• 01コンセプト

    永い時の中で自然を重ねてきた井の頭恩賜公園周辺の緑豊かな潤いのエリアと、井の頭線沿線の歴史や文化が息づく邸宅街エリアが落ち着いた空気を醸し出す。暮らしに平穏をもたらす住環境に呼応するような、上質を嗜む全25邸。

  • 02街並み

    東西に長い設計の街区に入口を1ヶ所にすることで、車や外部の人の通り抜けがしずらく、住民のためのプライベート街区ともいえる開発計画となっています。また、住民同士のふれあいの場所となる提供公園を街区の中心に設けました。

  • 03街区計画

    第一種低層住居専用地域であり、更に各区画の土地面積を110㎡以上確保。街区内の道幅は約5m、道路を挟んだ建物間の距離を8m以上確保することで、敷地全体にゆとりをもたせました。また街区入口を1ヶ所にすることで、車の通り抜けや無用な立ち入りを抑制し、安心な街区を目指しています。

  • 04開放感

    約5mの道路幅員をとることで、ゆとりある景観を作りました。また土地面積を各区画110m²以上確保したことで敷地にゆとりを持たせ、道路を挟んだ建物感の距離を8m以上確保しました。

  • 05植栽

    芽吹き、青々とした緑、実をつけた樹々、紅葉など、街区で変わりゆく自然を身近に感じられるように3つのカテゴリーに分け、区画ごとに植樹しています。

  • 06外観

    天然石や天然木といった自然素材の採用に加えて、アースカラーを中心とし素材感のあるタイルを数種類採用しています。また、街の顔となるゲートウォールにはシンボルツリーと天然石のアクセントを施しました。