ポートレートモード(縦置き)表示でご覧ください。

空撮写真(2021年2月撮影)

CONCEPT

イメージ画像
image
イメージ画像
image

永住維新 鹿児島の暮らしは麗しき高みへ

イメージ画像
image
イメージ画像
image

永住の概念を変える
高麗町キ・ラ・メ・キ テラス地区地区計画内※2に、
居住の核「ザ・パークテラス 高麗タワー」誕生。

鹿児島市高麗町。かつての交通局跡地が、
「高麗町キ・ラ・メ・キ テラス地区地区計画※2」によって、
近未来街区へと生まれ変わります。
住まう方の健やかな日々を地域が支え、
しっかり寄り添っていく。
ここで暮らす人々が安心と楽しみを享受しながら、
夢を未来に継承できる「永住維新」という思想。
その志向を叶え、世代を超えて人生を輝かせる
分譲マンション「ザ・パークテラス 高麗タワー」。
真新しい未来が、ここから始まります。

HISTORY

多くの偉人を輩出した知のエリア、高麗町。
歴史ある街が、未来に向けて生まれ変わる。

高麗町。その名は、かつて高麗人の陶工が
数多く居住したことに由来しています。
天保年間には高麗町武之橋の左右、
甲突川沿いに多くの士屋敷がつくられました。
維新の立役者、大久保利通の生誕の地であり、
甲突川対岸に生まれた西郷隆盛とは
兄弟のように仲良く育ったと伝えられています。
大正に入ると民営の路面電車が運行開始。
1928(昭和3)年には市の運営となり、
鹿児島市交通局の前身、
電気局が置かれ発電所が造られました。
偉人が暮らし、歴史を築いてきた街が、
時を超えて新たに生まれ変わります。

2021年3月撮影
2021年3月撮影
2021年3月撮影
2021年3月撮影
2021年3月撮影
2021年3月撮影
2021年3月撮影
2021年3月撮影
イメージ画像
image
2021年3月撮影
2021年3月撮影

※1 「永住維新」というワードは、キラメキテラスと本物件を含めた高麗町キ・ラ・メ・キ テラス地区地区計画内全体の設計コンセプトや施設・設備計画によって叶えられる思想を表現しています。

※2 当マンションは、高麗町キ・ラ・メ・キ テラス地区地区計画内ではございますが、キラメキテラスとは、連担建築物設計制度による認定を取得している「いまきいれ総合病院」「キラメキテラスヘルスケアホスピタル」「キラメキ南国パーキング」「(仮称)サービス棟」「キラメキエネルギーセンター棟」「シェラトン鹿児島」を指し、当マンションは含まれておりません。

※掲載の現地周辺航空写真は現地周辺上空から撮影(2021年2月)したものに、光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。現地の位置を表現した光は建物の高さや規模を示すものではありません。

※光のラインは高麗町キ・ラ・メ・キ テラス地区地区計画を指しています。