コラムグループ企業と連携し、実現する高品質リノベーション。

新築マンション分譲の三菱地所レジデンスと、リフォーム実績の豊富な三菱地所ホームが、
連携して中古マンションを再生し、高品質なリノベーションマンションを実現しました。

グループの総合力で、高いクオリティを目指す。

既存の住宅ストックを活用し、新たな価値を創造する「三菱地所レジデンスのリノベーション」。新築分譲マンションで培ったノウハウをリノベーションにも投入し、トレンドやニーズを反映することで、中古マンションの魅力と資産価値を高めています。
今回ご紹介するリノベーションマンションは、竣工から12年以上を経た『W Comfort Towers (ウエスト棟)』。三菱地所が分譲した、東京・東雲のタワーマンションです。その一室にリノベーションを施すにあたっては、同じ三菱地所グループの三菱地所ホームをパートナーに選びました。

W Comfort Towers WEST

ウエスト棟とイースト棟の2棟からなるタワーマンション。
パーティルームやフィットネスルーム、ゴルフレンジなど充実の共用施設と、ホテルライクなコンシェルジュサービスが魅力です。築年数を重ねた今も人気が高く、今回その一室が三菱地所レジデンスのリノベーションにより、装い新たに生まれ変わりました。

W Comfort Towers WEST
ウエスト棟は45階建て。東雲運河を見渡す眺望のよさも人気を集める理由のひとつ。
ウエスト棟のエントランスロビー
ウエスト棟のエントランスロビー。コンシェルジュカウンターを備え、ホテルのような上質な雰囲気。

「リノベーションの場合は、施工品質の高さと施工実績が大切です。三菱地所ホームは『W Comfort Towers』でのリフォーム実績が多数あり、安心して設計・施工をお願いできると思いました」。
さらに、弊社リノベーション事業部、原聖子の考える品質の高さとは、施工技術や仕様のことだけではありません。
「三菱地所レジデンスのリノベーション」が考える快適な空間、暮らしやすさを、いかに施工会社に理解してもらい、具現化できるかが重要。グループ企業だからこそ目指すリノベーションの形を、より共有できるのです。
事実、三菱地所レジデンスの新築マンション「ザ・パークハウス」で採用しているアイズプラスカラー(床や建具などをセレクトできる7つのカラーパターン)などを三菱地所ホームでも採用しているため、細部にいたるまで完成イメージを共有・実現しやすいと言えるのです。

また、三菱地所グループの総合力は売買仲介を担う三菱地所ハウスネット、マンション管理を担う三菱地所コミュニティとの連携にも現れています。
三菱地所グループの仲介会社であれば、所有するマンションを売りたいお客様にとってもリノベーションマンションを買いたいお客様にとっても、売買の不安を解消できます。
また、管理会社が同じグループであることは、リノベーションマンションを購入したお客様が新生活を迎えるうえでの安心材料。グループ企業同士が連携しているので、住まいの疑問やトラブルにも対応できます。

「マンションを売却するお客様にも、購入するお客様にも最大のメリットは、三菱地所グループの安心感だと思います。
新築マンションのようなクオリティは、設備・仕様だけでなく、そこにいたるプロセスとアフターサービスにも現れています」

弊社の目指すリノベーションとは、中古マンションを選択されたお客様に新築マンションのような品質の高い住まいを提供すること。「三菱地所レジデンスのリノベーション」は、グループ企業との協業を通じて、その理想を追求しています。

三菱地所レジデンス リノベーション事業部 開発第二グループ長 原 聖子
三菱地所レジデンス
リノベーション事業部
開発第二グループ長
原 聖子
新築分譲マンション販売や広告宣伝業務などを経て、リノベーション事業部へ。
中古マンションの仕入れ・リノベーション・販売を担当。三菱地所レジデンスが目指す、資産価値の高い中古マンションを提案している。

三菱地所レジデンス×三菱地所ホーム。
リノベーションポイントの実例

「W Comfort Towers WEST」に誕生した最新のリノベーションマンション。
三菱地所レジデンスと三菱地所ホーム両社のリフォーム担当者から、そのポイントをうかがいました。

リフォームポイント
三菱地所ホーム リフォーム業務部 設計グループ専任部長 髙橋典子(一級建築士)
三菱地所ホーム
リフォーム業務部
設計グループ専任部長
髙橋典子(一級建築士)
三菱地所レジデンス リノベーション事業部 開発第二グループ 江川裕子(一級建築士)
三菱地所レジデンス
リノベーション事業部
開発第二グループ
江川裕子(一級建築士)
  • ①キッチン

    システムキッチン、ディスポーザーを交換し、天井灯はダウンライトへと変更しています。

    キッチン
    奥にあるパントリーへの動線を考えて壁付キッチンを採用しました。(江川)
  • ②フォーカルコーナー

    元は和室だったベッドルーム2の押し入れをクローゼットにすることで生まれた廊下側のスペースに、遊び心のある空間を実現しています。

    フォーカルコーナー
    フォーカルコーナーとは空間とインテリアにメリハリを付けるコーナーです。(高橋)
  • ③洗面室・浴室

    明るく柔らかなカラーの洗面台に交換し、浴室は「ザ・パークハウス」仕様のユニットバスを採用しています。

    洗面室・浴室

    ④トイレ

    便器交換とともに、既存利用の手洗いカウンターの扉を替え、イメージを一新。床や壁をほかの水回り設備(キッチン、洗面台)のカラーと合わせることで統一感を出しています。

    トイレ
    カラースキームに対するイメージが両社で共有されているので、アクセントウォールも最適なクロスをセレクトできました。
  • ⑤リビング・ダイニング

    旧和室(ベッドルーム2)との間に壁を設けピクチャーレールも新設。戸境壁をアクセントウォールにすることで、奥行きを感じられる空間に仕上げています。

    リビング・ダイニング

    ⑥ベッドルーム2

    リビング・ダイニングへとひと続きだった和室は、床をフローリングに替え独立した洋室へ。

    ベッドルーム2
    想定する購入者(ファミリー層)のライフスタイルを想定してリフォーム内容を検討しました。
W Comfort Towers WEST(売却済)
所在地/東京都江東区東雲 竣工/2005年2月 総戸数/476戸

三菱地所レジデンス×三菱地所ホームで再生した『新百合ヶ丘パークハウス』の3LDK

神奈川県川崎市に三菱地所が分譲した「新百合ヶ丘パークハウス」でも、リノベーション工事を三菱地所ホームに依頼しました。
築30年弱となる当物件の一住戸を、弊社の新築分譲マンション「ザ・パークハウス」の設備・仕様に準じたリノベーションメニュー「THE ROOMS」に再生しました。
元は2LDKの間取りを、可動間仕切りを新設することで広々とした空間としても、3LDKとしても利用できるようにリノベーションしています。

可動間仕切りを採用し、個室としても利用できるリビング・ダイニング
可動間仕切りを採用し、個室としても利用できるリビング・ダイニング。家族構成の変化に対応できるようリノベーションしています。
洗面台などの水回り設備も「ザ・パークハウス」仕様
洗面台などの水回り設備も「ザ・パークハウス」仕様。
壁一面のクローゼット
3LDKとして利用できるように、収納を壁一面のクローゼットに変更しています。
新百合ヶ丘パークハウス(売却済)
所在地/神奈川県川崎市麻生区 竣工/1991年11月 総戸数/56戸

一覧に戻る

おすすめ物件

物件一覧