"一生ものに、住む。"ということ都心に住むことの醍醐味をすべて叶えてくれる場所。

[一生ものの住まい]

2015年09月15日

自然の豊かさ、交通や買い物の便、文化・教育施設の充実――。人が住環境に求めるものはさまざまだが、この辺りは共通するところだろうか。それらが心ゆくまで満たされることは、人がその場所に根づき、長く住み続けていくための大前提となる。そういう意味では〈ザ・パークハウス グラン 千鳥ヶ淵〉が立つ東京都千代田区三番町ほどの土地も珍しいのではないか。都心最大級の緑域でもある皇居のお堀端、江戸時代に築かれた千鳥ヶ淵を目の前にする角地。木々や動物たちが息づく自然の一角とでもいうような場所だ。

そもそも番町界隈は、古くからのお屋敷町。江戸時代には白河藩主の屋敷が置かれたほか、明治から大正、昭和にかけては藤田嗣治や島崎藤村、菊池寛などの芸術家や作家たちも居を構えた。時代を下って現代は、国立近代美術館や国立劇場、日本武道館など文化施設の多いエリアともなった。長い時間をかけて文化的薫りの高い土壌が培われてきたのだ。さらにこのエリアは、都心ならではの便利さを享受できる場所でもある。官公庁や世界の企業が集まる大手町、丸の内、永田町はもとより、銀座、赤坂、六本木などショッピングや数々のエンターテインメントが待つ街へも至近。公共交通機関も不足なくそろうから、アクセスはどこであってもスムーズだ。

高層集合住宅の黎明期、1970年から続く「パークハウス」ブランドの哲学を受け継ぐ、「ザ・パークハウス グラン」。その歴史と実績があってこそ、自然、文化、機能性と、都心居住の醍醐味をすべて手にすることが可能となったのだ。

北の丸公園の緑の中にある科学技術館。科学技術や産業技術の紹介を主軸とした博物館。体験型の展示の多さでも知られ、子どもたちにも人気が高い。

昭和期の日本を代表する建築家のひとり、谷口吉郎設計による東京国立近代美術館。フィルムセンターやアートライブラリーも備えている。

1964年の東京オリンピックの際に、柔道競技場として建設された日本武道館。現在は武道大会はもちろんのこと、数々のイベント会場としても使用される。

武蔵野台地から、かつての日比谷入江へと注ぐ川の流れをせき止めて作られた千鳥ヶ淵。岸辺は自然の地形が残っており、春には満開の桜で埋め尽くされる。

  • "一生もの"と言える証。     

    "一生もの"と言える証。
  • 土地の魅力を最大限に引き出した幸せな建築。

    都心に住むことの醍醐味をすべて叶えてくれる場所。
"一生ものに、住む。"ということ トップ

おすすめの物件

一生ものの住まい 新着記事

一覧

閉じる
お気に入りに追加されました

お気に入り一覧へ

まとめて資料請求できるのは5件までです

OK

お気に入りに登録にするには
会員登録が必要です

会員登録するとマイページ内でお気に入り物件を確認することができます。

会員登録