住まいづくり|三菱地所レジデンスの一戸建て

The Parkhouse STAGE ザ・パークハウス ステージ

ザ・パークハウス ステージとは

住まいづくりPLANNING

imagephoto

長く愛される住まいであるために。

私たちは、つねによりよい住まいを提供できるよう真摯に努力を重ねています。
採光性や開放感は十分に確保できているか、プライバシーに配慮されているか、 ライフスタイルの変化に対応できる可変性を備えているかなど、 実際の暮らしを考えたさまざまな観点から配慮を尽くし、住まいづくりに取り組んでいます。

概念図
  • 土地の声を聞く。

    住まいの設計を行う前に、何度も現地周辺を実際に歩いて調査します。敷地の形状、地勢、街の環境、周辺から受ける影響など、あらゆる観点から情報を収集し、状況を正確に把握します。

    imagephoto
    imagephoto
  • コンセプトの構築。

    現地調査後は、集めた情報を基に担当者が意見を出し合い、住まいづくりのコンセプトの素案をまとめます。次に、それが適切かどうかを繰り返し検討した上で、正式なコンセプトとして決定します。

    imagephoto
    imagephoto

住戸計画を貫くこだわり。

住まう方の目線に立って、上質な暮らしを謳歌していただける住まいの創造をめざしています。
たとえば、できるだけ南向きリビングを採用して快適性の向上を図っているほか、 リビング前に庭を設けて採光性や開放感を高めています。
また、住戸が向き合う部分ではプライバシーが守られるように、それぞれの窓の配置や形状への配慮もしています。

概念図
概念図
  • 庭とのつながり

    リビングと庭に一体感が生まれるように、開放感の高いサッシを採用しています。
    また、前面住戸と適度な緩衝空間を確保しつつ、まちとのつながりを意識し、借景も享受できるように配慮しています。

  • 南向きリビング

    リビングは、明るく爽やかな陽光に満たされて心地よいくつろぎの時間を過ごせるよう、なるべく住まいの南側に配置し、南に面する開口が大きくなるよう設計します。

  • プライバシーへの配慮

    隣接する区画の住戸間において、互いのプライバシーを守るため、できるだけゆとりを持って隣棟間隔を確保するとともに、窓からの視線を考慮して、窓の位置や形状、一部開口制限を設けるなど工夫をしています。

住空間計画

  • ザ・パークハウス ステージ 聖蹟桜ケ丘
    ザ・パークハウス ステージ 聖蹟桜ケ丘

    吹き抜けリビング・ダイニング

    吹抜けを設けたリビング・ダイニングスペース。
    上部の開口部からは陽光が導かれ、伸びやかな空間が自然の明るさで爽やかに満たされます。
    開放的な空間がよりいっそう心地よいくつろぎをもたらします。

  • ザ・パークハウス ステージ 聖蹟桜ケ丘
    ザ・パークハウス ステージ 聖蹟桜ケ丘

    LDK+和室/洋室

    広々とした空間を創出できるよう、LDKに隣接して和室や洋室を配置。
    扉を開け放てば、ホームパーティーなどに便利な大空間が生まれます。
    和室はプライベートな書斎や客間として、洋室はお子さまの勉強部屋などとしても活用できます。

  • ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺
    ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺

    オープンキッチン

    リビング・ダイニングとの一体感を生み出し、家族のコミュニケーションを楽しめるオープンキッチン。
    リビング・ダイニングでくつろぐ家族と会話をしながら、またお子様を見守りながら、料理をすることができます。

  • ザ・パークハウス ステージ 成城
    ザ・パークハウス ステージ 成城

    勾配高天井

    2階の居室などに高さ方向の広がりを創出する勾配高天井。
    開放感を感じられるとともに、天井の形状に変化を与え、室内を印象的に演出します。

  • ザ・パークハウス ステージ 戸塚(第1工区・第2工区)
    ザ・パークハウス ステージ 戸塚(第1工区・第2工区)

    スキップロフト/固定階段ロフト

    屋根裏空間を利用し、まとまった収納スペースとして活用します。
    スキップロフトは通常のロフトより低い位置にあり、上がりやすく居室と一体的な空間として利用できます。
    また、固定階段ロフトは荷物の上げ下げにも便利です。 ※掲載の写真はスキップロフトとなります。

  • ザ・パークハウス ステージ 戸塚(第1工区・第2工区)
    ザ・パークハウス ステージ 戸塚(第1工区・第2工区)

    スカイバルコニー

    屋根上の空間を利用した戸建ならではの特性を活かした、スカイバルコニー。
    陽光や爽やかな風に包まれて、くつろぎのティータイムやガーデニングなどを楽しめます。

ライフスタイルに合わせた
可変性の高い空間の設計。

長く住まわれていると、家族構成が変わるなどしてライフスタイルも変化することがあります。そのような場合にも対応できるよう、一部の住戸ではあらかじめ可変性を考えて構造を設計。
ふたつの部屋をひとつにできる撤去可能壁を採用したタイプや、ひとつの部屋をふたつに分けられる間仕切を後から設置できる仕様にしたタイプなどを設けています。

imagephoto
imagephoto
概念図
概念図
概念図
概念図

収納計画

各部の空間を有効に活用し、収納スペースを充実。
戸建ならではの建物構造を活かし、さまざまな部分に収納スペースを確保しています。
居室内だけでなく、床下や階段下、小屋裏、下屋裏、ロフトなど、空間を有効に活用した収納スペースを豊富に設け、 将来にわたってゆとりを持って暮らしていただけるよう配慮しています。

+を押すと詳細をご覧いただけます。

概念図
概念図
概念図
概念図

※掲載の内容は、住空間計画・収納計画の事例を紹介したもので、各物件・住戸によって採用の有無が異なります。詳しくは各物件のパンフレット等でご確認下さい。
※掲載の収納設備写真は全て参考写真です。

シューズインクローゼット

ブーツや靴などを楽に収納できるシューズインクローゼット。ゴルフバック等、長ものも収納できます。

参考写真
参考写真

外部物入

アウトドア用品や園芸用品など、屋外で使用したものをそのまま収納するのに便利なスペースです。

参考写真
参考写真

備蓄倉庫

万一の災害時に備えた、防災グッズを備蓄できる備蓄倉庫です。
※入居時に防災バックをお渡しします。その他、必要なものは各自ご購入下さい。

参考写真
参考写真

リネン収納

洗面時に、タオルや洗面用品がすぐ取り出せるリネン収納。洗剤などの収納にも便利です。

参考写真
参考写真

三面鏡裏収納

三面鏡裏のスペースを活かした収納。洗面小物やドライヤーなどをすっきり片づけておけます。

参考写真
参考写真

下屋裏収納

はしごを使用しないでアクセスできるので、普段は使わない家具や家電製品などのような、重い荷物の収納にも最適です。

参考写真
参考写真

床下収納

キッチン・洗面室の下部スペースを有効に活かした床下収納。キッチンなら調味料類など、洗面室なら洗剤などのストック収納に便利です。

参考写真
参考写真

小屋裏収納

屋根裏部分を活用した収納スペース。普段は使わない季節用品をしまう等に利用できます。

参考写真
参考写真

キッチン吊戸棚

ラップや調理器具などを収納できる便利な吊戸棚。必要なものをすぐに取り出せ、機能的なキッチンを実現します。

参考写真
参考写真

サムシングラック

扉を閉じたままでもキッチンペーパーを取り出せるサムシングラック。

参考写真
参考写真

パントリー

調理器具やストック食材などをしまっておくのに便利な収納スペースです。

参考写真
参考写真

トイレ収納

小物やトイレットペーパー、掃除アイテムなどの保管に便利で、空間をすっきりと見せる収納スペースです。

参考写真
参考写真

ウォークインクローゼット

洋服を機能的に収納できるハンガーパイプのほか、帽子やバッグを置ける棚も設置。スーツケース等も置けます。

参考写真
参考写真
ページの先頭に戻る