間取図チェックでここまで分かる!住生活コンサルタント大久保恭子さんが考える夫婦2人暮らしに最適な3LDKのポイント

間取図チェックでここまで分かる!
住生活コンサルタント大久保恭子さんが考える
夫婦2人暮らしに最適な3LDKのポイント

[住まい選びの基礎知識]

2017年08月01日

マンションでよく目にする間取りといえば「3LDK」を連想する人も多いはず。この記事では、ここ数年増えている60m2台後半~70m2台前半の3LDKにフォーカス。住生活コンサルタントの大久保恭子さんに「夫婦2人暮らしを想定した場合の間取図のチェックポイント」を挙げていただきました。

「後で変えられない部分」からチェック

●近隣の住環境、希望住戸の配置確認からスタート

間取図のチェック前に大前提として確認するべき条件があります、と大久保さん。「それがマンション周囲の住環境。間取図上でリビングが南向きでも、南側に高層の建造物があれば日当たり、風通しが良いとは限りません。また、隣の敷地の端からマンションの建物までの距離、ご自分が候補に挙げている住戸の階や住棟内の配置も確認しておくと、眺望や外からの視線などをより具体的にイメージできます」。

●梁、天井高、窓サイズなどもふまえて立体的にチェック

住戸内は専有部分なので、間取り変更、最新の住宅設備に更新するなどのリフォームは可能ですが、周囲の住環境や住棟内の配置は当然変えられません。前述のチェックはそのための事前確認というわけです。「住戸内では、梁の位置や大きさ、天井高、窓のサイズなど開放感のある空間かどうかなどもチェックして間取り図を“立体的に見る”ようにしましょう」。

リビングダイニング隣の洋室を活用して寛ぎ空間を拡大

●夫婦2人+小さなお子様がいてもリビングダイニングはゆとりの広さ

ではいよいよ、間取図チェックをスタート。まずは「ザ・パークハウス 浦和岸町」Hタイプ(約12.0畳)のリビングダイニングを見ていきます。お約束のダイニングセット、リビングソファセットをあえて置かずに「例えば、食事・勉強・趣味などに使う大きめのテーブル+家族それぞれのパーソナルチェアを置いてもいいでしょう。夫婦2人はもちろん、小さなお子様がいる家族にも十分な広さです [1]」。

ザ・パークハウス 浦和岸町 Hタイプ 72.24m2< 3LDK+2WIC+N

ザ・パークハウス 浦和岸町 Hタイプ 72.24m2< 3LDK+2WIC+N

ザ・パークハウス 浦和岸町 Hタイプ 72.24m2 3LDK+2WIC+N

●コーナーがすっきりするアウトフレーム工法

隣接する洋室3(約5.0畳)とは全開できるウォールドアで隔てられていて [2]、開けてつなげれば約17畳の寛ぎ空間に。「夫婦でも時には個々の時間をもつことも大切。その点、モデルルームで提案されている洋室3の壁につくられたカウンターテーブルは読書やパソコンを使ったりするのにぴったり適しています [3]」。さらにアウトフレーム工法の採用で、柱が部屋の内部に食い込まずコーナーがすっきり [4]。リビングダイニングはやや縦長で壁が多く、家具が配置しやすそうです。

●キッチンと洗面室が近いほどスムーズな家事動線に

キッチンは冷蔵庫置場のほか、案外かさばる分別ゴミ箱、電子レンジや食器棚の設置場所も必要。「家電のサイズや食器の量などによっても変わりますので、広さは3~4畳を基準に [5]。また、キッチンと洗面室の場所が近いので料理と洗濯を同時に進めやすく、家事の時短にも適した動線になっています [6]。共働き夫婦には特にうれしいプランでしょう」

ザ・パークハウス 浦和岸町のモデルルーム(Hタイプ・メニュープラン1)のリビングダイニング。写真奥の壁に設けられているカウンターテーブル(間取図[3]の部分)は夫婦個々のスペースにぴったり

ザ・パークハウス 浦和岸町のモデルルーム(Hタイプ・メニュープラン1)のリビングダイニング。写真奥の壁に設けられているカウンターテーブル(間取図[3]の部分)は夫婦個々のスペースにぴったり

ザ・パークハウス 浦和岸町のモデルルーム(Hタイプ・メニュープラン1)のキッチン。セミオープンでダイニング、リビングにいる人との会話を楽しみながら作業できる

ザ・パークハウス 浦和岸町のモデルルーム(Hタイプ・メニュープラン1)のキッチン。セミオープンでダイニング、リビングにいる人との会話を楽しみながら作業できる

ザ・パークハウス 浦和岸町のモデルルーム(Hタイプ・メニュープラン1)の洋室2。アウトフレーム工法で部屋の内側に柱が出っ張っていないため、ベッドをピタリと壁に寄せて置ける

ザ・パークハウス 浦和岸町のモデルルーム(Hタイプ・メニュープラン1)の洋室2。アウトフレーム工法で部屋の内側に柱が出っ張っていないため、ベッドをピタリと壁に寄せて置ける

人気の横長リビングダイニングにはキッチンにも魅力が

●光、風がたっぷり入る“横長リビング”

続いては「ザ・パークハウス 杉並上井草」Iタイプ。従来はバルコニーに対してリビングダイニングが縦になる“縦長リビング”が一般的でしたが、ここは、バルコニーに並行する形の“横長リビング”。近年人気で増えている間取りです。「こちらは開口部いっぱいに窓があり、光や風がたっぷり入ります。住人は基本的にリビングダイニングで過ごす時間が一番長いので、住み心地の満足度が上がるのではないでしょうか [1]」

●窓が近くて開放的なので立つのが楽しいキッチン

キッチンがバルコニーに近いことにも注目 [2]。窓の外にある眺めを楽しみながら作業できますし、ダイニングやリビングにいる人との距離も近く、自然に話が弾みそうです。将来、リビングダイニングで遊ぶお子さんを見守りながらの料理にも適しています。

ザ・パークハウス 杉並上井草 Iタイプ 70.68㎡ 3LDK+N+WIC

ザ・パークハウス 杉並上井草 Iタイプ 70.68㎡ 3LDK+N+WIC

ザ・パークハウス 杉並上井草 Iタイプ 70.68m2 3LDK+N+WIC

●長めの廊下で洋室の独立性を確保

横長リビングは縦長リビングに比べて廊下が長い分、洋室2室の独立性が高くなるメリットも。子ども部屋を与える、夫婦の寝室をつくるなどもしやすそうです [3]。「寝室はベッドがどのようにレイアウトできるかを確認したいところです。詳細な寸法が入った間取図が手に入れば、ご自分のベッドの縮尺と比較して収められるかをチェックしましょう」

全居室収納付きで、室内が散らかりにくい間取り

●モノの移動が最短距離で済むのが理想的な収納

最後は「ザ・パークハウス 山吹神楽坂」のHタイプ。「住宅の床面積に占める収納面積の比率を示す収納率は8~10%が標準的。この間取りはそれを満たすうえ、設置場所も工夫されています。リビングダイニング、洋室3室、キッチン、洗面室、廊下にも収納があるので [1]、各々の場所で使いたい時にさっと取り出して、使い終わったらすぐ収納できます。自然とモノが散らかりにくい家になりそうですね」。将来、お子さんに“片付け癖”をつけるのにも好都合といえそうです。

ザ・パークハウス 山吹神楽坂 Hタイプ 71.00㎡ 3LDK+WIC

ザ・パークハウス 山吹神楽坂 Hタイプ 71.00㎡ 3LDK+WIC

ザ・パークハウス 山吹神楽坂 Hタイプ 71.00m2 3LDK+WIC

●独立性が高いリビングダイニング横の洋室

リビングダイニング隣の洋室2は、ウォールドアで隔てられていて全開すれば広く使えます。さらにクランク状にレイアウトされていて、キッチン、ダイニング辺りから室内すべてを見通せず、独立性が高くなっているのもポイントです [2]。夫の書斎や妻のホビールームにする、あるいはリビングダイニング経由の動線で親とのコミュニケーションが取りやすいため、将来は子ども部屋にするのも良いかもしれません。

レジデンスギャラリー見学時には実物のモデルルームと検討中の間取りの相違点をチェック

間取図のチェックだけでもさまざまな情報やイメージを手に入れられることがお分かりいただけたでしょうか。大久保さんは「レジデンスギャラリーに用意されているモデルルームがご自分の検討している間取りと同じになるとは限りません。現地では、検討中の間取りの図面と実際のモデルルームを比較しながら相違点を担当者に聞き、メモを取るなど記録しておくことが大切です」とアドバイスしてくれました。

この記事で紹介したマンションはもちろん、ほかのザ・パークハウスも間取図をチェックして、気になる物件があればレジデンスギャラリーへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

大久保恭子さんプロフィール

大久保恭子さん

住生活コンサルタント。「マンション評価ナビ」代表。リクルート「週刊住宅情報(当時)」編集長・執行役員、日立キャピタル執行役員などを経て株式会社風を設立。住み手視点の住宅プラン開発やセミナーなども手がける。国土交通省社会資本整備審議会委員、東京都住宅政策審議会委員などの公務を歴任。All About「賢いマンション選び」のガイドも務める。著書に「マンション選びは『立地』がすべて」「資産になる『いい家』の見つけ方・買い方」など。

Text:保倉勝巳

掲載の写真は、ザ・パークハウス 浦和岸町のモデルルーム(Hタイプ・メニュープラン1・カラーセレクト:グレーオーク)を撮影(平成28年9月)したもので、エアコン・造作家具・照明・装飾用小物等オプション(有償)も含まれております。また、家具・調度品等は販売価格に含まれておりません。メニュープラン、カラーセレクト、各種オプション等には申込期限がございます。
掲載の図面は計画段階のもので、今後変更になる場合がございます。
掲載の情報は平成29年8月1日現在の情報です。販売状況等の詳細は各物件公式サイトをご確認下さい。

おすすめの物件

住まい選びの基礎知識 新着記事

一覧

閉じる
お気に入りに追加されました

お気に入り一覧へ

まとめて資料請求できるのは5件までです

OK

お気に入りに登録にするには
会員登録が必要です

会員登録するとマイページ内でお気に入り物件を確認することができます。

会員登録