「私たちの世代は1つの会社にずっと勤めるというスタイルではなくなってきているので、ライフステージの変化による売りやすさも重要。だからこそ、駅近というのは譲れないポイントですし、新たに開発された街というのも重要視しました」と語ってくれました。

04

これからの人生を豊かにしてくれる住まい。

川和町周辺は自然が豊富で子育てに最適

鶴見川(徒歩4分/約260m)
鶴見川(徒歩4分/約260m)
月出松公園(徒歩13分/約1,010m)
月出松公園(徒歩13分/約1,010m)

「私たちは子どもが中学3年生の息子、小学6年生の娘と大きいので、学区などの環境が変わらないことが第一条件で、今住んでいる川和町周辺で住まい探しを始めました。5年ほど暮らして、このエリアの住みやすさは気に入っていましたし、繫華街がなく夜も静かな環境なので、私たちも子どもたちも過ごしやすく、ここを離れることは考えなかったですね」。

O様ご夫婦に、川和町周辺の魅力についても
詳しく語っていただきました。

「こちらに越してきたときは、子どももまだ小さかったので、公園の多さや自然の豊かさに惹かれたというのが大きな要因です。自然で言うと鶴見川沿いをサイクリングしたり、「加賀原ぎんなん公園」で子どもとカブトムシを採ったり、「月出松公園」でホタルを見たりしましたね。アクセスも良いので鎌倉や箱根へも下道で行けるんですよ」。

街の将来性を見据えて物件購入を決意

コミュニティルーム完成予想CG
ザ・パークハウス 横浜川和町ガーデン コミュニティルーム完成予想CG

購入までの検討期間が短く、目移りすることなく決められた
O様ご夫婦に、その理由を伺いました。

「区画整理事業でできるマンションの最初であることや、「フォルテ横浜川和町」の誕生による利便性の向上は大きなポイントでしたね。今後さらに2棟、3棟と住宅が増え、グリーンラインも便利になっていく。そういった総合的な街の将来性が、物件購入の後押しになりました」。さらに、「子どもが大きくなり電車通学になっても、駅から近いので安心して通わせられます」と奥様。

スノーピークのアウトドアアイテムはうれしいサプライズ

ザ・パークハウス 横浜川和町ガーデン 現地10階相当より南東方面を撮影(2022年4月撮影)

「家族でアウトドアが趣味なので、スノーピークのアイテムのプレゼントや、レンタルできるのはうれしいサプライズでした。道具は自分で買うと収納場所に困ってしまうので、かさばるチェアやテーブルはレンタルして、山梨や相模原のキャンプ場に家族で行きたいです」。物件や共用部については、「駅近なのに窓から開放的な眺望が得られるのはいいですよね。最近リモートワークは減ってきましたが、共用部のコミュニティルームには、仕切りがあって簡単な作業ができるブースがあるのはうれしいポイントです」とも語ってくださいました。

※当インタビューは2022年10月、ザ・パークハウス 横浜川和町ガーデンレジデンスギャラリー、 サンプルルーム、現地周辺(約150m)にて撮影、実施したものです。
※掲載の施設や周辺環境の写真(image photoを除く)は、2021年6月、7月、2022年8月に撮影したものです。
※表示の距離は地図上の概算です。徒歩分数は80m/1分として算出し、端数は切り上げています。
※掲載の情報は2022年10月現在のものです。
※掲載の土地区画整理事業に関する情報は2022年10月現在のもので、今後変更になる可能性があります。また、各種計画等が実施されることを保証するものではありません(「川和町駅周辺西地区土地区画整理事業」:施行期間2018年3月15日~2023年12月31日/出典:横浜市ホームページ「市街地開発の状況」より)。