ポートレートモード(縦置き)表示でご覧ください。

外観完成予想CG

DESIGN

地上19階のタワー、
天空に映えるフォルム。
環境に融合し、街に調和する建築美。

シンプルでありながらディテールに
こだわった洗練の外観デザイン。
街にとけこむ白を基調とした
デザインは洗練された街並みを演出し、
天空に映える美しいフォルムが景観美を創造します。
甲突川を望むリバービューと桜島を見晴らす
「ザ・パークテラス 高麗タワー」。
エントランスアプローチには甲突川緑地と
連続性のある四季の緑を配し、
潤いのある空間を創り出しています。

完成予想CG(Dタイプ)
外観完成予想CG

視界の先にひろがる
鹿児島の象徴、桜島。
憧憬の景観が、日常になる

ゆたかな水をたたえ人々を癒す甲突川、
波光きらめくおだやかな錦江湾、その先に、
美しい稜線を描いてそびえる桜島。
市民に愛され親しまれる景観を、
バルコニーから一望する日常。
日ごとの新しい発見と湧き上がる感動に包まれて朝に、
夕に、めぐる季節に、多彩な眺望を楽しみ、
心満たされる暮らしが始まります。

エントランスアプローチ完成予想CG

格調高い質感に彩られた迎賓空間。
煌めく人生へのアプローチがここに

邸宅としての品格を漂わせながら人を迎える
エントランスアプローチ。
マンションとしての誇り高いゲートを
演出する花崗岩の壁面、
キャノピーをしつらえた高級感あふれる車寄せ。
甲突川緑地帯の自然を享受しながら、
四季を彩るゆたかな植栽。
そのすべてがここから始まる上質な日常を予感させます。

鹿児島を物語る4つの空間で
構成された
メインエントランス。

メインエントランスは「Welcome Wall」「First Cube」「Second Cube」「Third Cube」の4つの空間で構成。
それぞれの空間で鹿児島の歴史や文化を表現しています。
「Welcome Wall」は隣接する甲突川緑地の満開の桜をイメージし、
ホワイトベースにピンク色がちりばめられた花崗岩(かこうがん)を採用。
邸宅としてのしつらえを意識しました。

ラウンジである「First Cube」には錦江湾の緩やかな時の流れと
水面のゆらめきを感じさせる
アクセントタイルを配置。
エントランスホールの「Second Cube」は桜島の力強さをイメージ、
共用部の核としてのステイタスを演出。
エレベーターホール「Third Cube」は屋久杉の
雄大さ、温もり、やすらぎを
デザイン、天井格子から生み出されるやわらかな光に包まれた空間としています。

株式会社 穴吹工務店
商品企画部 設計二課 課長
一級建築士
木下 雅之 氏

エントランスホール完成予想CG
ウェイティングスペース完成予想CG

中庭を借景とした洗練のデザイン。
ホテルライクな気品に
満ちたラウンジ。

憩いの場にふさわしく、ゆるやかな時の流れを
デザインしたラウンジ空間。
壁面には錦江湾の水面のゆらめきを表現した
アクセントタイルを配しました。
ガラス越しにひろがる自然の景観、
間接照明のやさしい光。
心地よいひとときをお過ごしいただけます。
内外への動線となるホールの正面には桜島の力強さを
イメージした光壁をレイアウト。
ライトカラーの壁がその美しさを一層引き立てます。

ラウンジ完成予想CG

※掲載の外観完成予想CGは、現地付近から2021年4月に撮影したものに計画段階の図面を基に描き起こした建物外観完成予想CGを合成したもので、実際とは異なります。
雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。手前の公園は敷地隣接の甲突川右岸緑地であり、計画敷地ではありません。

※桜島の眺望や甲突川の眺望は住戸によっては望めない住戸もございます。あらかじめご了承ください。

※掲載の完成予想CG(Dタイプ)は、現地16階相当より東方面を2021年6月に撮影した眺望写真に、計画段階の図面を基に描き起こした完成予想CGを合成し、光等CG処理を加えたもので、実際とは異なります。
メニュープランのセレクト・カラーセレクトにより実際の色目・形状等が異なる場合がございます。なお、眺望等は将来的に保証されるものではありません。バルコニーの使用には制限があります。詳細は管理規約集をご確認ください。

※掲載のラウンジ・エントランスホール・ウェイティングスペース完成予想CGは、計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。家具・照明器具・調度品等は実際に設置されるものと異なる場合があります。