まちづくり|三菱地所レジデンスの一戸建て

The Parkhouse STAGE ザ・パークハウス ステージ

ザ・パークハウス ステージとは

まちづくりDEVELOPMENT

ザ・パークハウス ステージ 上野毛

個だけではなく、まちそのものに価値を。

開発計画全体の中で、土地の選定から街区計画までをまちづくりとし、生涯豊かに暮らせる場を実現できるよう取り組んでいます。
暮らしやすい立地条件を備えた土地を選び、そこに豊かなコミュニティが育まれていくまちをめざしてマスタープランを構築。
長期的に資産価値を維持できるよう、周辺のまちなみや景観との調和も考慮して、まちづくりを進めます。

概念図
  • 良好な土地選び。

    魅力的なまちづくりは、良好な土地を見つけることからはじまります。
    「駅や商業施設、教育施設、緑豊かな公園などに近い」「閑静な住宅地に位置している」「良好な住環境が守られている用途地域に属している」「都心への通勤圏内にある」「良好な地盤である」といった条件を重視して土地を選んでいます。

    概念図
    概念図
  • 周辺との調和を考慮。

    ザ・パークハウス ステージならではの存在感のあるまちづくりをめざして取り組む一方で、周辺のまちなみや景観などを考慮することも大切だと考えています。
    その地域に末永く根ざしていきたいとの想いから、つねに同じデザインでなく、その土地だからこそのデザインを追求しています。

    imagephoto
    imagephoto
  • まとまりある区画数であることを前提に。

    周辺のまちなみとの調和を図りつつ、ザ・パークハウス ステージ自体の「まちなみ」「コミュニティ」を形成できるよう、まとまりある区画数を確保できる計画としています。これにより、住んでみたいと思っていただける、優美で洗練された景観の戸建街区をめざしています。

    概念図
    概念図
  • 時を経るほど美しくなるまちを。

    暮らしているまち全体をいつまでも大切にしたいと思っていただけるよう、時を経るほどに味わいが増し、さらに成熟した魅力を放つようなまちづくりをめざしています。建物の外観や外構を風格や存在感に配慮した構成とし、資産価値が長く維持されるよう計画しています。

    ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺
    ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺

「同一」ではなく「統一」をめざした調和デザイン。

大型のまちづくりであっても、都心の小さなまちづくりであっても、すべての建物を同一のデザインで計画することはありません。
建築様式やスタイルを統一させつつ、各建物の個性も際立たせることで、全体として調和のとれた新たな街区を創造する。
そんな設計思想を貫いて、ザ・パークハウス ステージは、品位を感じていただける戸建のまちをめざしています。
柔軟な発想での住まいづくりを心がけ、住まう方にいつまでも満足していただける、上質で心地よい街区のあり方を求めつづけています。

  • ザ・パークハウス ステージ 下井草ザ・パークハウス ステージ 下井草
  • ザ・パークハウス ステージ 武蔵小金井ザ・パークハウス ステージ 武蔵小金井
  • ザ・パークハウス ステージ 上用賀ザ・パークハウス ステージ 上用賀
  • ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺
  • ザ・パークハウス ステージ 上用賀ザ・パークハウス ステージ 上用賀
  • ザ・パークハウス ステージ 奥沢東玉川ザ・パークハウス ステージ 奥沢東玉川

土地の魅力を最大限に引き出すまちづくりを。

取得した土地の形状や周辺環境などの条件を考慮しながら、魅力を引き出すための話し合いを重ねます。
策定したマスタープランを基に、まちの価値が高まる区画割りなどを決定し、ベストなまちづくりをめざしています。

  • 概念図
    概念図

    ゆとりに満ちた快適な暮らし心地を。

    まちづくりで重視すべきは、ゆとりに包まれて快適に暮らせる場であること。
    敷地内に効率よく区画を配置することを考慮しつつ、ときには区画数を抑えてゆとりを確保することもあります。
    住まう方が末永く満足度の高い暮らしを謳歌できることをめざしています。

  • ザ・パークハウス ステージ 成城
    ザ・パークハウス ステージ 成城

    街区内道路の工夫もまちづくりの一つ。

    街区内には、直線道路だけでなく、まちなみに変化を生む曲線的な道路やインターロッキング舗装の道路を設けることもあります。
    邸宅と道が織り成す景観を一層魅力的にしています。

  • image
    image

    緑の連なり。

    各区画の外構には豊かな植栽を施し、それらが道沿いに連なるよう計画します。一邸一邸に美しく配された植栽がつながって潤いにあふれるまちなみを創出し、“緑の道”として魅力を高めます。

細部に至るまでのあくなきこだわり。

まちづくりと住まいづくりを同時に発想するザ・パークハウス ステージ。
道路一本の幅から植栽計画、外構・外観デザインによるまちなみの調和まで、三菱地所レジデンスならではのこだわりを行きわたらせています。

+を押すと詳細をご覧いただけます。

概念図
概念図

※掲載の内容は物件により異なる場合があります。詳しくは各物件のパンフレット等でご確認ください。

自転車置場スペース

駅からの距離など立地環境を考慮し、住まう方のニーズを想定して、あらかじめ自転車置場スペースの大きさ等を計画しています。

スカイライン

屋根勾配や、寄棟・切妻など屋根形状にもルールを持たせ、心地よいリズム感を演出するなど、美しいスカイラインが生み出されるよう工夫しています。

ザ・パークハウス ステージ あざみ野
ザ・パークハウス ステージ あざみ野

陽だまり空間

カースペースはなるべく隣り合うよう計画し、ゆとりある陽だまり空間を生み出し、まちなみに開放感とゆとりを創出します。

ザ・パークハウス ステージ 武蔵小金井
ザ・パークハウス ステージ 武蔵小金井

コーナーウォール

街区の角地にはできるだけコーナーウォールを設置。街区の顔として上質なまちを印象づけるように、佇まいにも気を配っています。

ザ・パークハウス ステージ 横浜三ツ沢公園
ザ・パークハウス ステージ 横浜三ツ沢公園

電柱配置

電柱を設置する場合は、通行する人や車のじゃまにならないよう配慮。可能な場合は、木肌に似せた擬木電柱や落ち着いた色調の電柱を採用し、邸宅街としての景観を維持するよう計画。また、電線地中化のまちづくりを行うこともあります。

ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺
ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺

境界ライン

区画の所有者が明確になるよう、なるべく、壁やフェンスを一区画ごとに分割。将来的に隣地との問題が生じないよう、土地の境界をわかりやすくする工夫をしています。

概念図
概念図

街区内道路計画

できるだけ側溝をメンテナンスしやすい構造に。また、道路に勾配をつけて水はけをよくしています。

概念図
概念図

地盤計画

大雨などによる浸水のリスクを考慮して、各区画の地盤面を道路よりも高く設計しています。

概念図
概念図

インターロッキング

街区内の道路にはなるべくインターロッキングを採用。まちを美しく演出しながら車の減速や安全確認を視覚的に促します。

ザ・パークハウス ステージ 下井草
ザ・パークハウス ステージ 下井草

シンボルツリー

それぞれのまちづくりに合わせて、四季を彩る常緑樹や季節感のある落葉樹をシンボルツリーとして、街区内の数箇所に植樹。周辺地域の植生に合わせて樹種を選ぶ工夫も行っています。

左からザ・パークハウス ステージ 武蔵小金井、ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺、ザ・パークハウス ステージ 上野毛
左からザ・パークハウス ステージ 武蔵小金井、
ザ・パークハウス ステージ 吉祥寺、ザ・パークハウス ステージ 上野毛

緑の小径

敷地が路地状部分で道路に接する場合、なるべく植栽を配して、アプローチに緑美しい景観を演出したり、隣接住戸からの視線を遮るようにしてプライバシーに配慮しています。

ザ・パークハウス ステージ 上野毛
ザ・パークハウス ステージ 上野毛
ページの先頭に戻る