一生もん
×
ザ・パークハウス

ザ・パークハウスと価値を共有する
「京の一生もん」

平安の都として栄え、千年の歴史が培う風雅の薫りが今も漂う街、京都。
それは、悠久の時を経て、世代を重ねるごとに伝統と革新を繰り返し、洗練された独自の発展が続いています。

私たち三菱地所レジデンスの「ザ・パークハウス」がお客様に提供するのは、「一生もの」。
それは、どんな時でも安心を感じることができ、上質な暮らしを楽しめること。
住むほどに誇りと歓びが深まっていくこと。

「千年の都、京都」と「ザ・パークハウス」
京の都が長い年月をかけて、育んできた上質な文化・暮らしは、
ザ・パークハウスが追及する「一生もの」の価値観と通じるものがあるのではないでしょうか。

三菱地所レジデンスが贈る、京都の魅力が詰まった
オリジナルムービー

「京の一生もん」~ものづくり~

手ぬぐい
永楽屋
えいらくや
その時々の潮流を映す
古くて新しい手ぬぐいの世界

古くは奈良時代に祭礼の装飾品として用いられたと
伝わる手ぬぐい。
以来、貴族や大名などの間で
さまざまな色柄が考案されて重用されました。
その後、江戸時代になると庶民の間でも
多用されるようになったといいます。
400年以上の間、木綿問屋として商いを続けてきた
永楽屋。
その歴史や時代を映す文様、現在の取り組みについて
14世細辻伊兵衛さんにお聞きしました。

技術や潮流の学びの場が、
京都にはある

京都は世界の財産です。京都にしかないものがたくさんある。うちが作る手ぬぐいもそのひとつだと自負しています。世界遺産もあれば自然もある、食文化、伝統芸能、日本建築と挙げればきりがない。町そのものが歴史博物館です。それは百年やそこらでできるのもではなく、千年以上の時間を費やしたからこそです。うちの手ぬぐいもご先祖さまが残してくれたものですが、今や自分達だけのものではない。そんな文化遺産を伝えていくのが、私の役割だと思っています。ひとりでも多くの方に先人が残したものを見ていただく。それこそが継承です。さらに言うならば、そこには学びがあります。学びは私にとっても一生ものです。生きて暮らすことのなかには、さまざまな学びがあります。美術館を開くことで、芸術やエンターテインメントに興味がある人にも来ていただける。学びの場をつくることも、一生涯をかけてやっていきたいことのひとつです。
永楽屋14世 細辻 伊兵衛

永楽屋14世 細辻 伊兵衛
永楽屋
(えいらくや)
細辻伊兵衛美術館
(ほそつじいへえびじゅつかん)
所在地
/ 〒604-8174京都市中京区室町通
三条上ル役行者町368
TEL
/ 075-256-0077
細辻伊兵衛美術館
※記載の写真、内容は取材当時(2022年6月)のものです。

「京の一生もん」~ものづくり~

老舗創作竹芸品
公長斎 小菅
こうちょうさい こすが
素材を厳選してその価値を高める
シンプルな機能美は一生もの

素材、デザイン、機能性といったものづくりのすべてを
「追求するのが当たり前」というのが京都の美意識です。
明治31年(1898)の創業以来、「竹の価値を高めたい」と
竹製品ひとすじに力を注いできた「公長斎小菅」も
まさにそれを体現するお店。
感性を研ぎ澄ませてつくる品はいずれも上質で、
シンプルなのに使い勝手がいい。
一生そばに置いて使い続けたいと思わせてくれるもの
です。

京都は多様性、深さだけでなく幅もある

京都はどこに行っても文化的なものに出会える場所です。たとえば、和食店に行けば美味しい日本料理をいただけるうえ、貴重な器や調度にも触れることができます。新しく開業したお店にうかがっても、古い陶磁器や蒔絵のお椀に料理を盛ってだされたりする。そんなときは、京都の文化の質を感じずにはいられません。
街中に骨董通りと呼ばれるエリアがあって、美術品や古物を拝見できることもある。何百年も前の職人さんたちの力量を思い知らされます。
外の人を受け付けないと誤解されがちですが、実際は来るもの拒まずの街です。そういう意味では京都は多様性のある町なんですね。深さだけではなく幅もある。そんな京都の一面を感じていただければと思います。
代表取締役社長 小菅 達之

代表取締役社長 小菅 達之
公長斎 小菅
(こうちょうさいこすが)
所在地
/ 〒604-8004京都市中京区中島町74
ザ ロイヤルパークホテル 京都三条1F
TEL
/ 075-221-8687
公長斎 小菅
※記載の写真、内容は取材当時(2021年10月)のものです。

「京の一生もん」~ものづくり~

京扇子
宮脇賣扇庵
みやわきばいせんあん
時代を経てなお愛される
心をうつす京の逸品

江戸時代1823年創業の老舗扇子商。
その時々の高名な絵師に絵柄を依頼するなど、
創業以来ほぼすべての品を自社でデザイン製造
してきました。
実用扇子のほか、飾り扇、舞扇、茶席扇など
種類は豊富です。
5代目宮脇新兵衞の孫で8代目社長、南忠政さんは、
若手デザイナーとのコラボレーションなど
新たな試みにも力を注ぎます。

日本文化の本質に触れる場が
身近に

大阪で生まれ育ったこともあり、京都はある意味敷居の高い場所でもありました。けれど、実際に住んでみると、あらゆる部分で誇れる場所だと改めて思います。伝統文化を体感できるお茶やお菓子、工芸品といった上質なものがすぐ身近にあります。
さらに言うならば、料亭など少し気後れする店も、訪ねてみるとあたたかく迎え入れてくださる。
今、私は京都市内に住んでいますが、街自体がコンパクトで、このジャンルのアイテムはここで買い求めれば確実という上質な専門店が身近にあるのも幸せなことです。京都で過ごしていただければ、日本文化の本質に触れ、さまざまな出会いを愉しんでいただけるのではないでしょうか。
代表取締役社長 南 忠政

代表取締役社長 南 忠政
宮脇賣扇庵
(みやわきばいせんあん)
所在地
/ 〒604-8073 京都市中京区
六角通富小路東入ル大黒町80-3
TEL
/ 075-221-0181 (代表)
宮脇賣扇庵
※記載の写真、内容は取材当時(2021年10月)のものです。

「京の一生もん」~こころいき~

観世流 能楽師
田茂井廣道
たもいひろみち
650年継がれてきた能を
後年にも遺したい

京都の能楽師の家に生まれ
3歳で初舞台を踏んで以来、
能楽師としての道を歩んできた
観世流能楽師シテ方の田茂井廣道さん。
重要無形文化財保持者(総合認定)でもある
国の宝です。
「能楽」とはどのような伝統芸能なのか、
能の魅力や楽しみ方とともに、
ご自身のこれまでの歩みや、
能を受け継ぐことへの想いについてもお聞きしました。

能は自分にとって
一生勉強できる場

能を鑑賞することは、装束や面など室町時代から継がれてきた伝統工芸品なども、間近に観て楽しむということです。京都の食や名所などとともに能を体感できる幸せを感じていただければ幸いです。さらに京都には演目の舞台になっている場所や名所も多く、古典芸能を継ぐものにとってはありがたい場所です。東京の能楽師からは、そんな環境にいることを羨まれるほど。京都という場所は、われわれ伝統文化に関わるものも、暮らしている方、訪れる方にとっても文化的なことを受け入れる土壌や素地のある、寛容で成熟した街なんですね。
能は私にとっての一生もの。だからこそ、これからも芸はもちろん、見識を磨いていく必要があると思っています。観世流の能には215もの演目があります。それらを覚えていくのはなかなか大変なことなのですが、何度も演じることでおのずと体に入っていきます。前回の舞台より少しでもよい舞台にしたいとの想いから、さらに古典を学んだり、表現方法を試したりと試行錯誤を重ねます。そういう意味では、能楽師は一生勉強、これで良いと思うことはない。日々修業を怠れない職業なのです。

観世流 能楽師 田茂井廣道

観世流 能楽師 田茂井廣道
観世流 能楽師
田茂井廣道

(かんぜりゅう のうがくし
たもいひろみち)

能楽シテ方観世流能楽師。準職分。
重要無形文化財(能楽)保持者。
京都観世会、京都能楽会、能楽協会京都支部、
林定期能楽会、林同門会に所属。

観世流 能楽師 田茂井廣道
※記載の写真、内容は取材当時(2022年10月)のものです。
 取材協力:真謡会館

「京の一生もん」~こころいき~

日本料理
研野
けんや
京都の「懐の深さ」を感じる日々
ご縁が今の私たちを支えている

2021年の開業以来、料理への高い志と
客想いのもてなしで
評判を呼ぶ
「日本料理 研野」。
店主の酒井研野さんは青森県出身、
女将の愛さんも岐阜県出身と、
京都府以外から移り住んだおふたり。
他県出身者だからこそ感じる京都の魅力や住み心地、
酒井さんご夫妻が想う「一生もの」について
お聞きしました。

ご縁こそが一生もの
次世代にも繋ぎたい

京都は、外の人を受け入れないイメージがありますが、まっとうな考えでまっとうな商売をする人に対して、手を差し伸べてくれる街です。いったん懐に入ると、京都の方はとてもよくしてくださいます。知り合いを紹介し、必要なものに繋いでくださる。皆さん、惜しげもなく知恵を授けてくださるので、それは本当に財産です。この地で開業したことで、京都の人のあたたかさやご縁の大切さを実感しました。
今や私たちにとって京都は第二の故郷。故郷は、無条件で自分のことを愛してくれるところだと思っていて、京都もそういう場所になりました。
自分のような何もできない若造に、料理だけでなく礼儀作法など社会に出て必要なことを教えてくれたのは、修業先の「菊乃井」です。今度は自分の番だと思っています。次代の料理人たちに、自分が感じたこと、教えてもらった大切なことを伝えたい。いただいたご縁、繋いでいただいたご縁が、自分たちにとっては一生ものです。それを継いでいくことが京都への恩返しだと思います。
日本料理研野 店主 酒井 研野

亀屋良長 8代目 吉村良和
日本料理 研野
(にほんりょうり けんや)
所在地
/ 〒606-8351
京都市左京区岡崎徳成町28-22
TEL
/ 075-468-9944
亀屋良長 吉村和菓子店
※記載の写真、内容は取材当時(2022年6月)のものです。

「京の一生もん」~こころいき~

京菓子司
亀屋良長
吉村和菓子店
かめやよしなが
よしむらわがしてん
懐を澄ませて作り続ける
老舗和菓子の伝統技と新思考

江戸期・享和3年(1803年)の開業以来、
京都7名水のひとつ醒ヶ井の水を用いて、
茶席用の上生菓子や干菓子のほか、
時代に添ったアイデアあふれる和菓子を作り商う
「亀屋良長」。
「懐を澄ます(利益は世のために使ってこそ浄化される)」を信条に歩む
8代目吉村良和さん、由依子さんご夫妻にお話を伺いました。

昔も今も変わらない、
ものづくりの心が息づく京都

海外からの観光客が多く訪れていた頃、各種みやげ物として和風の色柄であったり、京都的なデザインを施してあったりと「わかりやすい」和の商品が好まれていたように思います。
けれど、今は変わりつつあります。どれほどモダンにアレンジしてあったとしても、その奥にある伝統的な技術や心を見逃しません。どれほどの努力や研鑽がその商品をつくるためになされているかという、「見る目を持つ」方が増えているように感じます。それは、京都に何度も訪れて「伝統と革新を繰り返す真摯なものづくり」に実際に触れたからではないでしょうか。
昔も今も変わらない、濃く深いものづくりの心が京都には息づいています。それらを間近に見て感じていただくことが、京都の魅力を知ることに繋がっていくかと思います。
亀屋良長 8代目 吉村 良和

亀屋良長 8代目 吉村良和
亀屋良長
吉村和菓子店

(かめやよしなが
よしむらわがしてん)
所在地
/ 〒600-8498 京都市下京区
四条通油小路西入柏屋町17-19
TEL
/ 075-221-2005
亀屋良長 吉村和菓子店
※記載の写真、内容は取材当時(2021年10月)のものです。

「京の一生もん」~ザ・パークハウス~

悠久の歴史に彩られた京都の魅力は、今もなお色褪せることはありません。
伝統と進取の精神が織りなす、
かけがえのない文化を築き上げてきた比類なき古都。
麗しき情景を傍らに、本物を志向し続けるこの街は、
ザ・パークハウスが目指す理想と通じるものがあります。
時を重ねるほどに、その価値が高まる住まいを。
街の資産となる高みを目指した「一生もん」を、京都に、またひとつ。

ザ・パークハウス

「一生もの」。
その言葉の響きには、良質なもの、かけがえのないものという意味合いが含まれています。
ザ・パークハウスを通じて、私たちがお客様にご提供したい価値。
それは、まさに「一生もの」であることにほかなりません。
どんな時でも安心を感じることができ、上質な暮らしを楽しめること。
そして住むほどに誇りと歓びが深まっていくこと。
私たちはそんな住まいをめざし、
こだわりをもって、マンションづくりに向き合っています。
ザ・パークハウスに住むことは、一生ものに住むこと。
すべてのお客様に、そう思っていただくために。

「ザ・パークハウス」京都エリア 販売中物件
  • 詳細を表示▼ザ・パークハウス 堀川六角
  • 詳細を表示▼ザ・パークハウス 京都河原町
  • 四条烏丸交差点

    四条烏丸交差点(徒歩14分/約1,070m)

    中京区、四条烏丸生活圏。

    古き良き街並みに心やすらぐ古都の歴史、
    快適な毎日を彩る利便性という多彩な環境が揃う。

  • 堀川通

    堀川通(徒歩1分/約10m)

    都心で、開放感に満たされる。

    京都の中心部にありながら、
    伸びやかな心地よさをもたらす地上11階建。
    東には幅約50mの堀川通のゆとりが広がり、
    西には低層の街並みごしに抜ける空が続く。

  • 元離宮二条城
    元離宮二条城(徒歩10分/約730m)

    image(祇園祭)

    古都の趣きを、身近に味わう。

    中京区唯一の世界遺産、元離宮二条城を間近に、
    絢爛豪華な山鉾で人びとを魅了する
    祇園祭が暮らしの間近で繰り広げられる。

  • 四条烏丸交差点

    四条烏丸交差点(徒歩14分/約1,070m)

    中京区、四条烏丸生活圏。

    古き良き街並みに心やすらぐ古都の歴史、
    快適な毎日を彩る利便性という多彩な環境が揃う。

  • 堀川通

    堀川通(徒歩1分/約10m)

    都心で、開放感に満たされる。

    京都の中心部にありながら、
    伸びやかな心地よさをもたらす地上11階建。
    東には幅約50mの堀川通のゆとりが広がり、
    西には低層の街並みごしに抜ける空が続く。

  • 元離宮二条城
    元離宮二条城(徒歩10分/約730m)

    image(祇園祭)

    古都の趣きを、身近に味わう。

    中京区唯一の世界遺産、元離宮二条城を間近に、
    絢爛豪華な山鉾で人びとを魅了する
    祇園祭が暮らしの間近で繰り広げられる。

  • 左上:鴨川imagephoto、右上:清水寺imagephoto、左下:祇園白川imagephoto、右下:先斗町imagephoto

    風光明媚な鴨川をはじめ
    東山、祇園、河原町を身近に。

    古都の風情が漂う東山エリア、都心の賑わいの河原町エリア、
    これら相反するふたつの京の顔に接し、
    古今それぞれの趣を愉しめる、鴨川近傍の地に誕生します。

  • バルコニー眺望CG

    バルコニー眺望CG

    鴨川を眼下に収め、
    歴史深き東山の町並みを一望。

    風光明媚な鴨川や、清水寺、建仁寺、高台寺をはじめとした
    悠久の歴史を綴る古都の情景が広がり、
    四季折々の自然や眺望を心ゆくまでお愉しみいただけます。

  • プライベートエントランス完成予想CG

    プライベートエントランス完成予想CG

    京に息づく伝統を随所に。
    街並みに風情を灯す、
    奥ゆかしき邸宅。

    京の町並みに風情を灯す陰影や優美さ、奥ゆかしさなどを
    外観や共用空間に表現しました。
    石・木・土という伝統的な自然素材で京都らしい趣を演出する
    とともに、金属・ガラスといった近代的な素材を組み合わせ、
    モダンで洗練された雰囲気を紡ぎ出しています。

  • 左上:鴨川imagephoto、右上:清水寺imagephoto、
    左下:祇園白川imagephoto、右下:先斗町imagephoto
    風光明媚な鴨川をはじめ
    東山、祇園、河原町を身近に。

    古都の風情が漂う東山エリア、都心の賑わいの河原町エリア、これら相反するふたつの京の顔に接し、古今それぞれの趣を愉しめる、鴨川近傍の地に誕生します。

  • バルコニー眺望CG

    バルコニー眺望CG

    鴨川を眼下に収め、
    歴史深き東山の町並みを一望。

    風光明媚な鴨川や、清水寺、建仁寺、高台寺をはじめとした悠久の歴史を綴る古都の情景が広がり、四季折々の自然や眺望を心ゆくまでお愉しみいただけます。

  • プライベートエントランス完成予想CG

    プライベートエントランス完成予想CG

    京に息づく伝統を随所に。
    街並みに風情を灯す、
    奥ゆかしき邸宅。

    京の町並みに風情を灯す陰影や優美さ、奥ゆかしさなどを外観や共用空間に表現しました。石・木・土という伝統的な自然素材で京都らしい趣を演出するとともに、金属・ガラスといった近代的な素材を組み合わせ、モダンで洗練された雰囲気を紡ぎ出しています。

「ザ・パークハウス」京都エリア 分譲実績
  • ザ・パークハウス
    三条油小路
    竣工写真を観る▼

    (2018年8月竣工)

  • ザ・パークハウス
    京都鴨川御所東
    竣工写真を観る▼

    (2017年3月竣工)

  • ザ・パークハウス
    御所西
    竣工写真を観る▼

    (2015年1月竣工)

  • 西外観

    外観

  • エントランス

    エントランス

  • エントランス

    エントランス

  • アプローチ

    アプローチ

  • アプローチ

    アプローチ

  • ラウンジ

    ラウンジ

  • 別館「AKATSUKI-暁-」

    別館「AKATSUKI-暁-」外観

  • 本館「BIREI-美麗-」外観

    本館「BIREI-美麗-」外観

  • グランドエントランス

    グランドエントランス

  • ホール

    ホール

  • ラウンジ「YUSUI-幽邃-」

    ラウンジ「YUSUI-幽邃-」

  • 小径「HIKARI-光-」

    小径「HIKARI-光-」

  • ラウンジ「MIYABI-雅-」

    ラウンジ「MIYABI-雅-」

  • コンシェルジュカウンター

    コンシェルジュカウンター

  • 外観

    外観

  • 外観

    外観

  • エントランス

    エントランス

  • エントランス

    エントランス

  • エントランスホール

    エントランスホール

  • 玄妙の庭

    玄妙の庭

  • ザ・パークハウス
    北野白梅町

    (2014年2月竣工)

  • ザ・パークハウス
    二条城

    (2011年8月竣工)

周辺マップ
周辺マップ
京のいろいろ
Instagram
Instagram公式アカウント内コンテンツ
「京のいろいろ」

三菱地所レジデンスのInstagram公式アカウント内ストーリーズにて、行事や四季の移ろい、
穴場スポットなど京都の街の魅力を紹介する「京のいろいろ」を毎月投稿しています。
過去の投稿はハイライトからご覧いただけます。

  • 2022.11.4 秋の彩りをめぐる
    秋は真っ赤なもみじに彩られる京都。名寺が密集する東山や嵐山周辺、名だたる庭園が揃う洛北、同じ紅葉でも趣は様々。気の向くままにお好きな場所を散策してみませんか。

  • 2022.10.21 京都三大祭「時代祭」
    祇園祭・葵祭と並ぶ京都三大祭の一つ。綿密な時代考証を重ねて細部まで再現された衣装や
    祭具、調度品を間近で鑑賞出来るのも魅力です。古都の秋とともに楽しんでみてはいかが。

  • 2022.10.7 わたしの朝活
    思い立ったが吉日。早起きして近くのお寺で座禅や写経の体験。気軽にいつもと違う時間を選択出来るのも京都の魅力のひとつ。たまにはゆったりとした特別な朝を過ごしてみませんか。

  • 2022.9.16 鴨川さんぽ
    初秋を過ぎたとはいえ、まだまだ残暑厳しい9月。今回は鴨川の納涼床で味わえる絶品ジェラートをご紹介!お散歩途中に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。(納涼床は10月末まで)

  • 2022.9.2 中秋の名月「観月祭」
    今年の中秋の名月は9月10日。京都各所でお月見を楽しむ行事が行われます。大覚寺の「観月の夕べ」は空と大沢池の水面に月が浮かび、幻想的で優雅な時間が流れます。

  • 2022.8.19 京の奥座敷「貴船川床」
    手が届きそうなほど水面と近い貴船ならではの別世界の涼しさ。木々の中をそよぐ風、川のせせらぎを聞きながらいただく京料理。夏しか味わえない贅沢な時間を過ごしてみませんか。

  • 2022.8.5 京の七夕「貴船神社」
    ライトアップされた境内は荘厳な雰囲気と鮮やかな笹飾りの両方を堪能できます。旧暦の七夕である8月は天の川が見えやすいそうですよ。是非夕涼みに出掛けてみては。

  • 2022.7.29 下鴨神社「みたらし祭」
    別名「足つけ神事」とも呼ばれる無病息災を願うお祭り。土用の丑の日前後に、境内の御手洗池の湧き水に足を膝まで浸し、献灯します。下鴨神社はみたらし団子発祥の地でもあります。

  • 2022.7.22 祇園祭「山鉾巡行」
    3年ぶりの開催となる「山鉾巡行」。山鉾の向きを変える豪快な「辻廻し」の迫力と掛け声は見どころの一つ。懸装品も豪華絢爛、「動く美術館」とも呼ばれます。

  • 2022.7.15 祇園祭「宵山」
    ひと月に渡り行われる「祇園祭」。祇園囃子の音色と共に盛り上がる「宵山」は提灯の明かりが幻想的で、建ち並ぶ山鉾を間近に鑑賞することができます。

READ MORE

『ザ・パークハウス 』ブランドの
三菱地所レジデンス公式アカウント
@the_parkhouse

Instagram公式アカウントはこちら
三菱地所グループの
「ザ ロイヤルパークホテル」のご紹介
京都にお越しの際はこちら
  • ザ ロイヤルパークホテル 京都三条<1階/公長斎小菅>

  • ザ ロイヤルパークホテル 京都四条

  • ザ ロイヤルパークホテル 京都梅小路

  • ザ ロイヤルパーク キャンバス 京都二条

  • ザ ロイヤルパークホテル
    アイコニック 京都

三菱地所レジデンス
公式SNSアカウント
YouTube Twitter Instagram LINE
「ザ・パークハウス」京都エリア 販売中物件はこちら