• 01コンセプト

    駅前再開発により、より暮らしやすく生まれ変わった大泉学園。池袋までわずか14分でありながら、永く自然豊かな環境が守られる「大泉風致地区」というロケーション。落ち着いた街並みと調和しながらも、確かな存在感と重厚感を持つ街区デザイン。

  • 02街並み

    落ち着いた街並みと調和しながらも、街区全体の一体感を大切にした上質な街区デザイン。コーナーウォールによるゲート感の演出や重厚感のあるタイルと質感の美しい自然石の組み合わせにより落ち着きのある邸宅空間を創出。

  • 03街区計画

    街区内には、幅員約4.5mの開発道路を配置。またカーポートとアプローチを一体にした配置により、開放感とゆとりある街並みを演出します。各区画は土地面積110m²以上を確保。落ち着いた街並みと調和しながらも、確かな存在感と重厚感を持つグレード感ある街区デザインを計画しています。

  • 04開放感

    カーポートとアプローチを一体とした配置により、開放感とゆとりある街並みを演出。街区全体に心地よい風が吹き抜けるよう、工夫された配棟計画。

  • 05植栽

    緑豊かな周辺の街並みに合わせたシラカシやナンテンなど地域本来の地域原生種を中心に樹種を選定。街区の入口にまとまった緑量を配することで、街区全体の潤いを演出。

  • 06外観

    アースカラーを基調としたオーセンティックな統一された街並みながら、一邸一邸の存在感を印象づける、水平・垂直ラインと軒の深みを強調したデザイン。